[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「侍ジャパン」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざスポ

明日の準決勝でアメリカと戦う侍ジャパンはドジャースと最後の練習試合で調整した。試合前には出場予定のない前田健太がグラウンドに登場し場の空気を和ませるシーンもあった。試合は2-3で敗れたものの、筒香嘉智(DeNA)のツーベースの後、中田翔(日本ハム)がタイムリーを放つなど、キーマンの活躍が結果を残した。大一番を前に現地アメリカは「日本にとってWBCはただのエキシビジョンマッチではない」(ロサンゼルス・タイムズ)、「アメリカは今完全に仕上がっている」(USAトゥデー)と、日本を警戒しながらも、アメリカの本気度を伺わせる内容を記事が報じている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月27日放送 23:00 - 23:59 日本テレビNEWS ZEROZERO CULTURE
このあと、侍ジャパン・小林誠司を独占取材!

2017年3月27日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング気になるエンタメニュース ランキング7
6位。先週水曜日、WBC準決勝でアメリカと対戦した侍ジャパン。先発、菅野は3回を無失点に抑えるが4回、アメリカに先制点を奪われる。6回、菊池が同点ホームランを決めるが8回、松田のお手玉で2対1となり日本は準決勝敗退となった。3月13日放送の番組内でゲストとして出演した元木大介さんは「ベスト4」と予想し的中していた。日本に勝ったアメリカが決勝でプエルトリコをやぶりWBC初優勝を果たした。

2017年3月27日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVEスポタメ
プロ野球オープン戦、巨人対ロッテ。侍ジャパンの坂本選手が初出場し、ライト前ヒット。小林誠司選手が初スタメン。投手は吉川光夫選手。4回、ピンチを迎え、エラーで1点を失う。2-0で負け、オープン戦を最下位で終えた。

2017年3月27日放送 0:30 - 1:20 TBSS☆1アスリート 月間検索ランキング
侍ジャパンを独占直撃。侍ジャパン・検索ランキングBEST10を発表。
10位・鈴木誠也。74万5359件。9位・小久保裕紀。76万2805件。
8位・坂本勇人。83万8018件。坂本は侍ジャパンで最多安打10本を記録した。
6位・菊池亮介。91万3719件。こじるりが独占取材をし菊池がファインプレーの裏話を語った。「目線からボールが消え、飛び込んだらグローブに入ってくれた」と話した。WBCでは華麗な守備を連発した。
5位・青木宣親。96万8253件。青木は最年長でチームを牽引した。
4位・筒香嘉智。136万9999件。表情を変えない筒香に対してノムさんは「一番不気味」と語った。ポーカーフェイスを貫く理由について筒香は「相手に敬意をしめさないといけないので表情を変えない」と語った。4位までのランキングを振り返った。
ランク外となった12位・菅野智之と11位・千賀滉大をピックアップした。
3位・小林誠司。283万8330件。小林は侍ジャパントップの打率最多安450を誇る。守備でも大車輪の活躍を見せた。ノムさんからは「久しぶりにみる名捕手」と絶賛された。小林はノムさんへ「とにかく必死に泥臭くやることが大事だと思ってたので氏0-ズンでもその気持を忘れずにチームが日本一になれるようにしっかり頑張っていきます」メッセージを送った。
2位・中田翔。358万8142件。オランダ戦では圧巻の一発を見せた。
1位・山田哲人。382万1711件。山田の打球を最前列の少年がキャッチしてしまいホームランがまぼろしとなってしまう事態が起った。山田は「これも野球なんで、もうちょっとウエイトトレーニングして打球を飛ばしたいと思う」とコメントし、落ち込んでいる少年にメッセージを送ったエピソードを紹介した。
侍ジャパン・検索ランキングBEST10を発表した。ノムさんは小林誠司に対し絶賛。田中裕二は「あんまりキャッチャーを褒めたことがない。すごいこと」とコメントした。

2017年3月25日放送 17:30 - 18:00 フジテレビFNNみんなのニュース(スポーツニュース)
プロ野球 オープン戦の速報。西武がDeNAと対戦、7-5で西武が勝利した。また日本ハムがヤクルトと対戦。中田翔らは試合には出場せず、セレモニーに参加し会場を盛り上げた。また試合は6-4で日本ハムが勝利した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.