[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「伊藤裕康会長」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざましNEWS ON

豊洲新市場の移転問題を調査中の百条委員会は石原慎太郎元都知事の証人喚問を行った。豊洲移転の理由については、移転は既定路線としながら決済した責任は認めた。用地取得の経緯については、交渉は浜渦氏に一任していたことを主張。土壌汚染対策費用については、全て担当者に一任していたと答えた。今回の証人喚問を受けて小池知事は「前回の記者会見よりあまり出ていなかった」とコメントした。築地市場協会伊藤裕康会長は「きょうはただの後始末。問題はこれからどうするのか」とコメントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月16日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンサンジャポ的ワイドショー講習
東京都の市場問題プロジェクトチーム座長らは市場を豊洲に移転せず築地に再整備した場合の具体案を公表した。これまで平屋建てだった建物を改修し、1階を市場として2階を駐車場とする案。工期は7年で費用は約734億円としている。豊洲の土地は高層マンションなどの用地として売却し最大で4370億円が回収できるという。市場関係者はその案を歓迎したが、豊洲への早期移転を求めている関係者は怒りを露わにした。小池都知事は法的科学的な安全と消費者の意志としての安心の両方を満たすことが必要だとした。

2017年4月13日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
豊洲移転問題PTの意見交換階で建築技術的には築地改修はできるという。再整備は出来ないと言われてきたものができるようになったが30年前頓挫した問題もある。ローリング改修工事は今ならできるという。7年ででき総事業費734億円だという。坪単価で50~80万でできるが120万という安全圏の数字を設定し7年も安全圏の数字だという。
ランニングコストは豊洲移転の場合毎年100~150億円の赤字になるという。築地は毎年10~20億円でできる。試乗会系で吸収でき築地ブランドも残せるという。市場は黒字にならないのかと言われ今は黒字だが、他の赤字のところを吸収しているが豊洲にお金をかけると60年後には1兆円の赤字になるという。市場業者は歓迎しているが業界団体は30年以上できもしない計画に振り回されたとしている。本当にこうなるのかはわからないしどっちを信用していいかもわからないという有馬さん。
小池都知事が判断するが小池都知事は豊洲ありきで正当化する理屈が事後的に固められ移転へ突っ走っていった。延期した理由を2006年からこの土地で生鮮食品を取り扱うのは平気なのかと疑問を持っていた。現在の築地市場の取扱量も仲卸業者もピーク時の4割減で巨大な豊洲は大丈夫なのかと話している。築地改修には豊洲をどうするのかについては更地にしてマンションなどにして4370億円で売れるという。価値のない土地なのでいくらで売れるのかという。築地にも土壌汚染対策が必要だが現在の築地市場は法令上安全な土地で営業中で十分だという。
都議会自民党は築地NGの裏付けは山ほどあると豪語している。7月の都議選で豊洲早期移転を公約にするとしている。本当に734億円でできるのかと突っ込むそうだ。築地NGの裏付けは改修費がかかる、土壌汚染が豊洲以上に危ない、鉄道用の土地だったので車社会にあわないなどを言ってきたという。マンションが4000億で売れれば20年でお金は回収できるという。現在2ヶ月遅れで進んでおり環境アセスメント審議などもあり都議選後に総合的な判断をするとしている。最終判断を有馬さんは住民投票、豊洲カジノ化案、流通大手買い取りなどがある小池都知事は豊洲で固まっているという。池上さんは築地改修は小池都知事の意向を受けて作られたと聞いている。築地再整備にかじを切るのではと読んでいる。今回の案がでると安上がりな方にかじが切りやすくなったという有馬さん。梅沢さんも東京都民は築地だといいそうだという。小池都知事の発言は東京WOMEN大作戦からもぶれていないという。小池都知事は会議をたくさん作っているが最後は東京都で決める意向に見える。自民は決起集会で小池批判し、民進党は離党ドミノが止まらない。

2017年4月10日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
都庁で、濱渦武生元東京副知事は一問一答の反論会見。濱渦氏は3月19日の百条委員会で、豊洲買収の基本合意をし、その後は関知していないと主張。当時の本局長は前川氏は在任中は所管していたと反論。都の内部資料でも、2003年5月まで浜渦氏への報告を伺わせる記述があった。濱渦氏は偽証には当たらないとし、交渉については石原氏から外れていたとした。都議会共産党の吉田信夫都議は当時の市場長ら4人が濱渦氏に報告し、跡地についてはあわてないということを答えていたと指摘。濱渦氏は土壌汚染を整備することは東京ガスの話、金額の話はなかったとした。
豊洲移転問題で、東京都専門委員意見交換会で、築地市場再整備案が提案。竹内昌義委員は部分的な移転を繰り返し工事を進める方法で、期間は7年で費用は734億円とした。小島敏郎座長は建築技術的に問題はなく、条件は築地市場の人が築地で続けたい気持ちだとした。豊洲市場は解体、高層マンション用地などで4370億円で売却できるとしている。山和の渡辺和義社長は仲卸には魅力だとした。しかし、築地市場協会の伊藤裕康会長は怒りを露わにした。約30年前に再整備計画、400億円投じたが頓挫した。築地東京青果物商業協同組合の泉未紀夫理事長は長期間工事しながらの営業を目の当たりにした、できないこをやるのは無駄な時間を費やすとした。

2017年4月10日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング明快!まとめるパネル
おととい築地市場(東京・中央区)で、豊洲移転問題の市場問題プロジェクトチーム・小島敏郎座長が豊洲移転案とともに築地改修の具体案を示した。この案は築地を使用しながら約734億円をかけて約7年で完成するというもの。その場合、豊洲市場は建物撤去などに約150億円かかるものの、高層マンション等の用地として3200~4370億円で売却する案が出ている。それによりこれまで豊洲市場に投じた約6000億円の建設費の一部が回収できるとしている。これに対し築地市場協会 伊藤裕康会長ら移転推進派は、改修案は小島座長の“私案”だとして意見交換会を欠席した。これにより意見交換会は改修案を支持する声が大半を占め、小島座長は欠席した団体に苦言を呈した。移転案と改修案の2つが示されたことで、築地の業者間の対立が深まっている。おととい東京・品川区で、最終的に判断を行う東京都 小池百合子知事は「これからも総点検は進めていきたい」と述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.