[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「刑事告訴」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日
グッド!モーニング ニュースまとめ

私立認定こども園・わんずまざー保育園は定員46人の約1.5倍の68人を受け入れていたことが判明。給食は約40食しか用意せず。少量に分けて食べさせたり、食べ残しを冷凍し後日食べさせるなどしていた。保育園には年間約5000万円の公費が充てられていたが、県と市は認定を取り消し、公費の負担を打ち切る方針。園長は監査日に定員超えの園児を休ませたり、書類を偽装したりして隠蔽を図ったかとみられる。保育園は給付金を得るため保育士の人数を水増ししていたことも判明。市は刑事告訴を検討。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月13日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル追跡!真実の行方
浄円寺の近くには住職夫婦が暮らしていた庫裏があった。約1億5000万円で建て替える予定だったという。しかし、住職は檀家から預かった建て替え費用の金を横領した。彼は2月8日に寄付金780万円を寺と無関係の口座に振り込んだため業務上横領の疑いで逮捕され、約3778万円を横領したとして起訴された。2年半前に忽然と姿を消した被告だが奥さんに「東京に行ってくる」と伝えていた。長野県警は捜査員を東京に派遣し、被告が都内のATMで繰り返し現金を引き出していることを突き止めた。捜査関係者は長期間の張り込みで潜伏先を特定した。被告は周囲の住民に「世田谷から来た」などと話し、人目を避けるように暮らしていたそうだ。捜査員がコンビニに来た被告に名前を尋ね逮捕した。
元住職に寄付金を騙し取られたという檀家総代。8年前、被告は檀家に「立派な庫裏を建てて後継者を見つけたい」と依頼し、建築費1億5000万円を工面するため1軒当たり90万円以上の寄付を求めた。総代は「キツイ時代だから寄付なんて無理だよ」と言ったが「寺を存続させるため」と引き下がらず、結果的に寄付金約7000万円が集まった。被告は当初寄付金を管理していたが「ある程度集まったら寺の口座に移す」と約束していた。しかし、入金はなかった。当時被告から「俺を信用していないのか」と高飛車な態度を取られたため檀家は強くものを言えなかった。被告が失踪してから元住職の妻は「実は夫が行方不明なんです」と檀家に申告した。檀家が口座を確認すると寺の口座にあった7000万円が消えていた。夫は老人ホームに、息子は障がいがあるため施設に入所しているという94歳の檀家女性。約6年前から被告に財産の管理を任せていたという。女性は長野市内に約1800坪の土地を所有していたが、被告は土地を無断で転売し金を騙し取った。女性は「彼を神様・仏様のように思っていたが違った。憤りを感じます」と話した。被害総額は1億7000万円にも上り刑事告訴へ至った。
約28年前に住職になった被告。被告の父は税務署の所長を務めていたため、花店に勤務していた被告は修行をして先代の祖父から住職を受け継いだ。評判は良かったが、彼は檀家が90軒以下にまで減少した悩みを抱えていた。被告はJR高田馬場駅から徒歩10分の場所に位置するマンションに住んでいた。周囲の人々は「派手な生活をしているようには見えなかった」と話す。取材班は被告の妻を尋ねたが彼女は質問に答えなかった。被告は「口座から金を移したことは覚えているが詳しいことは覚えていない」と供述している。警察は金を騙し取られた檀家が他にもいると見て余罪を調査していく方針。

2017年4月13日放送 10:00 - 10:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
大阪に本社がある大手建設会社・竹中工務店が、大阪国税局から約1奥5000万円の申告漏れを指摘され、約4900万円を追徴課税されていたことが、関係者などへの取材でわかった。約1奥5000万円の申告漏れのうち、約4600万円は元社員の男性が下請け会社に水増し請求させて私的に流用していたとのことで、所得隠しに認定された。会社は元社員をすでに懲戒解雇し今後、刑事告訴を検討しているとのこと。この他、本来計上すべき決算期と異なる時期に工事収益を計上する経理ミスなどで、約1奥400万円の申告漏れがあった。追徴課税はすでに全額納付している。竹中工務店は“国税局の指摘に従い全額を納付しました 再発防止につとめたい”とコメントしている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.