[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「京都市(京都)」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード (ニュース)

加計学園の獣医学部開設をめぐり、「総理のご意向」などが書かれた内閣府の文書について、松野文科相は存在確認できなかったとした。加計学園の加計孝太郎理事長は安倍総理の腹心の友とされる存在。文書が事実であれば、内閣府は「官邸最高レベル」と文科省へ対応を迫ったことになる。民進党の議員は今治市の学校建設予定地を訪問。文科省が調査したのは共有ファイルのみで、ヒアリングは幹部7人だけだった。義本博司総括審議官は個人のファイル確認の必要はないとした。義家文部科学副大臣は文書の中身について齟齬はないとしていた。北村直人元衆院議員は文科省の結論は不可解だと指摘。北村氏は文書は100%本物だと思うと主張。加計氏との会話で、交流のある政治家は安倍晋三さんと答えたとした。
京都市の京都産業大も獣医学部の新設に手を挙げた。京都産業大の提出した書類は20枚、加計学園は2枚で不備ありだった。参院農水委で、自由党の森ゆうこ参院議員は「MERS」の単語間違いを指摘。しかし、去年11月国家戦略特区諮問会議で、山本幸三規制改革相は獣医学部は基本的に広域的に足らないところを念頭に置くとした。これにより、京都産業大は大阪府立大学があるため、不利。さらに平成30年4月開設1校のみで断念。京都産業大は「平成30年開設は難しい、どこも無理だと思ったが、加計学園はよく手を挙げた」と指摘。山本幸三規制改革相は会見で、安倍総理からの指示は全くないと主張した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 21:00 - 21:54 テレビ東京和風総本家古都鎌倉を支える職人たち
鎌倉散策の楽しみは寺巡り。そのお寺でよく見かけるものが福井・鯖江市で作られている。真竹を割って灰汁を取り除くため煮込む。そして1mmに割く。竹をクロスさせ編んでいき木型に固定。縁をカットし柿渋を塗れば完成。それは建長寺などのお坊さんが使用する托鉢の際に使用する網代笠。
京都市の草木兵助商店の主人も網代笠は好評だと語る。101歳の玉村さんは網代笠を作って80年の大ベテラン。月に10個以上を作り上げる。鯖江市は竹細工が盛んで網代笠が多く作られた。戦後は需要が減り職人も激減。玉村さんは網代笠を作り続け今では貴重な網代笠職人の1人。

2017年5月25日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!小倉が斬るニュース
隣住民に暴言を吐いたとして、京都府迷惑行為防止条例違反の罪に問われている男の初公判が、昨日京都地裁で行われた。そこで被告は間違いないと起訴内容を認めた。しかし、被告が近隣住民への迷惑行為で逮捕されたのは今回が初めてではない。近隣住民の録音した音声が逮捕のきっかけとなった。判決は懲役1年6か月の有罪。執行猶予が3年ついたため今年2月に釈放になった。 だが被告は、その数日後にまた叫び始めたという。番組では近隣住民の了解を得て、カメラを設置。 釈放後も暴言を吐き続ける被告の映像をとり続けた。その中で、「刑務所でもどこでも行ったる」という言葉が脅迫にあたるとして再び逮捕。暴言を止めることが出来なかった妻は「バカじゃない限り、同じことは繰り返さないだろうと 思っていた」と話していた。

2017年5月24日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
今年3月、近隣住民を繰り返し脅迫した疑いで男が逮捕された。きょう、京都地裁で初公判が行われ、罪状認否を聞かれた被告は間違いありませんと認めた。グッディは被告の妻を取材し、妻から語られたのは家族でもどうしようもないという苦悩だった。被告は退職後、地域社会に貢献していたが、行き過ぎた行動に女性警察官が注意すると近隣住民が告げ口したと思い込み、怒りの矛先は近隣住民に向けられた。被告の罵声攻撃は3か月で100回以上警察が出動する騒ぎとなり、住民たちはこうした罵声を録音しはじめ、こうした音声が決め手となり、去年11月に被告は逮捕・起訴され、懲役1年6か月執行猶予3年が言い渡される。執行猶予がついたため、今年2月に釈放され、フジテレビの取材に対して涙ながらに反省の言葉を口にしていたが、釈放からわずか2日でまたも近隣住民に暴言を吐き散らし、最初の逮捕から4か月後に脅迫容疑で再び逮捕された。夫婦には既に成人した子供がいるが、子供に迷惑をかけたくないという思いから相談をすることはなかった。二度目の逮捕後、面会に訪れた妻に被告は罪を償ったらこの地を離れると言っていたという。

2017年5月22日放送 23:00 - 0:09 日本テレビNEWS ZERO(ニュース)
きょうも各地で真夏日を記録するなど、全国的に暑い1日となり、熱中症で搬送される人も相次いだ。また、夏本番を前に紫外線にも注意が必要だ。全国的に紫外線が強く成り始めるのは例年5月頃。専門家によると、紫外線が増える時期には肌に湿疹のようなかゆみなどが現れる「多形日光疹」という症状の患者が増えるおそれがあるという。対策として長袖の着用や、紫外線の強い正午前後の外出を避けることも有効だという。あすは気温はきょうよりも下がる予想。

2017年5月22日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
群馬県館林では今日、34.2度を観測。その他福島県石川町で34度、京都市で31.7度、岐阜県高山市で31.3度の真夏日となり、全国130か所余で今年一の暑さとなった。石川県七尾市の小学校では運動会の練習をしていた児童20人が熱中症の症状を訴え病院に搬送。いずれも症状は軽い。関東1都6県でも熱中症とみられる症状で31人が搬送された。明日も京都で31度、福島市・松本市・佐賀市で30度、名古屋・大阪で28度、東京都心・福岡・広島で27度の気温が予想されている。気象庁はこまめな水分補給で熱中症対策をするよう呼びかけている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.