[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「働き方改革」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:55 - 0:25 NHK総合
時論公論 (時論公論スペシャル)

解説員トーク。税制改正について今井解説委員は「全体的に小粒。女性の活躍を応援するのであれば、働きたいと思う人が社会保障の壁を意識して働く時間を調整するような制度はなくしていく方向で考えていかなければならない」と話した。関口解説委員は法人税の引き下げを公約にしているアメリカとお互いを考えずに税の引き下げ競争が行われる危険性を指摘。今後の日本経済の課題について竹田解説委員は「働き方改革ができるか」、今井解説委員は「企業の現金預金は成長分野に投資し、賃金にもまわすこと」、関口解説委員は「グローバル化への批判と日本がどう向き合うか。恩恵を受ける人と取り残される人がでてくる」とした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月21日放送 15:00 - 15:08 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
仙台市で開かれた経済同友会のセミナーに会に所属する全国の経営者が参加し意見を交わした。この中で小林代表幹事は働き方改革について経営者の意識改革を求め、“労働時間を減らすだけでは意味がなく、労働生産性を向上させ国際競争力を高めることが働き方改革の本質”と述べ、ITの活用など先進事例を取り入れ取り組む必要があると訴えた。

2017年4月19日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビニュースのミカタ
人手不足による宅配クライシスが社会問題となるなか、宅配最大手のヤマト運輸は17日、自動運転の車による配達の実証実験を行った。まだ実験段階のためドライバーの友人運転だが、将来的には無人の自動運転配達を目指すとのこと。まず、アプリをインストールして、自動音声案内から約3分で電気自動車が到着。利用者は個人認証を行い、車の中の宅配ボックスから荷物を取り出すのでちょっとした外出先でも荷物の受取が可能となる。今回の実験は神奈川・藤沢市の3エリアだけだが、実際に体験した人からは便利との声があった。また、宅配料金の値上げ、ドライバー直接電話縮小、配達時間変更、宅配ロッカー設置拡大など、働き方改革の一環として見直している様々な制度について、利用者の理解度を調査する。

2017年4月15日放送 13:00 - 13:05 NHK総合ニュース(ニュース)
来年 春に卒業する大学生の就職活動は、人手不足を背景とした売り手市場が続く中で去年を上回る早いペースで進んでいる事が就職情報サイト運営「マイナビ」大学生・大学院生を対象とした登録者へのアンケート調査でわかった。 また、給与・福利厚生を重視する学生が去年より増加傾向にある。「マイナビ」HRリサーチ部の栗田卓也部長は学生たちが短期間で優秀な学生に早く会いたいという企業の意向がありかなり早めから動く事、働き方改革などの影響があることを話した。

2017年4月9日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
政府が働き方改革を目指す上で企業が労働時間の短縮を目指す動きが相次いでいて、これをチャンスとしているのが人材派遣会社だ。これまで正社員がやってきた専門知識を必要とする業務などを引き受けるサービスなどを拡大している。派遣先の企業が上場した際に上場に伴う書類の作成などを行ったり、買い付けなどを担当したりと重要な役職に就いている。また、在宅勤務者はこれまで単発業務中心だったが、継続的に外注したいという企業の要望で毎月定まった時間の業務仲介を開始した。この人材活用が広がる背景には、長時間労働の短縮するには足らない人員と時間を外部人材に頼らざるを得ない事情がある。

2017年4月7日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本ここに注目!
先週政府の働き方改革実現会議が法律で残業時間に上限を設けると決定したこと受け、きょう厚生労働省の審議会で法制化に向けた議論が始まる。村田英明解説委員は今後の焦点について「残業時間の上限が妥当かどうか。政府案では繁忙期には特例として両者が合意すれば月100時間未満の残業が認められるように。月100時間の残業は電通で過労自殺の女性がそうだったように労災が認められる基準で過労死ラインと呼ばれる。そのぎりぎりまで残業認めるということなので遺族から過労死を助長すると懸念する声も」「政府が過労死ラインを超えないように2つの対策ラインを許可するとしている。1つは労働基準監督署による指導強化で、残業時間を可能な限り短くするよう助言・指導を行うようにするが全国3000人あまりしかいない職員では十分な対応ができないという指摘も。2つは産業医による指導強化で、開業医が1人で複数の企業をかけもちするケースも多く従業員への面接指導やうつ病などメンタル面の相談は十分に行われていないのが現状」「心身に不調を抱えていても見過ごされているのが過労死問題に繋がっている」「政府は人員増など体制の整備を。それができなければ残業時間の上限を引き下げることも考えるべき」など述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.