[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「メーク」 に関するテレビ情報

2017年4月14日放送 13:11 - 14:00 NHK総合
ごごナマ 助けて!きわめびと 助けて!きわめびと

中高年メークのきわめびとは浅香純子さん。浅香さんは中高年女性専門のメーク教室を主催しており、5年間で2万人の生徒にメーク術を教えている。そんな浅香さんのモットーは「40歳からのメークは”理論”でつくる」。今回はメーク術だけでなく、そのバックグラウンドになる知恵も紹介する。
浅香さんが”おばさんくさい”顔に見える原因を解説した。浅香さんいわく、”おばさんくさい”顔に見えるのは「配置老け」「シワ嫌い」「色白信仰」が主な原因だという。骨の変化やたるみにより、口元や目の周りが間延びした印象に。また、シワを消そうとファンデーションを厚塗するのもNG。時間が経つにつれてファンデーションがシワの溝に入り、逆に目立ってしまうという。更に、加齢によって段々肌が黄色くなってくるため、肌色に合ったメークが大切になってくる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月14日放送 13:55 - 15:20 テレビ朝日理系いたずらグランプリ!(理系いたずらグランプリ)
ある鏡を作った産業技術総合研究所中部センターに永野と住田萌乃が訪れた。山田先生の研究室に入れていただくと、永野は「下町ロケットみたい!」と興奮。鏡は一見どこにでもある普通のものだが、スイッチを入れると透明になる。ガラスにマグネシウムがコーティングされていて、水素に触れると透明になる。将来的にビルや自動車の窓ガラスへの応用を目指しているという。
2人が考えた理系いたずらは「鏡に映った顔が違う人物に」。ニセ番組の収録で芸能人を呼び出し、鏡を使ってメイクをしているとある人物の顔が出てくるというもの。最初に呼び出したのは変顔モデルとして話題のmirei。メイクさんを通じて永野の感想を聞いてみると、「勢いで笑わす系あんま好きじゃない」とのこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.