[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「八代亜紀」 に関するテレビ情報

2017年1月6日放送 19:00 - 22:52 フジテレビ
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

いっこく堂が八代亜紀のまねで「舟唄」を披露した。
栗田貫一が森進一のまねで「おふくろさん」を披露した。
栗田貫一と森進一のものまねについてトークした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 11:55 - 13:55 日本テレビヒルナンデス!(24時間テレビ制作発表)
天才作詞家 阿久悠の知られざる物語 ドラマ主演は亀梨和也!阿久悠さんが作詞した曲は♪雨の慕情など5000曲。史上最多 日本レコード大賞を5人の歌手で5回獲得。UFOや勝手にしやがれなど日本人の誰もが知ってる名曲を書き上げた。また、伝説の番組「スター誕生」を企画し、数々のスターを世に送り出した。今年で没後10年、阿久悠の知られざる物語。阿久悠を演じるのは亀梨和也。阿久悠を支えた妻には松下奈緒。言葉で時代を作り、時代を伝え続けた男が苦悩した日々、伝えたかった事とは…。そして今回、阿久悠の未発表の詩が見つかった。今回、未発表の詩に曲をつけ新曲を発表。

2017年6月21日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングストライクニュースまとめ
日曜日に行われた加山雄三さんの80周年記念ライブの舞台裏に密着した。加山雄三さんは実演前とてもリラックスした様子であった。ライブでは加山さんを慕うアーティスト達がゲストで参加した。加山さんについて八代亜紀さんは80歳に本当に見えない。さだまさしさんはあの元気さとあの音楽性と人柄がどんどん大きな山になっていきますねなどとコメントした。ライブ終了後の加山さんに話を聞いた。

2017年6月19日放送 12:00 - 12:30 テレビ朝日徹子の部屋(今日のお客様 コロッケ)
コロッケはマネ3割、想像7割でモノマネしている。コロッケは「そんなに似てなくても3割似てて、あとの7割は別の生き物だと思ってる。最近は、吉幾三さんが大型犬にみえる」などと語り、吉幾三のモノマネを披露した。また八代亜紀さんは鳩に見える時があるという。また堀内孝雄さんやコブクロは、歌いながら虫をみつけているように見えるとか。コロッケは黒柳徹子のリクエストで、長渕剛さんのモノマネも披露した。

2017年6月17日放送 12:15 - 12:40 NHK総合バラエティー生活笑百科(バラエティー生活笑百科)
アイデア料を払ってもらえるかどうかについて、桂吉弥は「払ってもらえない」、山田花子は「払ってもらえる」と予想。吉弥は「考えた原案はあると思うが、漫才を披露した時点で権利が発生すると思う。歌でも譜面やCDにして初めて賞がもらえると思う。鼻歌では賞はもらえない」としたが、南光は八代亜紀は鼻歌で賞をもらったとし、それは「舟唄」とつっこまれた。コロッケは八代亜紀のモノマネを披露したが、吉弥から岩崎宏美とつっこまれ、時々最近間違えるんだよねと話した。南光は吉弥の発言はコロッケと違って笑いにならないと指摘し、「安物の草野球」とかけて「みっともない」と解いた。花子は「前のコンビは解散していても原案としてアイデア料が発生する」と主張。ドラマでは最も原案や原作が大事にされているとして、自身も温めている物語があるとしたが、話した内容は朝ドラそのものだった。コロッケは「払ってもらえる」と予想。モノマネで本人に許可を取ることはあるか問われたコロッケは、「やっていいですかと聞いて“ダメ”と言われたら一生できない」として許可は取らないとし、番組で共演したことが暗黙の了解で許可となるとした。最初に番組共演にて許可をもらったのは美川憲一だったそうで、裏で「どんどんやって」と言われモノマネで返したら「ここでやらなくていいのよ」と言われたと話した。その後、衣装をもらったり食事をご馳走になったりして可愛がってもらい、今は美川のモノマネは真面目にやろうと心掛けているとしたが、南光からは「めっちゃふざけてる」と言われた。

2017年6月15日放送 21:54 - 22:54 テレビ東京カンブリア宮殿家族も必見“患者ファースト”劇的回復!奇跡のリハビリ病院
在宅総合ケアセンター元浅草を紹介。前身は98年に開設した在宅医療の「たいとう診療所」である。医師の往診と訪問リハビリで退院後の寝たきりを防ぐものである。寝たきりにさせないため、地域の人に向けた様々なサービスを行っている。日帰りのリハビリは300人が利用している。歩行訓練をする藤井さんは週3回利用で月6千円程度の負担である。スタッフは116人で医師5人が常勤している。通常の利用者は在宅医療や介護のサービスを受ける時、個々の窓口に負担する必要があるが、石川は1つの窓口で済むこの施設を作った。
センター長の医師・斉木は神経内科医として脳卒中などの患者と向き合ってきた。センターが診る在宅患者は周辺3km圏の360人で365日・24時間体制で対応している。荒武成さんは、54歳の時に脳出血で左半身麻痺となり、2年前に胆管がんを患ったが、寝たきりから回復した。医師の役割は病状の管理だけでなく、リハビリの計画を立てることもあり、公的医療保険のサービスである。斉木の計画のもと、週1でスタッフが訪問し、介護保険サービスを受けている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.