[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「八王子市(東京)」 に関するテレビ情報

2014年8月13日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ 4時だ!Nスタ 日刊3コマニュース

京都府八幡市の上津屋橋は台風11号により流された。これを受け京都府の山田啓二知事は在り方として根本的に考えないといけないと発表した。流れ橋はわざと流されやすいように作られている。また東京都八王子市にも流れ橋はあり、すべて手づくりで作られている。この流れ橋は違法な橋で住民が勝手に作っている。
八幡市の上津屋橋は時代劇のロケ地として有名。1953年に完成、61年間で21回流出している。問題点は通行止めの期間が長いことと1回の修繕費が約3600万円ということ。山田啓二知事は検討委員会を設けることを示唆している。
一方八王子市の橋は違法な橋で多い時は1年に4回流出したことも。近隣住民の手づくりで1日に約100人が利用する。この橋がないと病院に行くまでに4倍の距離となるところもある。勝手に橋をかけると河川法違反となる、八王子市の場合は住民が要望をだしているが東京都・八王子市は橋を作ることは考えていないとしている。飯田泰之は安全対策を強化して追認型で認める方向もある、京都の場合は維持費もあり架け替えた方が得だとも言えると話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタホラン・森田のトクする天気
あすの天気予報と、八王子市・足立区・千葉県富津市で花火大会があると伝えた。

2017年7月20日放送 11:05 - 11:54 NHK総合ひるまえほっと夏休みイチオシスポット
やってきたのは京王線の高尾山口駅。今日はみなさんが知っているルートではなくとっておきの穴場ルートを紹介。まずは駅からバスに乗る。八王子市と相模原市の間の山道を進むこと10分。大垂水というバス停に到着。ここから城山を経由して高尾山に向かう。バス停から歩いて2分ほどで山道に入る。高尾山周辺には数多くの植物が自生しているが、中でもをアオキをたくさん見かける。このアオキは赤くて可愛らしい実をつける。このルートは自然の中の小道を進むため探検気分。歩くこと40分、この時期の山歩きのポイントを教えてもらった。虫に刺された時にポイズンリムーバーを使うと虫に刺された毒を吸い込んでくれる。さらに夏の山では雷や雨など天気の変化も。雷が鳴った場合は、高い木から斜め45度に引いた線の内側+木から3メートル以上離れるのが安全だそう。また、ビニールシートのように見える「ツエルト」を使って頭からかぶるだけで急な雨などを凌ぐことができる。山歩きのポイントはこまめな水分補給も忘れずに。
歩くこと1時間半、城山の山頂に到着。山頂には昔ながらの茶屋があり、登山者の憩いの場になっている。店主の尾嶋典善さんは、おじいさんがこの茶屋をはじめて子どもの頃から手伝っていた。この時期のおすすめはこの茶屋の名物「メガ盛りかき氷」。この城山から高尾山の山頂へは約1時間半。山の稜線を歩くコース。今回のルート以外にも高尾山山頂への道は数多くある。山頂に近づくと所々に合流ポイントがあった。季節や好み、体力によって選ぶことができる。道沿いに今の時期に見られる「オオバギボウシ」もあった。名前の由来はツボミの形。ひっくり返すと橋の欄干などを飾る擬宝珠に似ていることから名付けられた。高尾山の山頂に到着。山頂の展望台からは大山など丹沢の山々から天気が良いと富士山まで見ることができる。

2017年7月19日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
連日30℃を超える暑さが続く東京都内。昨日は午後1時頃から天気が急変。倒木によるけが人はなし。ひょうやあられが23区内でも降り、文京区では積もったひょうで道路が白く見えるほどに。JR駒込駅では、午後3時過ぎに降ったひょうの影響で、ホームの屋根の一部が抜け落ちた。ひょうが降ったのは30分ほど。山手線は一時運転を見合わせたが、けが人はいなかった。駅周辺では民家のプラスチック屋根が抜け落ちていた。江の島方面に向けた情報カメラは急激に広がる雨雲の様子をとらえていた。東京電力によると、神奈川県内では一時2万軒以上で落雷が原因とみられる停電が発生。川崎市内では午後3時までの1時間で37mmの雨。先日豪雨被害の出た福岡県でも、朝倉市や東峰村の一部に避難指示が出ていた。新潟県では、6回にわたって記録的短時間大雨情報が出されるなど、大雨により河川の氾濫などの被害が出た。小千谷市では道路が濁流に飲まれ渡れなくなり、魚沼市では三用川が決壊。

2017年7月18日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
新潟県や福島県で記録的な大雨となり、一部に避難指示が出た。東京都内では今日も30℃を超える暑さとなり、午後から天気が急変し激しい雷雨となった。立川市では午後1時半すぎから急な雷雨となり、停電した家もあった。ひょうやあられは関東西部だけでなく東京23区内にも降った。文京区では午後3時ごろ、積もったひょうで道路が白くなっていた。池袋ではひょうのため建物の雨樋が抜ける被害があった。午後2時すぎ、神奈川県内でもひょうが降り、相模原市内でも確認された。江の島では午後2時すぎ、真っ黒な雨雲が西から東へ流れ込んで大雨となった。東京電力によると、神奈川県内で一時2万軒以上で発生した停電は落雷が原因とみられている。関東は午前中に気温が上昇した影響で上空は雨雲が発達しやすい状況になり、上空には寒気が流れ込み大気の状態が不安定となったため午後に各地で天気が急変したという。都内では20分に40ミリの雨が降ったところもある。
新潟県や福島県は日本海上空の低気圧や寒気の影響で記録的な大雨となり、被害が出ている。新潟県阿賀町の常浪川では、水位が増し川沿いの公衆トイレの周りは水に沈んだ。新潟県内ではきのう夜~きょう午後までに佐渡市・三条市などで6回に渡り、記録的短時間大雨情報が出された。いずれも1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられている。

2017年7月18日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
今日関東では午後から大気の状態が不安定になり、大荒れの天気となった。大雨の影響で武蔵野市にある大学などでは、教室に水が浸水する被害が出たり、また豊島区などでは大粒のひょうが降り、瞬く間にひょうが道路を埋め尽くしていた。関東地方は明日は晴れるようだが、 山沿いを中心ににわか雨に注意が必要である。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.