[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「二階幹事長」 に関するテレビ情報

2017年4月20日放送 15:50 - 19:00 日本テレビ
news every. (ニュース)

参院の経産委員会は野党側が、中川氏の政務官辞任理由などの説明を求めたために開かれなかった。自民党は現在対応を協議、今後は衆院の委員会にも影響が広がる可能性が出ている。また、与党内でも中川議員の議員辞職は避けられないとの見方が広がっている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月29日放送 8:15 - 9:32 NHK総合週刊 ニュース深読み(ニュース)
今村前復興相が不適切発言で辞任した。東京都千代田区で行われた二階派のパーティーで今村前復興相は東日本大震災について「まだ東北で、あっちの方だったからよかった」と発言した。安倍首相は結果を出すことによって国民の信頼を回復したいと語っている。復興相には福島県いわき出身の吉野正芳衆院議員が起用された。

2017年4月28日放送 23:58 - 0:55 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜ユアタイム NEWS
今朝の自民党・二階幹事長はどこかいらいらを隠せない様子。冒頭の発表が3分40秒合ったのに対し、質疑応答は約12分あった。質問の大半はあの発言の真意についてだった。一昨日、政治家の失言に対する報道のあり方を批判した二階幹事長。昨日、中国の武大偉朝鮮半島特別代表に対しては「失言は毎日の仕事だから」などとジョークを飛ばす一幕もあった。こうした中迎えた今朝の会見で、記者団からの質問攻めにいらいらが募ったのか、つい「はい、どうぞ、なんぼでも答えたるわ」とぼやく場面もあった。この様子について時事通信社の田崎史郎氏は「安倍首相が(今村氏の)更迭を決断したことについて(二階幹事長は)おそらく不満なのでは」などと語った。

2017年4月28日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 政治・ビジネス)
大阪の森友学園の籠池前理事長は民進党の調査チームの会合に出席し、国有地売却を巡って去年3月、妻とともに財務省の担当者と面会したやりとりの音声記録を公表した。 面会4日前国有地から新たなゴミが見つかったことから国に早期の対応を求めた。前理事長は小学校の名誉校長だった安倍首相の夫人昭恵氏にも言及。これに対する財務省からの音声記録に発言はない、また8億円あまりの値引きにつながるとうな具体的発言も確認できなかった。籠池氏は昭恵氏との関係に対し音声記録の時期より前から津商の都度経緯などを報告していたとしたうえで 財務省が平成26年頃からと突然定借での契約に前向きになった。結果論になるが昭恵氏名誉校長になってもらったことが土地についてスピーディーに動いたのではと思っている。 民進党調査チームは財務省に事実確認をした。 籠池氏が民進党の会合に出席したことに対して自民党からは聞いてもないし内容も知らない。受け止めようがないとコメント。民進党は本物であれば財務省などの説明が覆りかねない重大な証拠、この問題に幕引きさせることはできないと発言。

2017年4月28日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
籠池氏は国有地売却を巡って財務省の田村室長と面会した際に録音した音声記録を公表した。その中では面会4日前に国有地から新たなゴミが見つかったことから籠池氏が国に早期の対応を求め、昭恵氏にも言及していた。田村室長からの発言は音声記録にはない他、8億円余りの値引きにつながるような具体的な発言も確認できなかった。籠池氏は昭恵氏との関係について音声記録の時期より前から交渉の経緯などを報告していたとしたうえで昭恵夫人の名誉校長就任により忖度が生まれたと述べた。このあと、民進党の調査チームは財務省側に事実関係を確認したところ田村室長は欠席した。一方、籠池氏の妻が園長を務める認可保育園に大阪市が職員を派遣し、運営に必要な保育士を確保できなくなっている問題について調べている。そして大阪地裁はきょう、森友学園が民事再生法の適用を申請していたことについて手続きの開始を決定した。今後、裁判所の監督のもと再生計画案がつくられることとなる。

2017年4月28日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
今村前復興大臣の辞任を巡る二階幹事長の発言に波紋が広がっている。二階幹事長はメディアの姿勢を批判したことについて、本人がやめた話を何回もぶり返す必要はないと考えを示した。これに関して記者団と激しくぶつかりあう場面も見られた。二階氏の発言をめぐっては党内でも批判の声が出はじめている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.