TVでた蔵トップ >> キーワード
「甲子園」 に関するテレビ情報

2013年8月14日放送 23:10 - 23:40 テレビ朝日

熱闘甲子園 熱闘甲子園

済美 - 三重の試合で、先発を努めた三重3年生エースの若林優斗投手は、3回で降板。悔しさに涙し、回りに励まされる場面が紹介される。三重の宿舎で、若林優斗投手は「貴重な体験ができたんでこれを人生の糧にしていきたいです」と話した。

URL: http://www.jhbf.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2016年4月28日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
きのう行われた阪神と巨人の一戦。代打で出てきた原口文仁選手が山田勝彦2軍バッテリーコーチのユニフォームを着て登場するという珍事が起きた。この日、原口選手は育成から支配下登録されたばかりで、背番号も124から94に変更され、ユニフォームが間に合わなかったのだ。これまでにもユニフォームを巡る珍事は起こっている。2006年には当時日本ハムだったダルビッシュ有選手がユニフォームを忘れ、別の選手から借りて臨んだという。原口選手は第2打席でレフト前ヒットを放ち、プロ7年目の苦労人の嬉しい初ヒットとなった。

2016年4月26日放送 0:58 - 1:28 TBS万年B組ヒムケン先生第1話 野球部員の巻
ヒムケン先生こと日村勇紀が応援するべきB組の生徒を街でスタッフが捜索。甲子園出場校でレギュラーを張っていた男子を見つけたが、このような人々はいわゆるA組。そうなれないようなB組の人間を探し求めたところ、秋葉原駅前でダッシュや架空の守備練習を繰り返すケブくん(17歳)を発見。日村勇紀はケブくんと公園で待ち合わせ、話を聞くことに。ボールやグローブ、バットを一切使わず、フォームだけを再現するケブくんの練習を見たヒムケン先生。透明なボールを投げたケブくんに、今のがストライクかどうかなどを質問した。
いよいよ実際のボールで練習することになったものの、取り出したのはケブくんがビニールテープなどで自作したボールで、ヒムケン先生は戸惑いを隠せなかった。続いてケブくんが取り出したのはカラーバット。お金がないために野球用具は購入できないという。それはオレンジをボールに見立てて練習していたペレを思い起こさせた。そして見えない相手が放った透明なボールを打ったケブくんは、塁に出る際にスライディングで足を負傷した。
ケブくんが足を負傷したため、話を聞くことに。彼は半年前にブックオフで「あぶさん」に影響されて野球選手を志すようになったという。彼が着ていたユニフォームも自作したことを明かした。そんな彼はドラフトを目指していて、引っ越しへの不安から西武ライオンズやロッテへの入団を希望している。そんな彼の気持ちを盛り上げるため、ヒムケン先生は架空のドラフト会議を開催した。架空のドラフト会議でロッテに入団することになったケブくんは、手を肩の上に掲げた。何かを持っているような手の形だが、コアラのマーチを持っているイメージだと語り、ヒムケン先生を驚かせた。そしてヒムケン先生はケブくんに、野球用具を買うことを勧めた。

ガラポン リンク

© 2009-2016 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.