[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「共謀罪」 に関するテレビ情報

2017年5月19日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日
ワイド!スクランブル (ニュース)

本日は衆院法務委員会で行われている国会では、テロ等準備罪についての議論がかわされている共謀罪の趣旨を盛り込んだ。組織的犯罪処罰法の改正案についての審議が午前9時から行われている。与党側はこのあと法案を採決する予定。このあと法案を採決する予定。与党は一昨日総理が出席した上で採決する予定だったが野党が金田法務相への不信任案決議案を出したため今日に先送りされた。そして、安倍総理の出席は予定されていないという。専門家は「金田大臣の答弁にも問題はあるが、与党側の国会運営は最終的には数の力で押し切る形になると思うが、今日審議の時間4時間設定されているが、今まで26時間の審議とたすと30時間になる。与党側が設定した目安だと30時間やれば十分に審議したことになるが。問題は中身で、最近の国会運営はちくわのように見た目はデコボコだが中身はつるつる。国会がどうも形骸化しており、なんでもするっと通ってしまう」と話している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月18日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
テロの関連やなぜスペインが狙われたのかなど中東情勢に詳しい高橋氏に聞いた。なぜバルセロナなのかについて、主要都市であり色んな国の人がいるためテロを起こせば犠牲になった各国の人の新聞が書かれ与える影響も大きいためだという。犯人像について、詳細は不明だがスペインの人口の約5%にあたる200~300万人がイスラム教徒でモロッコからの移民が多く不満を抱えた人が1人で立ち上がったか、ほぼ同時に3ヶ所で発生しているためIS側が仕掛けたテロの可能性もあるという。
「車」を使ったテロがヨーロッパで相次いでいる。去年7月にはフランスのニースで花火大会を楽しむ観客にトラックが突っ込み80人以上が死亡した。去年12月にはドイツのベルリンで、今年4月にはスウェーデンのストックホルムで、6月にはイギリスのロンドンでテロが起きている。最近は銃を使ったテロより車を使うテロが増えていて、銃を使ったテロは準備などが必要でヨーロッパの多くは共謀罪により計画段階で抑えられている。テロの効果は死傷者を出すだけでなく恐怖感を与えることでもあり、車はレンタカーや盗難車も使われるためどこで起きるかわからず一番恐怖だという。ISは拠点が制圧され力が弱まっていると言われているが、考え方に共鳴している人が各地にいることも問題だという。

2017年8月3日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットワイドショーニュース
今回の内閣改造で防衛相に小野寺五典政調会長代理、文科相に林芳正元農水相の起用が内定した。法相には上川陽子元法相が内定し、松野博一文科相は内閣を去ることになった。これまで安倍内閣は女性が輝く社会を掲げ、第二次安倍改造内閣時には過去最多5人の女性閣僚を起用し、支持率もアップした。龍崎氏は女性が輝く社会を掲げたものの、それが裏目に出たと指摘。
松島みどり元法相は配ったうちわが寄付にあたると指摘され、小渕優子元経産相はずさんな政治資金の使い方が表面化し、W辞任に至った。
今年に入って豊田議員による元秘書に対する暴言・暴行が大きく報じられる。騒動が落ち着きはじめた頃、今井絵理子議員と橋本健神戸市議の不倫が報道され、稲田防衛相の引責辞任も安倍政権にとってダメージとなった。稲田前防衛相は自身の問題ではなく、監督責任を取っての辞任だと強調しているが、日報問題についてはうやむやのままとなっている。また昭恵夫人は森友学園の名誉校長を務めていて、この事が格安での国有地売却に影響したのではないかと野党が追及していた。今回の内閣改造では野田聖子元総務会長が総務大臣に内定しており、女性の活躍とお友達優遇批判を払拭するメリットを見込んでいるものとみられる。

2017年8月1日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
安倍総理はきょう、自民党役員会で内閣改造&党役員人事をあさって3日に行うことを表明した。共謀罪で追及を受けた金田法務大臣と加計学園問題で追及されたは、改造人事で交代する見通しとなっている。麻生財務大臣や菅官房長官は留任が有力。茂木政調会長や小野寺政調会長代理が重要閣僚として入閣する方向だ。止まらない支持率低下の歯止めとなるのだろうか。

2017年7月31日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
スタジオで推測が行われ、ゴゴスマ論客陣が推測した政治生命をかけた冒険。1つは共謀罪の廃案だ。共謀罪は支持率を大きく下げた理由の1つだから可能性としてはあると推測。そして最も推測されたのは北朝鮮への電撃訪問だった。元々安倍首相は拉致問題を小泉政権時代から担当していて、安倍首相が総理になるにあたって最重要の課題だった。しかし総理になってからは全く進展がないため、それを実現させるために田原さんは安倍首相に電撃訪問の話を持ちかけたのではないかと推測される。安倍首相が総理になって一番やりたかったのは憲法改正と拉致被害者の奪還で、この2つが安倍総理の政治生命をかけた戦いと言われていて、それを成さずにやめるのかということを田原さんは安倍総理に言ったんじゃないかと推測した。拉致被害者の奪還はこういうピンチの状態でしか出来ないことなんじゃないか。金正恩は今まで他国の首脳とは会っていないためもし安倍首相が会って、ミサイル問題を交渉するとなったら安倍総理は政治家として歴史に残る行為となる。そのため北朝鮮電撃訪問の可能性が非常に高いと推測される。

2017年7月31日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルゴゴイチ番ニュース
安倍内閣の支持率低下について、田原氏は30%をきる支持率について深刻だとのべ、自民党支持の人が安倍総理がダメだとしており、都議会議員選挙のようになる可能性はあるとのべた。加計問題、森友問題、都議選での大敗、稲田氏の日報問題などが支持率低下に関係していると解説。田原氏は共謀罪も問題だとのべ、大臣がまともに応えられないのは安倍総理は共謀罪をやる気はなかっただろうと持論をのべた。また安倍氏が傲慢になったとのべた。先週金曜日、安倍総理と会談を行った田原氏、稲田氏の辞任について話すことはなかったというが、田原氏は辞めさせられて良かったなどと話した。金慶珠さんはリーダーの資質は人を見極められるかどうかだとのべ、深刻さを感じるとし支持率は落ちているが安倍内閣自体に余裕があるように感じるなどとのべた。川村さんは無党派層が6割に達していることは自民党への批判だと考えられるとのべた。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.