[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「九州情報大学」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

サーチュイン遺伝子活性化のポイントは食事をとっていない絶食時間の長さにあった。体内に栄養が入ってこない時間が長く続くとサーチュイン遺伝子が飢餓状態だと判断し糖分が体内に入ってくる量がいつもより多く細胞内に取り込もうとする。部員達の絶食時間は17時間だが、竹石先生の絶食時間は11時間しか空いていなかった。部員達のように長い絶食時間がある事が体内のサーチュイン遺伝子を活性化し炭水化物を食べても血糖値が上がりにくい身体を作っていた。
古家大祐先生のおすすめサーチュイン遺伝子を活性化させる簡単食事法紹介。方法は「夕食の時間を早めにする」だった。古家先生はサーチュイン遺伝子は体内時計で夜の時間帯に活性化すると解説した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法
太宰府市でサーチュイン遺伝子を活性化させてるため血糖値を低く抑えている集団を直撃。その集団は九州情報大学相撲部の学生。平均体重116キロで去年6月の西日本大会で第3位に輝いた。部員30名おり週6日の稽古を行っている。授業がない日は朝稽古が終わると全員でお昼ご飯を食べる。そのメニューはちゃんこ鍋。ご飯は7升炊き、食後に血糖値を上げる要因となっているのがご飯。早食いも血糖値上昇の要因となる。しかし、大原佑介さんは食前が113、1時間後が148、2時間後が112、橋本幸一さんが食前104、1時間後107、2時間後80と食前より少なくなっていた。だが相撲部の監督・竹石洋介先生は食前120、1時間後216、2時間後164と食前より増え高血糖状況だった。その原因は普段の食生活にあった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.