[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「働き方改革」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 6:15 TBS
上田晋也のサタデージャーナル (第7号 狙いは?背景は? 急速に進む「働き方改革」)

「働き方改革」の“肝”となっているのは「女性」「高齢者」「就職氷河期世代」「外国人」だと記されている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月20日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
テレワークを推進するイベントが開かれ、東京都の小池知事は、都として普及を後押ししていく考えを示した。自宅や共用のオフィスなどで働くテレワークは、働き方改革の一環として期待されている。会場では、小池知事とテレワークの制度を導入して企業経営者との意見交換も行われた。この中で、イギリス系通信会社の日本法人の社長は、効果として産休取得の女性社員の復帰率がほぼ100%に達したことや、出社の必要がなくなり排出する二酸化炭素が減少したことを話した。

2017年7月19日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論どう進める 医師の働き方改革
医師の働き方改革について考える。医師が過労で自らの命を落とすケースは毎年5件前後発生し、今年5月にも新潟市民病院の女性研修医(37)が自殺したのは過労が原因として労災が認められた。残業時間は176時間と過労死ラインを超えていた。新潟市民病院は救命救急の最後の砦とも言われる高度医療の病院で、研修医は多くの症例は経験できるが、その環境長時間労働を生んでいる。女性の残響時間の申請は48時間と異なり、病院は残業は医師個人の申告に任せていたとしたうえで、カルテの閲覧は業務なのか自己研鑽だったかわからないとしている。課題は医療現場に労働時間の管理がなく、自己犠牲をいとわない医師の働き方である。
医師の働き方で当直の勤務では連続30時間以上の勤務の場合もあり、日本外科学会の調査で当直が手術に影響を与えていると答えている。
医師の長時間労働を見直す病院もで始めている聖路加国際病院は去年、労働基準監督署の立ち入調査で長時間労働と残業代未払いについて是正勧告を受けた。病院では医師の労働時間の管理を始めた。目の前の患者に関するものは労働時間と研究・学会に向けた準備は自己研鑽と位置づけ残業は上司が管理することにした。若手医師を休ませるため、休日勤務は4、50代の医師に代わることにした。それでも限界があり、医療提供を見直した。夜間対応の医師を削減し、土曜の診療科も削減した。手術などの説明も夜間はとりやめた。これに対し、これまで通りの対応との意見が寄せられているが、病院は医師の労働時間短縮のためと理解を求めている。
医療の質を落とさず労働時間短縮するにはどうするべきか。勤務の交代制を取り入れ、複数の主治医制を設ける。医師の業務をシフトも検討の必要がある。医師が少ない地方では1つの医療機関の取組では限界があり、地域全体で考える必要がある。救急病院の集約化、医療機関の役割分担の強化などがある。医療を受ける側の意識を変える必要もあり、国民皆保険がコンビニ受診につながっている指摘もある。

2017年7月19日放送 11:05 - 11:54 NHK総合ひるまえほっと(首都圏のニュース・気象情報)
政府が進める働き方改革の為、病気の治療と仕事の両立の環境整備が課題となる中、働きながら病気の治療を続ける人への支援のあり方について、自治体や医療機関などが検討する初めての会議が昨日開かれ、それぞれの機関が連携して支援の内容などをまとめたリーフレットを初めて作ることを決めた。

2017年7月19日放送 11:00 - 11:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース・気象情報)
政府が進める働き方改革の為、病気の治療と仕事の両立の環境整備が課題となる中、働きながら病気の治療を続ける人への支援のあり方について、自治体や医療機関などが検討する初めての会議が昨日開かれ、それぞれの機関が連携して支援の内容などをまとめたリーフレットを初めて作ることを決めた。

2017年7月19日放送 4:20 - 4:30 NHK総合視点・論点働き方とがん対策
がんは日本人の死因第1位で、国立がん研究センターによると生涯でがんになる人の確率は男性が25%、女性が16%だという。肺がん・胃がん・大腸がんは死亡率の上位3位で、健康管理が比較的進んでいるとされる生産工程職に比べ、これらのがんで死亡する確率はサービス職や管理職は2.5~4倍、農林漁業や専門技術職は2~2.5倍だった。サービス職には夜勤をする人が多いこと、接客業は受動喫煙の影響を受けやすいこと、非正規雇用や仕事の対価が低いことなどが原因の1つと考えられる。一方、海外では管理職は非管理職よりも健康状態がいいとされているが、日本では逆で、バブル崩壊以降のリストラで1人あたりの仕事量が増えてストレスが増大しているという。専門職においても、短期の結果を求められ、海外に比べて裁量度が低いことがストレスにつながっているという。農水業は小規模の零細企業、個人事業主の割合が高いことが、今回の結果につながっていると考えられる。日本では働き方への関心が高まっている一方で、なかなか是正されない長時間労働の問題や、正規労働者と非正規労働者の格差の問題も依然として大きな課題となっている。江口さんは1人1人の労働者が健康に働ける職場環境を作ることにもっと関心を持つべきだと主張した。具体的な対策としてはがん検診の機会を提供する、交代勤務が不可欠なら本人の負担が最小限になるように配慮する、できるだけストレスを減らせるように配慮する、産業医や産業看護職を活用してより積極的な健康管理を行う、などと提案した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.