[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「働き方改革」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:55 - 0:25 NHK総合
時論公論 (時論公論スペシャル)

解説員トーク。税制改正について今井解説委員は「全体的に小粒。女性の活躍を応援するのであれば、働きたいと思う人が社会保障の壁を意識して働く時間を調整するような制度はなくしていく方向で考えていかなければならない」と話した。関口解説委員は法人税の引き下げを公約にしているアメリカとお互いを考えずに税の引き下げ競争が行われる危険性を指摘。今後の日本経済の課題について竹田解説委員は「働き方改革ができるか」、今井解説委員は「企業の現金預金は成長分野に投資し、賃金にもまわすこと」、関口解説委員は「グローバル化への批判と日本がどう向き合うか。恩恵を受ける人と取り残される人がでてくる」とした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月28日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
子育てや働き方改革を担当する厚生労働省で、男性職員の育児休業取得率が3割を超えた。厚生労働省ではさらに、男性職員の育休取得を進め民間企業ともノウハウを共有したいとしている。

2017年6月26日放送 19:00 - 20:54 フジテレビネプリーグ3rdSTAGE ネプレール
名門大男子チームがネプレールに挑戦、2:33でクリアできずチャレンジ失敗。

2017年6月26日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(特集)
外科医を増やすのに大切なのが働き方改革。そこで研修医の本音を聞いた。上の先生こそやることやったら帰ってほしいなどの意見が上がった。また外科医になりたいと思わせる工夫が足りないという。地方に呼ぶには地方に残ることでどう成長できるのかもっとアピールする必要があるとのこと。病気などが治り上の先生に感謝している患者さんを見ると頑張る原動力になるなどと研修医の先生らがコメント。

2017年6月25日放送 9:05 - 10:00 NHK総合日曜討論日曜討論
最後に日本経済の今後について聞く。河野龍太郎は、消費税の増税は過去2度にわたり正当な理由なく延期されてきたと指摘し、高齢化社会に向けた社会保障費の準備は不可欠であり増税をためらうべきでないと述べた。熊谷亮丸は、高齢者向けの産業を成長産業とみて取り組むべきと述べ、成人病予防のビジネスモデルなど成功例を海外に輸出することも検討すべきと答えた。八ツ井慶子は、家計の二極化などの現状を把握すべき、景気回復の対策がこれまでの定石通りにいかないと認識すべきと答えた。
日本経済の今後について聞く。早川英男は「働き方改革の次は生き方改革」になると思われると述べ、男性高齢者の幸福度が低いことは会社中心の生活から地域に根ざした生活への転換などによって変えられると述べた。神野直彦は、税制改革は社会のあり方の選択になるとの考えからビジョンを持って進めていくべきと述べた。河野龍太郎は政府への注文がまだあればと聞かれ、低成長のもとでも持続可能な仕組みを作っていくべきと述べた。高橋進は批判について聞かれ、社会保障については無駄の削減を論じ実績を作ってきたという面もあるなどと答えた。

2017年6月25日放送 5:40 - 6:00 日本テレビ日テレアップDate!(日テレアップDate!)
育児支援活動・ママモコモくらぶは教育評論家の尾木直樹をゲストに迎え、子どもの教育と母親の働き方、日本の教育に対する危機感などについてのトークイベントが6月10日の汐留・日本テレビで行われた。イベント後半では働くママトークセッションが行われ、「TOKYO働き方改革宣言企業」に学ぶこれからの働き方などトークした。日本テレビでは今後もこのような育児支援活動を行っていく。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.