[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「中村獅童」 に関するテレビ情報

2017年5月19日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日
グッド!モーニング (交通情報)

このあとは、中村獅童 肺腺がん発表。歌舞伎仲間がエール。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月27日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
小林麻央さんの逝去についてスタジオ解説。海老蔵さんはブログで「かんかんのこころ」とタイトルを付けて、勧玄くん・長女の心苦しい様子を綴った。高橋克実さんは勸玄くんと同じくらいの子どもがいるとのことで、「運命って単語が頭をよぎる。勧玄くんは翌日から稽古をしなければならないし、それをさせなければならない海老蔵さんも大変だけど、それはそこに生まれてしまった運命。歌舞伎の方たちの壮絶な人生を思う。」とコメントした。勧玄くんは七月大歌舞伎で最年少の4歳で宙乗りに挑戦するとのこと。

2017年6月26日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
先月29日から自宅療養を続けていて先週木曜日、34歳の若さで亡くなった小林麻央さんについて夫の市川海老蔵さんはブログで連日辛い胸の内や父親としての新たな決意を綴っていた。昨日のブログでは台本が頭に入らず、舞台の仕事が手に付かない様子も明かしていた。この舞台は麻央さんが「舞台に立つ息子の姿を見たい」と目標にしていたもの。ブログでは勸玄くんが天国の麻央さんへプレゼントを準備している様子を明かしている。タイトルは「カンカンの人生初の隈取り」。今朝更新したブログでは妻を亡くした不安を明かした。小林麻央さんについて肺腺がんで闘病中の中村獅童さんは「一生忘れることはありません」、寺島しのぶさんは「涙が止まりません」、ABKAIの演出をしている宮本亜門さんは「これからもご家族を見守ってあげて下さい」などとコメントした。勸玄くん出演の舞台「七月大歌舞伎」は来週月曜日に幕が上がる。

2017年6月26日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
がんと戦う妻を見守りながら歌舞伎役者として最後まで舞台に立った海老蔵さん。麻央さんが亡くなった4日後の先週金曜日に行った会見で特に気にかけたのが長女の麗禾ちゃんと長男の勧玄くんのことだった。おとといのブログでは「今日から少しずつですが、おにぎりつくり。40の手習い?今日からパパ ママもやります。これから2人には大きな心の戦いが待っています。2人の笑顔で救われていますが、私は2人に恩を何十倍にもしてかえします」などと綴った。来週には勸玄くんは海老蔵さんとの共演を予定している。しかし、きのう更新したブログには「こんなにも台本が頭に入らないのは初めてで、焦りを超えて愕然としています。涙で台本みれないし見えたところで覚えられないし。もう笑うしかないんです」などと綴っている。NEWS ZEROで共演した櫻井翔は「家族を失ったような気持ちでいっぱいです」などとコメント。村尾信尚は「人は何年生きるか自分では決められません。しかし、いかに生きるか これは決められます。麻央さんはよく頑張りました」と話した。ほかにも、親しい人や共演した人からたくさんのメッセージが届いた。また、妹の麻耶さんは麻央さんの最期を看取っていた。ブログやコメントは発表していないが、麻央さん死去の翌日、ラジオ番組の収録に臨んでいたという。ラジオでは「妹が見てくれているから」と笑顔を絶やさなかった。

2017年6月26日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
小林麻央さんの早すぎる死去に際し、片岡愛之助さん、市川染五郎さんら歌舞伎界からも哀悼の声が相次いでいる。また先月肺腺がんを公表し、今月手術を受け療養中の中村獅童さんも追悼コメントを発表した。

2017年6月26日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざまし SEVEN
歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは、きのう自身のブログにて、22日に乳がんのため亡くなった妻・小林麻央さんのみたまうつしの儀が主演舞台の千秋楽後に執り行われたことを明かした。みたまうつしの儀は亡くなった方の魂を身体から移す神道葬儀の儀礼で、子どもたちとともに参列したという。
元アナウンサーの小林麻央さんが今月22日、乳がんのためなくなった。34歳だった。歌舞伎俳優で、2年8ヶ月にわたり麻央さんを支え続けた夫の海老蔵さんは、先週金曜日に会見をひらき、「不思議なんですけど『愛している』と一言いって、そのまま旅立ちました」と看取ったときの出来事を涙ながらに明かした。最愛の人を亡くした悲しみの中、気丈に舞台に立つ一方で、ブログでその悲哀を切々と綴り、迎えた千秋楽の日は幼い子どもたちの後ろ姿をブログに掲載した。娘がサプライズ出演する一幕もあり、終演後は鳴り止まない拍手を受けてカーテンコールは通常より多い6回に上った。観劇したファンたちは、そのときの海老蔵さんたちの様子について「最後まで気丈に振る舞われていて感動した」「悲しみの中でも、舞台を楽しく盛り上げようとされていた海老蔵さんの姿印象的だった」と語っていた。
小林麻央さんの早すぎる訃報に、芸能界からも哀しみの声が寄せられている。夫・市川海老蔵さんの親友で、家族ぐるみの付き合いがあった中村獅童さんは「たくさんの愛をありがとう。あなたの優しさに満ちあふれた笑顔、一生忘れることはありません。その優しい笑顔で僕達を、そして歌舞伎の未来を見守っていてください」とコメントし、ことし2月に海老蔵さんと共演した寺島しのぶさんは自身のブログに「女性として母として強くいる姿に心から素晴らしい女性だと思っております。初演のときに麻央さんが観にいらして、”面白かった”とおっしゃっていただいたのを海老蔵さんから聞き、嬉しかったです。色々なことを考えてしまい、涙がとまりません」と綴った。そして報道番組「NEWS ZERO」で3年半共演した嵐の櫻井翔さんは、先週金曜、東京・汐留で会見をひらいて「ただただ残念で一言につきる。『NEWS ZERO』という番組は暖かい番組で、出演者やスタッフを含め『ZEROファミリー』と呼んでいます。家族を失ったような気持ちでいっぱいです。少しでも良くなるようと願っていたところでしたので、悔しいです」と述べ、途中涙に言葉をつまらせる場面もあった。
市川海老蔵さんは現在、麻央さんが心待ちにした七月大歌舞伎「駄右衛門花御所異聞」(来月3日から27日)に向け、4歳の息子と稽古に臨んでいる。おととい更新したブログには「ママが観に来るからね。一生懸命にやろうね。がんばれ」と息子への暖かなメッセージとともに、「人生は長さも大切ですが、中身も大切だとまおと倅に教わっています。もちろん娘も」と自身の思いを綴っていた。
市川海老蔵さんがきょう午前6時10分に更新したブログの内容をスタジオで読み上げた。「涙」と題し、幼いなりに母を失った寂しさを健気に堪えていた息子への思いと、それを抱きしめることしか出来ない自分の無力さ、今後数十年”母の愛”を注いであげられないことへの不安を綴った内容で、最後は「朝から申し訳ございません。ごめんなさい、ごめんなさい。朝から笑。今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ」と締めくくっている。三宅正治は「海老蔵さんは父であると同時に歌舞伎の師でもある。ときには厳しい指導をしなければいけない。それを優しく包んでくれるのが麻央さんだったのだとおもう。本当に悲しくて胸が詰まる思いです」と話した。麻央さんが書き遺したブログにはいまも5万件ちかい哀悼のコメントが寄せられている。また、番組では7時29分ごろより「、お天気キャスターとして活躍した麻央さんの伝えたかったことを特集する。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.