[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「iPS細胞」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

血管の中を流れる血液の映像を見てみると、増えすぎた糖分で血液がドロドロになっていた。これが健康寿命をおびやかす高血糖という状態。高血糖は食べ過ぎや運動不足によって糖分が血液中に過剰にあふれている状態。放っておくと血管の内側が傷つき血管の老化が促進される。その結果、心筋梗塞などを引き起こし生死に関わる場合も少なくない。こうした高血糖状態の日本人は約2000万人、6人に1人、60代以上は3人に1人の割合でいる。全身の血液量は約4リットル。そこに含まれる糖分の量は健康な人の場合、角砂糖1個分(約4g)。糖尿病(II型)になると糖分は角砂糖1個半(約6g)まで増える。このわずかな量が身体に大きな悪影響を与えてしまう。糖分は米や食パンなど炭水化物に多く含まれる。血糖値を上げないためには糖分が多いものを食べ過ぎない、ゆっくり食べる、野菜から食べる、運動をするといった方法が推奨されてきた。だが、これらの方法に頼らず誰でも持っている遺伝子で血糖値を改善する最新の方法がある。それが高血糖ストップ遺伝子。
ウィスコンシン州にあるウィスコンシン大学医学部は血液をサラサラにする薬「ワーファリン」を作りiPS細胞やES細胞など再生医療研究で医学賞を多数受賞するなど医学の分野で世界をリードしている。この大学の研究チームでは合計76匹のサルを2つのグループに分け普通に飼育したサルともう一方は高血糖ストップ遺伝子を活性化して育てた。研究がスタートしたのは28年前。普通に飼育したサルはほとんどが高血糖で27歳のオス、マチアス君は歳のせいで毛並みもぼさぼさで覇気がない。高血糖ストップ遺伝子を活性化させたグループは血糖値はほとんど上昇しておらず30歳のオス、ルディ君は年上にもかかわらず毛並も立派で表情も凛々しく食欲旺盛。動きも活発だった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月25日放送 7:30 - 8:25 フジテレビ新報道2001(ニュース)
おととい前川前文科次官が2度目の会見を行った。前川氏は様々な文書の中で最大のポイントは獣医学部の開学時期だと語った。去年、萩生田官房副長官のご発言概要には、総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていたと記されている。前川氏は中身は間違いないとした。萩生田氏は発言を否定した。平成30年4月開学と示された文書とその2週間前の文書には平成30年は早いなどと記されていた。寺脇氏は京都産業大学が提案してくるというなかで、急がなければいけなかったなどと解説した。京産大が提出した細密な資料にはips細胞研究を行うという記述もあるが、平成30年の開学に間に合わないとして断念したという。京産大に応募を断念させるために平成30年4月を開学時期にした可能性があると寺脇氏は推測する。
この問題は国会でも取り上げられ、開学時期の条件が加計学園だけに知らされていたのではないかと野党が追求。加計学園は11月1日の時点でボーリング調査を開始している。10月19日の文書からも加計学園に有利な記述を読み取ることが出来る。伊藤氏は、新設のためには石破前大臣が作った条件があり、競合したら京産大が認可されていた可能性があるという。

2017年6月24日放送 13:00 - 13:05 NHK総合ニュース(ニュース)
きょう安倍総理大臣が神戸市の理化学研究所 多細胞システム形成研究センターを訪問し、特殊なiPS細胞で目の網膜を再生する世界初の手術をした研究者から説明を受けるなどした。その後センター長らと意見を交わし、功績を称えるとともに最新の医療技術の開発を支援していく考えを示した。

2017年6月24日放送 11:45 - 11:59 TBSJNNニュースJNN NEWS
安倍首相は神戸の理化学研究所を訪れ、iPS細胞を利用した最先端の再生医療を視察した。安倍首相は今年3月世界で初めて行われた重い目の病気の患者に他人のiPS細胞から作った網膜細胞を移植する手術について説明を受けた。安倍首相は顕微鏡を覗き込み手術に使われた同じタイプのiPS細胞を観察した。

2017年6月15日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーそもそも総研
きょうはiPS細胞第2弾。iPS細胞のがんなどへの臨床応用はどこまで進んでいるのか?前回の放送では、山中伸弥氏はがんや心不全などがまもなく臨床試験にはいってくるなどと話していた。

2017年6月15日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
山中教授がiPS細胞を開発してから10年になり、アメリカのシンポジウムで公演した。山中教授はiPS細胞から作った目の網膜組織を加齢黄斑変性患者に移植治療の現状について等を説明した。チリ人の研究者は、彼の考え方は科学者が持つべきもの。科学者の考え方も変えていると話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.