[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「Jアラート」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月21日放送 18:00 - 18:55 日本テレビ真相報道バンキシャ!(ニュース)
北朝鮮が飛翔体1体を発射したことを受け、菅官房長官が会見を開いた。現時点で落下地点は日本の排他的経済水域内ではないと推定され、付近を航空機や船舶への被害報告は出ていない。官房長官は今回の北朝鮮の行為は安保理決議等への明確な違反とし、北朝鮮に対して厳重抗議を行ない、非難したと語った。日本政府は北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本に飛来する場合、Jアラートやなどで国民に伝達するとしている。

2017年5月16日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
北朝鮮ミサイル発射について、韓国・文在寅大統領は「対話の可能性は残しておくが北朝鮮が勘違いしないように挑発には断固対応しなければならない」など、米・ヘイリー国連大使は「金正恩党委員長は被害妄想にとりつかれ、あらゆることを心配している。我々は圧力を強めていく」など、菅義偉官房長官は「国連でしっかり連携して北朝鮮の暴発を食い止める」などコメント。ロシア・プーチン大統領は「北朝鮮との対話に戻る必要がある。脅すことをやめ、平和的解決を探らなければならない」などコメント。今回の弾道ミサイル発射にJアラートを鳴っていない、今回ははるかに危険性が高かった。どういう判断で先月29日と今回と違っているかについて西村金一は「ミサイルの弾道というのはイージス艦が日本海にあれば、ミサイルが発射すればどこに弾着・どういう軌道を通るというのがイージス艦のレーダーシステムでわかる。どこに飛んでいくというのがわかるので今回はJアラートを鳴らさなかった。官邸もおそらく日本に飛んでくるということはないということで鳴らさなかったと言われている」など述べた。

2017年5月15日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
北朝鮮のミサイル発射について安倍首相は「北朝鮮に毅然と対応していく。日米日韓のみならず中国・ロシア・国際社会と連携しながら、しっかりと北朝鮮に対して国連決議を守るよう強く求めていきたいとコメント。日米韓3か国は国連安保理に緊急会合の開催を要請。16日火曜日で調整。ミサイル発射から1時間半後、国家安全保障会議(NSC)を開き、安倍首相・菅官房長官・稲田防衛大臣が対応を協議。さらなる挑発に備え、警戒監視に怠らないよう指示を出した。同日昼前には2回目のNSCが行われ、日米日韓の連携強化を確認。日韓外相の電話会談では「対話のための対話では意味がなく、今は圧力をかけていくことが必要」など、日米電話協議では「中国含む全ての国連加盟国が制裁決議を履行すべき」など確認。北朝鮮の意図について菅官房長官は「総合的、専門的に分析している。航空機や船舶の被害報告は確認されていない」など発表。ミサイルは日本に飛来しないと判断されたのかJアラートは使われずJRや首都圏の在来線は平常運転。きょうの菅官房長官の会見で、北朝鮮のICBM実用化に「今回の発射を通じて弾道ミサイルについても一定の技術の進展は得ていると思っている。政府とすれば北朝鮮は新たな脅威の段階に入ったことをかねてから申し上げている」などコメント。日本ミサイル防衛では、新装備として陸上型イージス「イージスアショア」の導入が有力とされている。固定式で射程は1000km以上。導入時期は数年後と見られている。黒井文太郎は「イージス艦は海上に出ないといけないので24時間365日の待機は難しい。アショアの場合は陸上ですから交代制でつめれば常時24時間監視できるということで奇襲攻撃に対して非常に強い。アショア・イージス艦は射程が長いのでもしかしたら両方やる場合もある」など述べた。

2017年5月15日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
高度2000キロ800キロ飛んだとされるミサイル。脅威となるミサイル発車となった。狙い通りの場所に落ちたという北朝鮮。元山で去年6月にムスダンを発射した際高度は1400キロ、飛距離は400キロだった。米研究機関は遠くに飛ぶ軌道であれば4500キロ程度飛んでいたと分析。

2017年5月15日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
きのう朝、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域外の日本海に落下したとみられる。ミサイルは高度2000キロ、ロフテット軌道で打ち上げられており新型とみられる。日本に飛来する可能性がないと日本政府が判断し「Jアラート」は作動しなかった。北朝鮮のミサイル発射実験は今年3月から先月まで4回連続で失敗したとみられるが、今回の実験は成功したとみられ、ミサイルは進化してきた可能性があると分かってきた。小原凡司氏は「3000キロ以上の飛距離はある」と分析した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.