[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「元号」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ Nスタ ニューズアイ

天皇陛下の退位について話し合う政府の有識者会議は今日8回目の会合が開催。議論の中では退位を実現する法整備の方向などについていけんが交わされている。メンバーからは皇室典範改正、特例法いずれにもリスクがあると指摘。その上で時々の天皇が退位する是非の検討を加える形をとる特例法には国会で国民の意思を反映状況に応じ審議できるためリスクは少ないのではと肯定的な意見が多く上がる。有識者会議は今月23日にこれまでの議論の論点整理を公表。今の天皇1代に限り退位を認める特例法を中心の考えを示す方針。
天皇陛下の退位をめぐり政府内では今から2年後の2019年元日に皇太子さまが新たな天皇に即位しその日から新しい元号を適用する案が浮上。また元号については国民生活への影響を最小限に抑えるため来年のうちに新元号を発表することを検討していることが新たに判明。政府は衆議院と参議院の議長を中心とした国会での協議を開始。春以降に関連法案を提出、通常国会での法整備を目指す方針。
元号の変わり目には何があったのか?大正天皇の崩御のあった1926年には当時東京日日新聞が発行した号外に新しい元号は光文とあるが誤報。世紀の誤報といわれその日のうちに昭和と改められている。新たな元号の条件として国民の理想としてふさわしく良い意味をもつ、漢字2字。書きやく読みやすい、これまでの元号またはおくり名として使用されていない等。元号が平成に変わった当時竹下登内閣の小渕官房長官が国民へ向け掲げられた平成の書は現在国立公文書館に展示されている。元号が平成に変わった要因は頭文字が昭和と被らなかったため。当時JNN世論調査では約6割が好感が持てると回答。平成に変わった当日都内区役所では昭和64年の表記を平成元年に修正。平成の即席ゴム印を急ごしらえで用意していた。さらに法務局が新元号を社名にするための商業登記が相次いだ。
現在の平成にはどのように決まったのか?新元号になる4年前1985年に的場順三氏が漢学・国文学等4人の学者へ元号考案を極秘依頼、郵送で10以上の案が集まった。新元号の条件がいくつか決めれていた。そして1月7日、昭和天皇崩御当日に8人の有識者へ3案を配布し平成に決まる。また平成の考案者は長らく伏せられていたが山本達郎東京大学名誉教授と判明した。元号が変わることでどのように影響があるのか?高橋書店の担当者は春には2019年分の制作が始まる、元号を入れず西暦だけの表記にするか緊急で協議しているという。さらに運転免許証は前回昭和から平成に変わった時には計算間違いで期限切れの方が続出したという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月14日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋岸倫子の最新NEWS
天皇退位に先立ち、新元号の検討が行われている中、カレンダー業界団体が会見を開き、今年の年末には印刷が開始されるため、来年1月までに発表してほしいと訴えた。団体の試算では発表が一月遅れるごとに数十億円の損失が出るとのこと。

2017年6月14日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
きのうデンマークへの公式訪問を前に天皇皇后両陛下に挨拶をされた皇太子さま。明日から7日間の日程で外交関係樹立150周年にあたり、あすからデンマークへを公式訪問する。マルグレーテ2世女王やフレデリック皇太子夫妻との食事会に臨まれる。政府はきのう「退位」特例法の公布を閣議決定し具体的な退位日・元号を変える日の決定を急いでいる。皇太子さまは記者会見で象徴天皇の役割を継承することについて問われると「それぞれの勤めに全身全霊で取り組んでまいりたい」と強い決意を述べた。

2017年6月9日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
天皇陛下の退位に向けた特例法が成立した。ノンフィクション作家の保阪正康は「近代日本の歴史の中では生前退位は勇気のいることであり、歴史的な大きな試練。新しい時代の中に入るのかなという感じがした」と語った。明治以降では初となる天皇の退位が遅くとも3年以内に実現。政府は具体的な退位期日・新たな元号など検討を進める方針。小渕官房長官によって発表された「平成」という元号。その制定に関わった的場順三は学者を訊ね、案の作成を依頼したという。そこで作成された案には修文・正化などがあったが、頭文字がSとなり、昭和と同じになってしまうなどの理由から選ばれなかった。的場は「崩御と関係のない退位であればもうちょっと違うやり方を、どういうやり方が一番いいのか改めて考え直せばいい」と語った。手帳には5年10年使うものもあり、大手手帳メーカーの執行役員は「もう今にでも決めてもらえるとありがたい」と語った。

2017年6月9日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
皇居の宮殿を中心に様々な儀式が執り行われる見通し。即位に伴う儀式に、天皇が位についたことを公に告げるとされる5つの儀式から構成される即位の礼、即位後初めて新しく収穫された米などを神々にそなえ、国と国民の安寧を祈る大嘗祭がある。この儀は200年ぶりだ。平安時代の儀式書「貞観儀式」などを参考に、時代に合った儀式内容が検討される見通し。平成二年には即位礼正殿の儀が行われ、各界代表や外国の賓客など2200人が参列した。大嘗祭は特別な場所を用意して行う。
今後元号の変化が考えられる。有効期限や公文書など様々な場面で使うことがあり、システム改修やカレンダーの問題も生じる。いつからどう変わるのか、いつ公表するのかも注目だ。また天皇誕生日は2月23日に変更になるため、現在の天皇誕生日は引き続き祝日にするかの議論が行われる。
天皇陛下は退位後、現在の御所から赤坂御用地にある東宮御所に移られる方向で検討されている。上皇としての活動について、宮内庁は象徴としての皇位はすべて基本的に新天皇に譲られると発表。活動していく中で形作られる見通し。今後は国内外への私的な旅行、海外の賓客や国内外の文化人との懇談、音楽会や展覧会への出席が想定される。街の声でも、自分の人生を生きてほしいという言葉や、活動が見られなくなるのは寂しいという言葉も聞かれる。特例法成立に合わせ、天皇の地位は国民の総意に基づくものだということ、諸問題についての検討も改めて考えていきたいとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.