[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「動脈硬化」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 20:00 - 22:48 テレビ東京
主治医が見つかる診療所 10歳若返るぞ!プロジェクト第5弾 糖と油を上手に摂って若返ろう!

老化の元凶AGEが引き起こす問題(1)は糖化が進むと10歳老けて見える。骨に溜まると骨粗しょう症のリスクUP。さらに動脈硬化につながり突然死リスクをあげる。体内のAGEの量は糖化年齢測定器で簡単に測定できる。今回はゲストの糖化年齢を測定、診断基準の1っとした。DJ KOOの糖化年齢89歳の原因は甘いものと驚きの原因。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 8:00 - 9:25 TBSサタデープラスくらしプラス
今回は都道府県別健康ピンキリランキング。腸は自律神経がコントロールしているため、便秘は今の時期こそ要注意で腸はストレスの影響を非常に受けやすく気温の変動の激しい今こそ便秘が起こりやすいという。便秘は心筋梗塞や脳梗塞を招く動脈硬化の要因にもなっているという。

2017年5月26日放送 19:00 - 19:57 フジテレビその原因、Xにあり!血管力アップで突然死を防げ!SP
今回は血管力アップ最強食材の検証のため、血管に不安を抱える芸能人の血管力を徹底検査。今回の検査で池谷敏郎が注目したのは「血管の強さ」「プラークという血管内のコブの有無」。プラークの検査で以上が見つかったのは岡まゆみと松崎しげる。プラークは傷がつくと傷を塞ごうと血栓ができ、その血栓が剥がれ細い血管を詰まらせることが問題。
「血管の強さ」の検査で異常が見つかったのは松崎しげる。血管内皮細胞とは血管の内側の壁にある細胞で、傷つくと血管が硬くもろくなり動脈硬化につながる。血管内皮機能の正常値は6.0以上だが松崎しげるは2.7だった。

2017年5月24日放送 21:00 - 21:54 フジテレビホンマでっか!?TV老けて見える人若く見える人
「甘い物ばかり食べている人は老けて見える」というハフィントン・ポストの情報。池田清彦によると、血糖値が高い人は約4歳年を取って見られる。血糖値が高い人は、外見が老けて見える。糖とたんぱく質が結びついたAGEが、動脈硬化を引き起こす。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビスゴ撮
水野秀哉さんは食用サボテンを普及させるためサボテンサークルを開設した。サボテンは糖尿病・動脈硬化・ダイエット効果も期待できる。水出大河さんと池田遼さんはてんとう虫型のロボットを作成した。高見キャスターがこれを作るとどれくらいかかるかと聞くと「部品の設計からゼロから行っているので、そこの勉強から」と話した。森島崇矢さんは東大水族館を運営している。魚の生態について熱く語った。栗田誠矢さんはオセロサークルに入っている。オセロは子供の遊びという印象が強いので、意外と奥が深いということを対戦して知ってもらいたいと話した。

2017年5月22日放送 19:00 - 20:57 TBS名医のTHE太鼓判!生活改善で余命は伸びるのか?
原西孝幸は余命24年、寿命70歳と診断された。原因は悪玉コレステロールが基準値を大きく超えていること、血中の脂が多い脂質異常症だった。食事メニューが偏っており、野菜魚はほとんど食べていない。将来的に動脈硬化が進み、致命的な病気になる可能性がある。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.