[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「二階俊博幹事長」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ (ニュース)

女性問題で政務官を辞任した中川議員が離党届を提出した。野党は説明責任が果たされていないと議員辞職を求めていく。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
自民党の二階幹事長がBS日テレの「深層NEWS」に出演し、小泉進次郎議員について若いのに似合わず物事を熟慮できる人でどの大臣も務まると述べた。早ければ8月下旬に行われる内閣改造で小泉議員の起用で挽回をはかるべきとの声が自民党内でもあがっているといい、若手の抜擢が焦点となる見込み。

2017年6月20日放送 23:00 - 23:59 日本テレビNEWS ZERO(ニュース)
加計学園問題で、文部科学省が新たな文書が見つかったと公表。民進党の桜井充議員らがさらに追及姿勢を強めた。松野文科相は「萩生田官房副長官の発言概要に関する文書の存在等について、専門教育課の共有フォルダに確認された」と発表。文書には、去年の10月21日、萩生田官房副長官は文科省局長と面会、「文科省だけが怖気づいている、官邸は絶対やると言っている」などまとめられていた。去年11月、国家戦略特区諮問会議で、52年ぶりに獣医学部設置が決まる半月前だった。加計学園の事務局長を文科省課長のところに行かせるとししていた。この時点で加計学園が前提だったとされる。萩生田官房副長官は文書について真っ向から否定。野党4党は萩生田官房副長官らの証人喚問、安倍首相出席の集中審議開催を要求するが、与党は拒否。民進党の山井国対委員長は国会開催しないのは税金泥棒とのそしりを免れないと反発。BS日テレの「深層NEWS」で、二階幹事長は「国会をとじておしまいと言っているわけではない」とし、場合によっては検討する考えを示した。

2017年6月20日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
民進党や共産党など野党4党の国会対策委員長が会談し、加計学園の獣医学部をめぐる文書について、真相究明を求める国民の声は根強いとして与党側に衆院予算委の閉会中審査などを求めていくことを確認した。民進党の山井国対委員長はますます疑惑は深まっている、安倍総理の側近が萩生田官房副長官であるから安倍総理の関与も疑いが濃厚になったと語った。自民党の役員会で安倍首相は特区をめぐる調査では対応が二転三転し国民に政府への不信を招いたことは認めなければならない、国民の信頼が得られるように冷静に一つ一つ丁寧に説明する努力を積み重ねていくとした。自民党の二階幹事長は丁寧にしっかり説明していく姿勢を党をあげて心がけていかなければならないと語った。

2017年6月20日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
安倍総理はきのう午後6時から40分にわたり会見を行った。「印象操作のような議論に対してつい強い口調で反論してしまう私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省しております」などと異例とも言える”反省”という言葉もあった。この会見に対し民進党の蓮舫代表は「40分間言い訳と自画自賛の会見だった」、共産党の小池晃書記局長は「反省にも何もなってない」などとコメントしている。伊藤さんは「一番気になったのは”印象操作”という言葉。印象操作を行ったのはむしろ政権側。本当の意味で反省、お詫びをしているかは疑問」などと話した。またきのうの会見については「おわび風肩すかし」と指摘。水谷さんは「国民全体が求めてるのは前川さんや関係した官僚の証人喚問をしてはっきりさせることではないか。公の場で明らかにしてほしい」などと話した。一方、共謀罪について牛窪さんは「法律というのは長い期間運用されるものなのになぜああいう形で今決めないといけなかったのか。その辺の説明がされていない」などと話した。

2017年6月20日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
党の憲法改正推進本部は9条への自衛隊の存在明記を議論する全体会議を21日に開く。会見原案の年内取りまとめなど首相主導の日程に沿って動いているが、急いで進める土台は、衆参各院の3分の2の「改憲勢力」と生計ンが高い支持率を維持していることだ。二階幹事長は「時間が少々伸びてもいい」と名言。推進本部の幹部も「支持率が仮にめちゃくちゃ低かったとしても発議できるような内容にしないといけない」と述べ、野党との合意を模索すべきとの考えを示す。(朝日新聞)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.