[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「中島みゆき」 に関するテレビ情報

2017年1月6日放送 19:00 - 22:52 フジテレビ
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

みはるが工藤静香・中島みゆきのまねで「慟哭」を披露した。
清水良太郎&JOY&misono&野崎鮎がB.B.クィーンズ「ドレミファだいじょーぶ」を披露した。
みはるとJOY・misonoが披露したものまねについてトーク。遼河はるひがみはるは「聴いてたら中島みゆきさんと工藤静香さんでも見ると天童よしみさん」とコメントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月28日放送 0:10 - 0:55 TBSMomm!!(Momm!!)
続いては長尾匡祐。玉置浩二の「メロディー」を歌い、男性の初代チャンピオンとなった。今回は中島みゆきの「時代」を歌い、93点で合格した。

2017年3月26日放送 0:58 - 1:53 TBSCOUNT DOWN TV(オープニング)
TODAY’S LINE UP「SPECIAL1」は歴代カラオケランキング「さくら」がタイトルにつく曲TOP10など放送内容を伝えた。

2017年3月24日放送 20:57 - 22:54 TBS中居正広のキンスマスペシャル気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生!
1975年、後に日本の芸能界で活躍することになる少女が韓国から日本へやって来た。当時4歳だった少女は一家7人で移住。その少女とはスーパーセレブ・アンミカだった。アンミカは韓国・済州島生まれだが、両親が仕事に恵まれなかったため一家で大阪・生野区のコリアンタウンへ。当時の日本は第二次高度成長期を超えますます豊かに。しかし当時の生野区はアンミカ一家のように仕事を求めてきた約4万人もの人々が暮らしていた。一家はタダ同然で人の家の2階を間借り。両親は日本で必死に働いたが拙い日本語のため上手くいかず超極貧生活を送ることに。アンミカはその思い出のコリアンタウンを再び訪問。当時について、貧しい中でも工夫をしながら生活していたが楽しかった、と話していた。しかしこの家は隙間風がひどく薄い布団では寝つけなかった一家。そんな時は外に出て焚き火をし、昼間拾ってきた新聞紙を防寒着代わりにして朝まで過ごすこともあったという。そんな貧しい生活でも明るく暮らせていたのは、若くして天国へ行った母の教え。超極貧生活から、アメリカの華麗なる一族に見初められるという大逆転を果たすアンミカ。夫のセオドール・ミラーから「いつまでも一緒にいられると思う」と愛されるだけでなく、街の人からも「努力家」「コメントに優しさがある」などと称賛されるアンミカの亡き母には、人生のヒントがいくつもあった。

2017年3月24日放送 12:20 - 12:45 NHK総合BSコンシェルジュBSコンシェルジュ
元々「ザ・フォークソング ~青春のうた~」という番組の1コーナーとしてなぎら健壱がトークをしていた。福田彩乃は中島みゆきや井上陽水がフォークシンガーであったことに驚いたと話す。なぎらは、井上陽水らがフォークソングをお茶の間に浸透させたのだと説明した。なぎらがフォークソングに触れるきっかけになったのはエレキギターが買えなかったことで、のちにフォークソングが自身に合うことを発見したと話した。フォークソングに独特の地域性はあまり感じないが、フォークシンガーらの心に地域性が存在したとなぎら。ヒット曲を出す人は九州に多かったとのことで、ライブハウスの充実が背景にあると話した。高石ともや、遠藤賢司をゲストに迎えている。なぎらにとってフォークソング「=民衆の歌」は、すべての歌がそうであって欲しいと願うものだと話した。

2017年3月22日放送 19:00 - 23:18 フジテレビFNSうたの春まつりFNSうたの春まつり2017
春の名曲100選、10位から南沙織の「春の予感」、ケツメイシの「さくら」、アンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ~」、[Alexandros]の「ワタリドリ」、坂本冬美の「夜桜お七」、中島みゆきの「時代」、加山雄三/谷村新司の「サライ」が紹介された。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.