[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「佐藤栄作」 に関するテレビ情報

2017年1月7日放送 18:30 - 20:54 テレビ東京
家、ついて行ってイイですか? 終電後の新宿! 波乱万丈!7人の人生ドラマ

VTRで紹介した女性について、ギャルサーのときから将来のことを考えていたんだねなどとトーク。また収録に部屋を貸している山本さんについて、夫は去年病気で亡くなったが演技の仕事をしていて「真田丸」なんかにも出ていた、夫の親は山口で名士だったので保証人が佐藤栄作だった、東京オリンピックの開会式など大きめのイベントは必ず行っている、「ベルトクイズQ&Q」の曜日チャンピオンにもなったとトークした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月19日放送 16:00 - 17:15 テレビ東京日曜夕方の池上ワールド日曜夕方の池上ワールド
スタジオでは日米経済交渉について解説された。1970年には日米繊維交渉が行われ、当時は多くの日本製品がアメリカに輸出されていた。佐藤栄作は「善処する」と答えていたという。
スタジオでは日米経済交渉について解説された。1972年に日本は繊維製品の輸出を自主規制したという。繊維製品の輸出規制によってデモが発生し、政府は巨額の補償金を出して国内をなだめたという。

2017年3月13日放送 11:55 - 13:55 日本テレビヒルナンデス!予約殺到!話題のバスツアー!!
納豆工場見学を楽しんだ後、再びバスへ。次はやきいもミュージアムの見学をしに行く。なめがたファーマーズヴィレッジは廃校になった学校を利用。畑を年間契約で借りて自分の手で野菜を育てることが出来る。農家直送の朝どれ野菜も購入可。それらの野菜を使ったレストランも開かれている。時間割表が配られた。展示室にはサツマイモと関わりのある歴史上の人物が授業を受けている設定。中には森光子さんもいた。彼女は放浪記という舞台を務め、焼き芋を食べるシーンもあり3000個以上食べてきた。人形の着物は森さん自身のもの。このあとも「大スケールの焼きいも工場を見学」

2017年3月4日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日ANNスーパーJチャンネル(ニュース)
自民党はあす党大会を開く。自民党本部で開かれた屋台村でラーメンをふるまう二階幹事長は総裁任期園長にむけた議論の旗振り役となった。安倍総理は「私たちは責任政党です。これからも約束したことは必ず実行していく。批判に明け暮れる安全地帯に身をおくようなことは決してせずに責任感をもって挑戦していきたい」と話した。安倍総理大臣は、来年の総裁選挙で再選された場合、2021年9月まで続けることも可能となる。歴代総理在職日数1位は桂太郎、2位は佐藤栄作。

2017年3月3日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論自民党 総裁任期延長と派閥再編
自民党は党大会で総裁の任期延長を正式に決めることにしており、安倍総理大臣はさらなる長期政権への道を歩んでいこうとしている。安倍総理の在任日数は第一次政権を含め戦後4番目の長さだが、このまま任期を延長すれば2019年に戦後最長政権となる。安倍総理大臣は2017年の党運動方針でも「改正に向けた道筋を国民に示す」として憲法改正に意欲をにじませている。また、安倍総理大臣は日ロ首脳階段でも北方領土問題について「私達の手で終止符を」と語り、総裁任期延長を視野に、歴史的難問に取り組んでいるとみられている。こうした任期延長の背景には、小選挙区制が定着したあと、投手のすげかえで難局を乗り越えようとして野党に転落したというトラウマから、仮に多少の不満があっても政権維持を最優先にすべきという判断もあった。
こうした中、党内では改めて派閥の再編を模索する動きが出ている。今自民党内には9つの派閥があるが、岸田派、麻生派、山東派、谷垣派らハト派が合流を視野に調整を進めている。派閥再編の目的としてある議員は「タカ派出身の総理とは違う流れを作り、より幅広い民意を吸い上げるのが目的だ」としている。かつての派閥には政権や執行部の行き過ぎを牽制しバランスをとる機能や、人材育成機能があった。今回の派閥再編の動きの背景には党の右傾化、議員の質の低下があるのは間違いない。今国会では大阪豊中市の国有地が鑑定価格より安く売却された問題をめぐり、政治の関与について国民の疑念の目が向けられている。他方、政治が健全に機能するためには野党の役割も大切だ。権力を監視するとともにいつでも与党に変わって政権を担得る体制を作り上げねばならない。今の自民党一強の状況は、外形的にはかつての自民党一党支配の状況と似ているが、小選挙区制の定着は確実に党内に大きな変化をもたらし、様々な問題が表面化している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.