[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「仙台市(宮城)」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざスポ

羽生結弦と荒川静香が自身のモニュメントの除幕式に登場した。羽生は浅田真央について、「挑戦の象徴。これからもジャンプを するたびにま真央ちゃんが心の中に生きているんだと思う」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月25日放送 9:00 - 11:54 NHK総合国会中継参議院予算委員会質疑
民進党・新緑風会の櫻井充の質問。九州北部豪雨へ哀悼の意を示し、与野党を超えて復興へ協力していきたいと話した。仙台市長選で野党の統一候補が勝利したが、安倍内閣の支持率低下の影響があると思うかと問うた。安倍首相は、自民党が推した候補者が市民の皆様に受け入れられなかったということで結果を真摯に受け止めたいと答えた。櫻井氏はさらに、今回は自民党の支持層の6割程度しか固められなかったこと、無党派層のうち5割弱は自分たちが応援した候補者の方に投票したことを挙げて、今の総理に厳しい目が向けられているのではと追及した。安倍首相は国民からの厳しい目は自覚している、国民目線に立って丁寧に説明する努力を重ねていきたいと答えた。
つづいて、櫻井充氏の質問。安倍首相と蓮舫代表のやり取りを見ていたが、ここは我々だけに説明する場ではなく国民の皆さんに信頼してもらえる答弁をするべきだと述べた。その上で、加計学園の加計孝太郎氏が今治市に獣医学部を新設したいという事を2016年11月以前に首相は知っていたか、知っていたとしたらいつからかと訊ねた。櫻井氏の読み上げた閣議決定後の文書では、平成25年10月11日、平成26年5月19日、平成27年8月25日と記載されている。この内容と先程の首相の答弁に齟齬があると指摘した。安倍首相によると、今治市からの提案は平成19年の福田政権の時から行われており、第2次安倍内閣になってからも4度にわたり申請がなされている。提案について自身は知りうる立場であったことは認めたが、あくまで多数あるうちの1つであり、4度にわたる申請も却下されてきたので今治市の提案についても認識はしていなかったと主張。櫻井氏はそれは今の質問の答えになっていないと反論。昨日と今日でやり取りが違うと指摘され安倍首相は答弁書は事実について申し上げているもので閣議決定においては事実についてお答えにかえる場合もあるとした。最初の説明に候補となるため書かれていたがのちに鳩山政権時代に記載がなかったという。櫻井充は認めれば大変なことになるから認めないという。
櫻井充は岡山理科大学のオープンキャンパスについて話をした。ある教授は来年4月には必ず開学でき秋から学生を募集すると話していたという。設置審で認められていないのに言えるのはおかしいという。安倍首相は内容を承知していないため論評することは適切ではないという。これから認定されるものだと思っているとした。学生に資料を配っているという。加計学園で仮面浪人してできると宣伝しているという。今までの答弁は全くの虚偽だという櫻井充。松野は現在設置審で審議しており8月下旬にでるという。それについて文科相が判断するという。開学するということ、パンフレットを作っているのもおかしいという。今治市の職員が4月2日に首相官邸に行き獣医学部の新設の協議を行っていたという。誰とあったのかわからないとし総理に聞いた。安倍首相はこの日は今治市の職員とは会っていないとし、この時間は午後3時頃から河村建夫さんや下村大臣と話しをした。午後4時から定例の安全保障のブリーフをうけていたという。
櫻井充は柳瀬さんにいつ会ったかを訊かれ7~8年前だと答えた。宴席を一緒にしたと話す。今治市と会ったのが柳瀬さんだと言われているが事実かを聞いた。柳瀬は記憶では今治市とあったことはないとした。秘書官をしていた時は獣医学部新設をどうするか議論されておりどなたにお会いしても今治市がいいと申し上げることはないという。今治市の職員とは会っているのか訊かれ会っていないと答えた。和泉参考人も会っていないと話した。首相官邸で誰と会ったのかなぜアポが取れたのかを安倍首相に聞いた。安倍首相は誰と会ったのかは答弁の通り確認できなかったとしているという。今治市の市長に来てほしかったという櫻井充。
民進党 櫻井充議員の質問。今治市の資料に「内閣府として最速で平成30年4月の開学をめざしていることが伺える」とある。また市としての判断では「内閣府のスケジュール感に対応するため」とある。そこから「加計ありき」と迫る櫻井議員。安倍総理の答弁を求めたが山本大臣がでてきた。議会は紛糾。その後安倍総理が答弁。安倍総理は「文科省と協議して進めた」と答弁。その後また櫻井議員の質問。今治市の資料から「まだ加計学園ときまっていないはずの段階で工事の手続きが進んでいる」と指摘。山本大臣は「総理はそこまで細かいことは把握していない」と答弁。櫻井議員は「そんな小さなことというのは失礼」と憤りを見せた。
櫻井議員の質問続き。松野大臣が答弁。対して開学までのスケジュールでは平成30年4月開学と決まっていると櫻井議員が追及。この時点で加計ありきではと追及。また京都の大学の方はこういうスケジュールはつくられていないと指摘した、松野大臣の答弁。文科省は今治市と思ってスケジュールをつくっていたとのこと。櫻井議員は「加計ありきと思われても仕方ない」と指摘。また前川氏に質問をして、前川氏は「普通なら申請は門前払い」と答弁。また加計学園が事前に教員を集めていたことについて、「設置が決まるまでに教員を集めてよいのか」という質問には前川氏は「学園の負うリスク」と答弁した。安倍総理は「総理の意向」ということばについて「私から働きかけたことはない」と答弁。櫻井議員は「総理のご意向」という文書をみたことがあるかと質問し、総理は「ない」と答弁。首相官邸が関与するということが不自然とした。

2017年7月24日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
昨日の仙台市長選は野党指示の郡和子氏が当選した。世論調査では支持率低下が続いている。星浩は官邸内で憲法改正を先送りしようの動きがあるが、改正を推進してきた人の反対も強いと話した。

2017年7月24日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
民進党の野田幹事長は、「野党も”受け皿”になれる」と強調した。野田氏は仙台市長選挙で野党4党が支援した候補が勝利したことについて、「きちんと準備をしてうまくイニシアチブをとれば結果が出せる」と野党連携の意味を強調した。

2017年7月24日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーショーアップ
今週公開されたタレントの壇蜜さんが出演する宮城県のPR動画に賛否の声が発生した。再生回数は200万回以上となっている動画では東北出身の壇蜜さんと観光PRキャラクターが夏にオススメの観光名所を紹介するという内容だが幾つかのシーンで性的表現が含まれ不快と批判的な声が上がっている。仙台市民では注目を集めるのには良いのではという声や宮城県を知ってもらうには成功だったという肯定的な意見も出た、しかし一方で余り見ていて良い気分にならないや注目を集める意味では良いがやり方が少し違うという否定的な意見で分かれている。賛否が別れる中村井知事は賛否両論があったことが逆に成功に繋がっているのではないか、どんどん厳しい事を言ってアクセス数を増やしていただきたいと答えた。これに対して仙台市の奥山市長は品位に書ける部分があったのではないかと訴え、更に県議会の女性議員らは動画配信停止の要望書を提出した。女性が性の対象としてのみ表現されている部分が多く看過できず、行政が出す動画としては不適切と訴えた。これに対して副知事の河端氏は批判の声を事実であり肯定的意見があるとした上で暫くの間は配信を続けていく考えを示した、。

2017年7月24日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(トップニュース)
このあと9時から安倍総理が出席して集中審議が行われる。加計学園問題や陸上自衛隊の日報問題などが問われる。安倍政権は、世論の政権への逆風により内閣支持率が急落し”崖っぷち”となっている。きのうとくダネ!は加計学園が経営する岡山理科大学を訪れた。岡山理科大学は来春、愛媛県今治市に獣医学部新設予定。構内の看板には「今治キャンパス獣医学部 4月開設予定(設置認可申請中)」と書かれた案内の上に「今治市に動物とヒトの未来をつなぐ拠点が誕生」と書かれていた。加計学園の理事長は安倍総理が親友と語る加計孝太郎氏。学部新設に「総理のご意向」はなかったのか、国会でこれまで追求されてきた。2か月前に事態は一変し、「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」という文部科学省の文書が明らかになった。安倍総理はその後の答弁で苛立ちが増え、”印象操作”という言葉を繰り返した。
さらに、稲田防衛相のPKOの日報隠蔽問題や、東京都議選での失言などの問題が相次いで浮上した。安倍総理の足を身内が引っ張る形になっている。今月1日の都議選最終日には、安倍総理は「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と強気な姿勢を見せたが、歴史的な大敗となった。この逆風はきのう行われた仙台市長選挙でも感じられたと佐藤市議は語る。勝ったのは民進党などが支持する郡和子氏。自民党は都議選に続いて痛恨の2連敗となった。間もなく行われる集中審議には、一連の問題のキーパーソンが登場するが、当事者の加計理事長や安倍昭恵夫人は出席しない。10日後に行われるという内閣改造を前に、きょう丁寧な説明はなされるのか、安倍総理にとって正念場となる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.