[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「元号」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

天皇陛下の退位をめぐり、政府は2年後の2019年元日に、皇太子さまが新たな天皇に即位され、元号「平成」も改める方向で検討に入った。去年8月、退位の意向をにじませたお言葉の冒頭で、平成30年を節目のひとつに挙げられた陛下。2018年の年末を持って退位された場合、元号も変わることになる。その影響をうけるものの1つが、元号が書かれたカレンダーだ。カレンダーなどを販売する会社では、新元号発表の時期によって商品の完成に影響が出る。高橋書店日記事業部・吉田泰輔副部長は「2018年の1月には新元号が決まっていてほしい」と話した。政府は、今の天皇陛下に限り退位を認める特例法を制定する方向で調整を進めていて、春頃に関連法案を提出し、成立を図る考えだ。また、新元号に関しては事前に発表する案も浮上している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月13日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
去年のお気持ち表明をもって法整備になれば、天皇の政治活動を禁じた憲法に抵触の恐れがあるという問題が国会での議論の焦点となっており、政府は国民世論の要請や焦点などを踏まえ、退位できるよう法整備をしている。時期としては法律の公布の日から3年以内に政令で定めるとして今国会会期中に成立すれば、遅くとも東京五輪・パラ五輪前に明確になる見通しが出ており、期日については政令で定める際、首相が皇室会議の意見を聴くことが明記される方向で、皇室典範付則の一部改正と合わせ国会の考え方や与野党の議論が尊重されている。さらに、法案の策定作業をして本格的に着手し、今月中に各党に骨子を示した上で来月中旬から下旬には法案を国会に提出し、宮中行事、国民生活などの予定を考慮しながら元号を改める時期の検討が進んでいる。一番のポイントとしては、天皇陛下に対する国民の理解と共感が退位について明確にしていると政治部の岩田さんは話した。

2017年4月9日放送 18:30 - 22:48 TBSテレビ史を揺るがせた100の重大ニューステレビ史を揺るがせた100の重大ニュース
昨年8月8日、天皇陛下は退位の意向をにじませるお気持ちを表明された。今、注目を集めているのが次の年号。遡ること88年9月20日、昭和天皇が吐血されて重体となり、官邸では石原信雄元内閣官房副長官が新元号制定に向けて奔走していた。元号を改める時期については議論が続いた。大正天皇の崩御は大正15年12月25日で、同日中に元号が改められた。そのため、昭和元年は7日しかなかった。竹下内閣では崩御の翌日に改元することを基本方針としていた。石原氏によると後藤田正晴氏は12月半ば以降に崩御された場合、翌年の1月1日から改元してはと提言し、政府も検討。その後、昭和天皇は1月7日に薨去し、翌日から「平成」が施行された。

2017年4月7日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクア朝刊 イッキみせ
天皇陛下退位と新天皇即位に伴う新しい元号について、政府が複数の学者に選考を依頼し、それぞれから複数の元号案を既に受け取っていることがわかった。(毎日新聞)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.