[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「全米オープン」 に関するテレビ情報

2017年5月13日放送 9:55 - 10:25 フジテレビ
ライオンのグータッチ ライオンのグータッチ

今回応援するのは、盛岡で行われた岩手県小学生テニス選手権に出場した藤澤胡々菜ちゃん。試合結果は2位だったが、県ではいつも成谷優芽ちゃんに負けてしまい、毎回準優勝に終わってしまう。胡々菜ちゃんは父親と二人三脚で練習に取り組んでいるが、厳しい言葉に涙することもある。数日後、胡々菜ちゃんのために立ち上がったのが元プロテニスプレーヤーの浅越しのぶさん。浅越さんは全米オープンべスト8など、輝かしい成績を持ち、前回は川井友喜くんを初勝利に導いた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月20日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVEスポタメ
錦織圭選手が都内で子どもたちのためのテニス教室を開いた。指導の他にも股抜きショット、エアKなどの技も披露し、子どもたちに夢の時間をプレゼントした。直前のイベントでは来月末開幕の全米オープンへの意気込みを語った。

2017年7月17日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(スポーツニュース)
今シーズン限りで引退を発表している宮里藍選手は、全米女子オープン最終日に挑み、41位におわった。

2017年7月2日放送 11:15 - 11:45 フジテレビミライ☆モンスター(ミライ☆モンスター)
全仏オープンジュニアワイルドカード最終予選3日前。20時間のフライトでパリに到着した。男子代表の白石光とコーチも帯同し3人チームで予選に挑む。到着後すぐに向かったのは大会会場。すぐに練習を開始した。全仏オープンはグランドスラム中唯一クレーコートで行われ、日本国内では少ないためトップジュニアの選手でも経験が少ない。世界4大大会のテニスコートにはそれぞれ特徴があり、ウィンブルドンのグラスコートは最も球足が早くなる。全豪と全米のハードコートはアスファルトの上にクッションを何層も重ねた材質でできている。全仏のクレーコートは最も球足が遅くラリーが続きやすくフィジカル・メンタルともスタミナが必要と言われる。クレーコートを得意としているのが現在ランキング2位のラファエル・ナダル選手で全仏を最多10回優勝している。しかもクレーコートは杏里さんの武器である高速サーブの利点を活かしづらい。その為ボレーショットの向上に取り組む。
大会前日の試合のコートを確かめる公式練習で、自身の練習をするとともに対戦相手の研究をしていた。練習終了後ホテルでは数学の勉強をしていた。大一番の前でもいつもどおりの行動を心がけている。3人ずつ2グループに分けた総当たり戦を勝ち抜いた1人が決勝で対戦する。決勝の舞台は実際に全仏の試合が行われるローラン・ギャロス。初戦の相手はインド代表マリカ・マラーティ選手。2-0でストレート勝ちした。続いての選手はブラジル代表のナタリア・ウルフ=ガスパリン選手。両者とも勝利していて、勝者が決勝に進む。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.