TVでた蔵トップ >> キーワード

「中山秀征」 に関するテレビ情報

2010年9月26日放送 12:00 - 13:00 フジテレビ
ウチくる!? 木の実ナナと行く 飲みまくり酔いどれツアー

出演者一行が、「お好み焼き もんじゃ 春」を訪れると、そこには「万引きGメン 二階堂雪」で共演して以来の大親友のあき竹城が待ち伏せ。再会に驚きながらも一緒になって「ソースもんじゃ 明太もちチーズ」を食べた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月15日放送 18:55 - 20:54 テレビ東京真夏の街道歩き旅!中山道 熊谷〜軽井沢90キロ熊谷~軽井沢 90km 中山道 街道歩き旅
午前10:00、ひとまず倉賀野宿を目指すことに。中川翔子がセミの抜け殻を集めたいと話した。御朱印を集めているという中川翔子、「於菊稲荷神社」に立ち寄り御朱印をもらった。待っている間に「えんみくじ」に挑戦し中川が恋愛運をゲットした。金物屋さんの男性に声をかけられ飲み物の差し入れを頂き、すぐ近くに中山秀征さんの実家があるとの情報を聞き向かうことに。
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の宣伝テロップ。

2017年8月12日放送 21:00 - 21:54 日本テレビ嵐にしやがれヒロミ記念館
ヒロミの半生を紹介。本名は小園浩己、1965年に八王子の大工の次男として生まれた。恥ずかしがり屋でクネクネしていたのでニックネームは”こんにゃく”、高校生の頃は松田聖子の大ファンでコンサート警備員としてアルバイト。ところが、芸能界に入ってから松田聖子とは1回も出会ったことがないという。高校卒業後にドライブをしていると事故を起こし、脾臓を全摘出。人生は長くないと悟ると、自分が好きな事をやりたいと考えテレビの仕事をはじめた。デビュー後は先輩を「お前」呼ばわりする芸風で人気者となり、ビートたけしや笑福亭鶴瓶ら大物にどんどん絡んでいた。
デビューから4年後、ヒロミは松本伊代と運命の出会いを果たした。当時、アイドルと付き合うことは芸能界のタブー、バレたら殺されると思っていたという。隙きを見せないヒロミに対し、松本伊代は嘘が付けない会見であっさりバレてしまった。そんな2人の思い出が詰まったメロンジュースセットが登場、ヒロミはメロンジュースを口実に松本伊代を家に誘っていたという。また、松本伊代が20年間ずっと大切にしてきたティファニーの腕時計が登場。ニューヨークの本店でお土産で買ったものだという。
ヒロミと松本伊代は3年間の交際期間を経てゴールイン、目黒雅叙園で行われた披露宴には各界から錚々たるメンバーがお祝いにかけつけた。この結婚式の思い出が引き出物のまな板。木梨憲武から「大工なら木で何か作れるんじゃない?」と提案されて作ったもので、大きいため大クレームだった。
ある時、ヒロミは松本伊代と塩を巡って離婚の危機に陥った。ヒロミが肉料理を作ったが、塩の缶に砂糖が入っており大失敗。松本伊代が間違えて入れたのだがシラを切り、そこから3週間ほど口を聞かなかったという。ちなみに息子・凌央も母と同じような言い訳をするのだと説明した。
1997年、ヒロミは32歳の頃にレギュラー番組が13本。1月の最高月収は推定6000万円ほどだった。その7年後の2004年、レギュラー番組がなくなり、翌年から姿を消した。この時、ヒロミは稼いだお金を趣味に注ぎ込み、同じ趣味を持つ人との交友関係が広がった。ところが全く仲良くなれなかったのが大野智、釣りが共通の趣味だが盛り上がれなかったという。そこで試しに2ショットトーク、全く盛り上がる気配がなかった。
ヒロミが直々に持ち込んだ芝刈り用ハサミが登場。数々の趣味でたどり着いたのが芝刈り、放っとけば1日中没頭するほど好きだという。そこで小さな芝生が登場、ヒロミはニヤニヤしながら実践していた。

2017年8月12日放送 19:00 - 20:54 フジテレビ映っちゃった映像GP真夏の超恐い心霊映りまくりSP
赤崎月香が熱海旅行に行った時の写真は、西澤氏によると木に宿る精霊で害はなく喜んでいるという。中川翔子の写真は中山秀征の体が透けているようで、西澤氏によると電磁波による科学現象だという。

2017年8月9日放送 21:00 - 21:54 日本テレビ今夜くらべてみましたトリオTHE何かとボヤく女
23年前、飯島直子はドラマ、バラエティーなど多忙を極め、CMの撮影中に過労で倒れた。マネージャーに対し、事務所社長は撮影が頓挫したら、賠償金1000万円がかかると激昂し、それを聞いていた飯島は1000万円払っても休みが欲しかったという。さらに、「スーパーJOCKEY」の熱湯コマーシャルに24歳だった飯島は出演し、想像以上の熱さから熱湯に氷を投入するという反則技を使っていた。また、BON JOVIが告知ゲストとして出演した際、ルーレットで飯島に熱湯コマーシャルの白羽の矢が立った。熱さからボヤキを通り越して絶叫し、見事30秒を達成。
91年から2000年に放送された深夜番組「DAISUKI!」は中山秀征、松本明子、飯島直子の3人によるロケ番組で、街ブラ番組の先駆けとなった。飯島は基本的に自由奔放で、パチンコ企画では当りがこないのを照明のせいにしていた。

2017年8月8日放送 12:00 - 12:30 テレビ朝日徹子の部屋(本日のお客様 中山秀征)
結婚して20年になる妻・白城あやかさんについてトーク。最近エリザ-ベートをやったとのことで、家族で見に行ったのだが、子供達は「いつもと違う」と思ったのではないかと明かした。
1999年放送の中山秀征がゲストの放送回を紹介。そこで奥様に告白したが、「なんなの?」みたいな顔をされて、告白しなきゃ良かったと後悔して1週間ほど経ってから、中山の誕生日に奥さんから花が贈られてきたと明かしていた。この1週間は何だったのだろうかと語っていた。
この1週間について妻の白城あやかさんがビデオメッセージ。最初は芸能人の人ってこうやって誰にでも言ってると思い、気をつけようと思ったとのこと。花束を贈った理由として、お世話になった人にお花を贈るのは結構当たり前で、特別な意味はなかったと明かした。
妻からの20年越しの告白を受けて、花束が贈られてきた時はそれが答えと思っていたが、ただのお礼だったことに気づき、誤解して今まで来たということかと話した。中山は勘違いも良いかもしれないと語った。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.