[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「二階俊博幹事長」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

ハワイウェディング・ストーカー疑惑の渦中にいる中川議員が自民党に離党届を提出し、受理された。フェイスブックの釈明のみで中川議員は雲隠れしており、一連の問題に野党側は反発し、経済産業委員会は中止となった。午後には衆議院本会議が開かれるが、中川議員の姿はなく、中川議員と交際が報じられた前川恵議員は交際を否定した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月26日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
東日本大震災をめぐる失言の責任をとり今村復興相が大臣を辞任、影響が広がっている。辞表提出後、首相官邸で深く反省している、申し訳ないと謝罪した。安倍首相も任命責任はあるなどとお詫びした。今村前大臣は東日本大震災について説明をする中、経済的損失について「まだ東北だったから良かった」と発言した。このあと安倍首相が自ら火消しに追われる事態となった。
今村前大臣は以前にも記者に激高したことが問題となりその後謝罪した。発言を受け被災地の知事や市長からも厳しい意見が。後任には自民党の吉野正芳衆院議員が就任したが野党側の反発により国会は空転した。そんな中、講演を行った自民党の二階俊博幹事長は今村前大臣へ厳しい言葉を述べた一方でメディアへの苦言ともとれる発言をした。野党からは安倍首相の任命責任を問う声が相次いでいる。野党4党は今村氏の議員辞職を求め、任命責任について説明を求める方針。

2017年4月26日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
失言により事実上の更迭となった今村復興相。大震災について「東北でよかった」と再度失言した。東国原は二階派は問題児が多いと話した。フォローをすると二階氏は面倒見が良く問題児まで世話をする人なのだと説明した。石塚氏は危機管理としても発言としてもありえないと話した。角谷氏はもっと人に寄り添うべきなのにそれが出来ない。悪いと思っていない節があると話した。

2017年4月26日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
今回の失言に橋本五郎は緩み以前の話で人として許されるものではないと批判した。今村前復興相はパーティーで講演を行い、東日本大震災についてまだ東北であっちのほうだから良かったなどと発言。その後、会見で記者からの質問に対し、強気だったが、改めてしっかりお詫び申し上げますと態度が変わった。同会場で安倍首相が今回の発言について謝罪。今村前復興相は二回目の会見でも謝罪し、辞任は?と聞かれてまだそこまで及んでませんと言っていた。二階俊博幹事長は今村前復興相が辞任したいという意向を固めていることを明らかにし、きょう午前9時半ごろに辞表が提出され、受理された。政治家からは庇う余地がない発言と捉えられており、スタジオからも非難の声が飛んだ。今村前復興相が中途半端な形の謝罪をした後、菅官房長官が電話で謝罪を求め、二度目の記者会見で深々と頭を下げることに繋がったものとみられる。青山さんは辞任もあるなとこの件を知って感じたと話した。

2017年4月26日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
今村復興相の辞任について、高橋克実などは「問題に自虐で話笑う光景に違和感を感じた。」などとトークする。今村復興相が出席したパーティーは、自民党二階派の「志師会」の北ディーで年に1回この時期に開催されるとのこと。パーティーでは、ホテルニューオータニの2つの会場を使い開催され、今村復興相の公演では「色々とお騒がせしております」と話、「東北であっちの方だったから良かった」などと発言しており、公演後に記者に対して「それはもうぜひ取り消しさせていただきますよ」と話、秘書のような人からのメモを受け取り「改めてしっかりとおわびを申し上げます」と謝罪した。

2017年4月26日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(直撃)
国会議員の相次ぐ不祥事や失言に関し、共同通信社が全国で電話世論調査を実施。安倍政権の内閣支持率は58.7%と前月より上昇。安倍政権が緩んでいるという声は73%に。安倍首相は「極めて不適切な発言があった。任命責任は私にある。こうした結果になったことについて、心から国民の皆様にお詫びさせて頂きたい」など、自民党・二階幹事長は「深い反省の上に国民の皆様にお詫びを申し上げたい心境だ」など、自民党・竹下国対委員長は「被災地の皆さんの気持ちを思うと怒りに近い感情を覚えた」などコメント。坂上忍は復興大臣は被災者の方に寄り添わないといけない職だと思う。僕ですら被災者に足を運べば復興の難しさは思い知らされる。今村さんは一体何を見てきたの?と思っちゃう」など述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.