[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「佐藤栄作」 に関するテレビ情報

2017年1月7日放送 18:30 - 20:54 テレビ東京
家、ついて行ってイイですか? 終電後の新宿! 波乱万丈!7人の人生ドラマ

VTRで紹介した女性について、ギャルサーのときから将来のことを考えていたんだねなどとトーク。また収録に部屋を貸している山本さんについて、夫は去年病気で亡くなったが演技の仕事をしていて「真田丸」なんかにも出ていた、夫の親は山口で名士だったので保証人が佐藤栄作だった、東京オリンピックの開会式など大きめのイベントは必ず行っている、「ベルトクイズQ&Q」の曜日チャンピオンにもなったとトークした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月29日放送 1:25 - 4:25 テレビ朝日朝まで生テレビ!(朝まで生テレビ!)
田原総一朗は昨秋に安倍総理と会談したと明かした。田原は自民党は衆参で過半数を取ったので憲法改正ですねとし、安倍総理は憲法改正する必要なくなったとし、集団的自衛権行使を決めるまで、アメリカはうるさかったが、決めたら何も言わなくなった。田原はこれまでの安保は日本に都合がよかったが、それは冷戦だったためだとした。安倍総理はアメリカと話し合いができるようになったとした。井上達夫はアメリカの方が利益を得ていると主張。田原は吉田内閣でサンフランシスコ講和条約で、日米安保を作った。吉田は日米安保について、占領の延長であることで反対した。ダレスは昭和天皇に吉田の説得を頼み、吉田はやむなく行った。鳩山内閣は安保条約を対等にしてほしいと頼んだ。岸信介は憲法改正し、対等にしなければいけないと感じた。基地反対運動があり、ジラード事件が起こり、反米が高まった。マッカーサーの甥が大使で、新たな安保条約を提案をした。岸は憲法改正をしようと思ったが、条件がよかったので受けた。
田原総一朗は宮沢喜一が「日本は自分の体に合った服を作るのは下手だが、押し付けられた服に合わせるのは上手い」と言ったと話した。井上達夫は憲法9条を利用してきたことは個別的自衛権の拒否は政治的交渉力成長を阻んだとした。井上はアメリカにとって有利だとした。佐藤栄作がベトナム戦争に派遣を要請されたが、憲法で拒否したとした。三浦瑠麗は日本はアメリカの下にいたが要求を通したが、冷戦が終わり、集団的自衛権で要求は下がったというが、日本は自立したい派は巻き込まれの危険を感じる、政権は見捨てられの懸念を強く感じると指摘。
田原総一朗は小泉純一郎はイラク戦の時に賛成したため、ブッシュは喜んだ。小泉は憲法でイラクに行けないので、水汲みに行くしかないとしたと話した。片山さつきは憲法には自衛隊もない、憲法改正していない国もほとんどない中、位置づけの議論はすべきだとした。森本敏は安倍総理は集団的自衛権が行使できるようになったことで、憲法改正する必要ないというのは、自衛力を入れないと足らないとした。田原は安倍総理は憲法9条3項で自衛隊を認めるとすると話した。

2017年4月28日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング池上彰のニュース大辞典
2月アメリカのホワイトハウスで報道官の定例会見が突然中止となり、カメラなしの記者懇談会になった。懇談会で、記者が一部メディアがいないことに関して聞いた音声を紹介。NYタイムズは「前代未聞の行為だ。」と報じ、ほかのメディアも批判し、報道官は”メディア選別”を行ったとした。記者懇談会では批判的メディアの出席を認めず、保守的メディアの出席を許可した。AP通信やタイム誌は強く抗議して出席をボイコットした。日本では1972年、佐藤栄作元総理の退任会見で新聞記者が総理から「出て行け」と啖呵をきられ記者らが退出した。また2012年には前原政調会長が産経記者のみ排除した。理由は「事実に基づかない悪口だけを書いている。」だった。

2017年4月20日放送 15:08 - 16:00 NHK総合ごごナマ昭和XX年の裏にゅ〜す
昭和について話す、このコーナー。本日は昭和29年(1954年)の4/20のニュースを紹介する。「検察、結論に到達 佐藤氏の「逮捕」を急ぐ」佐藤氏は佐藤栄作氏のことで賄賂の疑惑が上がり、逮捕に踏み切るか踏み切らないかされていた。また、そのウラでは第1回全日本自動車ショウが開催された。元日産自動車の片山豊さんに話を伺ったところ「自動車メーカーが業界全体でPRすればもっと自動車が普及するはずだ」として、始まったそうだ。当時のVTRが流れ、日比谷公園で行われたことが分かった。
主にタクシーで使われる「トヨペットスーパー RHN」という車種を紹介。かっこいいなどと出演者らがコメント。価格は当時の平均月収3万円に対して約102万円。「ヒルマン・ミンクス」はイギリス自動車メーカーと提携して生産したもので、価格は100万円。大会社の社長などが購入し、庶民にはまったく無縁の車だったそう。全体的に今より丸っこいなどと出演者らがコメント。当時庶民が乗っていたのが「マツダCTA2t積」。父がこれだったなどと出演者らがコメント。価格は20万円ほど。またショーでは第1回からコンパニオンがいた。

2017年4月19日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
世界屈指の“通勤地獄”を誇る日本では、1960年代の首都圏の混雑率は300%近くだった。当時はホームに乗客を押し込む“押し屋・尻押し部隊”と呼ばれるアルバイトがスタンバイしていた。一方で、交雑や人身事故で電車が遅れ、遅延証明書が毎日のように配られていたという。日本の通勤ラッシュは世界でも話題となり、当時の佐藤栄作首相が人でごった返す新宿駅を視察したほどだった。
国土交通省によると、通勤時に最も混雑するのはJR総武線の錦糸町~両国の間で、混雑率は約200%。混雑率200%は体が触れ合い相当圧迫感があって、かろうじて週刊誌程度なら読める状態とのこと。小池都知事が公約に掲げる「満員電車ゼロ」は、時間差の出勤や在宅でも仕事ができるように民間企業に導入を求めていくとしている。東京オリンピックまであと3年、「満員電車ゼロ」を実現することが出来るのだろうか。

2017年4月18日放送 19:00 - 19:56 TBSこの差って何ですか?外国人が分からない日本の差SP
厚切りジェイソンが分からない日本の差はにほんとにっぽんの差。出演者がその理由を予想。大東文化大学の山口謠司さんによると、日本書紀では「日本」を「やまと」と呼んでいた、中国と国交が盛んになり「ニエットプアン」と呼ぶ中国人の発音を聞いた日本人はにっぽんと呼ぶようになったという。
またにほんという呼び方が広まったのは江戸時代になってから。本居宣長の国号考にはにほんと記されている。山口謠司さんによると早口な江戸っ子たちによってにほんという呼び方が生まれた。西の地域ではにっぽん、東の地域ではにほんと呼ばれていて、大阪の日本橋はにっぽんばし、東京の日本橋はにほんばしとなっている。
しかし昭和になるとにほんかにっぽんか論争が勃発。岡田啓介内閣のときにニッポンに統一する案が出たが結論は出ず。佐藤栄作内閣のときに日本万国博覧会開催、ニッポンに統一する議論が行われたがここでも結論はでなかった。麻生太郎内閣の時に論争に決着がついた。岩國哲人議員がどちらにするか発言、果たして麻生総理が出した答えは?

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.