[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「中国」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

一昨日、北九州市小倉南区で20歳の中国人女性と生まれたばかりの男児の遺体が自宅の浴室と冷蔵庫で見つかった、浴室には中から目張りがしてあったことから自殺とみられる。男児にはへその緒が残っていて、生まれて間もなく亡くなったと見られるが死後何日経っていたかは不明。警察は男児の死体遺棄事件として捜査している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月26日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(NY証券取引所中継)
シュナイダー恵子さんが、キャタピラーの決算について「キャタピラーは通期の一株利益の見通しを3ドル75セントから5ドルと大幅に引き上げました。トランプ期待ははげたが、建設業界は明らかに上向いています。同社製品のうち、建設機械の売上はアジアで44%増。中国が成長ドライバーとなっています。低迷していた鉱山関連機械も回復がみられます。決算でホームランを打つのがIT企業だけではない点が層のあつさを示しています。」と話した。

2017年7月26日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNews Lineup
中国から北九州市の港に陸揚げされ、大分県中津市に運ばれたコンテナから強い毒性を持つヒアリ20匹が発見された。これを受けた北九州市による港の緊急点検ではヒアリは見つかっていない模様。

2017年7月25日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ5:15 NEWS
ヒアリが新たに大分県で見つかった。今月20日、大分・中津市にある港周辺の運送会社の敷地で、貨物コンテナから約20匹のアリが発見された。調査の結果、全てヒアリであることが判明した。県は港周辺に捕獲トラップを設置し、今後は定期的に確認していく方針。
横浜港の本牧ふ頭では、国交省はヒアリの定着を防ぐため、アスファルトの割れ目を埋める緊急工事を昨日から始めた。横浜港では今月14日、アスファルトの割れ目から700匹以上のヒアリが見つかっている。国交省は今後、中国などからの定期航路がある全国68の港で同じ工事を予定している。

2017年7月25日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
JR京都駅から大田良平による中継。今日、JR京都駅前のバスの停留所は多くの外国人観光客らで大混雑となっていた。そして、瞬く間にバスの車内は鮨詰め状態になった。乗り場では人数制限を行う等の対応が行われている。今日、多くの外国人観光客が購入していたのはバスの1日乗車券だ。値段は1枚500円。230円の均一運賃区間なら、市バスと京都バスが乗り放題となる。外国人観光客らに人気を呼び、発売枚数は2015年度にはその15年前の約6倍に当たる614万枚になっている。一日乗車券が大人気となる一方でバスが大混雑してしまった。京都市民からは「バスに乗れない。」という苦情が相次いでいる。この事態に京都市は、来年3月から1日乗車券の値段を600円に値上げする方針を決めた。中国からの観光客は「値上げは困るが利用回数を計算して考えたい。」等とコメントした。京都市は、バスと地下鉄の両方に乗れる1日乗車券を1200円から900円に値上げする方針も合わせて決定した。観光客ラを地下鉄に誘導しバスの混雑を解消したい思惑だ。バスと比べると、地下鉄では街の風景が見られない事もあり外国人観光客の姿は少ない。京都市交通局の宮田英喜さんは「市バスと地下鉄をうまく使って頂いて。時間の短縮が出来るということを市民や観光客に訴えていきたい。」等とコメントした。京都市は価格改定で年間最大4億2000万円の増収を見込んでいる。増収分は、バスの増便などにあてるとしている。

2017年7月25日放送 10:25 - 11:30 日本テレビPON!海外セレブワイドショー ゴシッPON!
ジャスティン・ビーバーが来日公演も予定されている世界ツアーの残り全日程を予期せぬ事態を理由に中止した。ジャスティン・ビーバーの事務所は「ジャスティンはファンを愛しており、ファンを失望させることを心から不本意に思っている」と声明を発表した。新情報としては、ジャスティン・ビーバーは「(ツアーは)2年もやっているのでリラックスして休みたい」とコメントしたと言われているが、2日前に中国当局が過去の素行の悪さからジャスティンの公演禁止を発表、これらの声明が影響している可能性もあるという。この中止により日本公演もキャンセルとなる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.