[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「八重樫東」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび めざスポ

きょう、世界戦のリングにあがるボクシングミドル級の村田諒太が前日軽量を行った。村田は「しっかりご飯を食べて備えたい」とコメントした。対戦相手はアッサン・エンダム。去年12月の試合で相手を1R22秒でKOした強敵だ。勝利の鍵を具志堅用高は、村田は早めに自分のリズムで倒した方がいいと語った。香川照之は、手数を出すこと、とにかく右で潰す事と述べた。また、井上尚弥と八重樫東は調印式に出席した。
ボクシングフェス2017 SUPER 2DAYSの番宣テロップ。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月22日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざスポ
WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ、井上尚弥vsリカルド・ロドリゲス。第2ラウンドでは普段とは逆のサウスポースタイルで闘い、3ラウンドTKOで勝利した。一方、IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ、ミラン・メリンドvs八重樫東の試合は1ラウンドTKOで王者・八重樫東が敗れた。

2017年5月22日放送 4:00 - 4:25 フジテレビめざましテレビ アクアスポーツアクア400
WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ井上尚弥vsリカルド・ロドリゲスがおこなわれた。3R1分8秒TKOで井上の勝利。一方、八重樫東は王座陥落。

2017年5月21日放送 22:00 - 22:50 NHK総合サンデースポーツToday’s SPORTS
WBOスーパーフライ級タイトルマッチは、井上尚弥が3RKO勝ちで5回目の防衛に成功した。IBFライトフライ級王座統一戦は、八重樫東が1RTKO負け。

2017年5月21日放送 17:30 - 18:00 フジテレビFNNみんなのニュースSPORTS
昨日行われたボクシングの試合で、疑問の残る判定負けとなった村田諒太選手。その判定に、WBA会長異例の声明を発表した。試合は村田が4回にダウンを奪うなど完全に支配していたが、まさかの判定負けには村田も呆然。採点表を見ると、村田がポイントを奪った4、6、7回以外はほとんどが対戦相手のエンダムのポイントに。ジャッジは村田の有効打よりもエンダムの手数を重視していたようで、実際この試合のパンチ数はエンダムは村田の倍以上の464だった。はっきりとダメージを与えた村田が敗れるという矛盾に、村田本人は「判定は第三者が判断すること。僕自身が勝敗を言うのは違う。」とコメント。しかしボクシング関係者も首をかしげる不可解な判定に、WBA会長は「117対110で村田の勝利。全てのファンにおわびする。再戦を命じるよう求める。」と異例の要求をした。一方今夜は、井上尚弥と八重樫東のダブル世界戦が行われる。

2017年5月21日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニングスポーツに喝!あっぱれ!週刊・御意見番
昨日のボクシング タイトルマッチを伝えた。東京で行われたWBC世界フライト級タイトルマッチでは比嘉大吾はファン・エルナンデス対戦したが2RにダウンをとるなどTKO勝利で世界王座を獲得した。また、WBC世界ライトフライ級タイトルマッチでは拳四朗とロペスが対戦したが、2-0の判定でこちらも世界王座獲得となった。そして名古屋であったWBO世界ライトフライ級タイトルマッチでは王者の田中恒成とアコスタの対戦となったが5Rにはダウンを奪い3-0の判定で初防衛となった。そして昨日の結果、日本人王者が11人になったといい、今日も八重樫東と井上尚弥のタイトル戦があることを話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.