[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「北方領土問題」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:25 - 5:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア430

日露外相会談が行われ、岸田外相は、4月下旬に安倍総理がロシアを訪問し、首脳会談を行うことで一致したと述べた。日露2+2では、北朝鮮問題などの議論も行われた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月27日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
北方領土について、日本政府が領土問題解決の切り札と考えている「共同経済活動」は、今後の平和条約につなげようとの狙いがある。北方領土のビジネスチャンスとは。先週択捉島・国後島に日本のビザなし交流訪問団が向かった。択捉島に入るとプーチン大統領が進める計画に基づき開発が進んでいた。3年前には工事・建設の様子が見られたが、今回訪れると新たな空港が完成していた。空港は択捉島とサハリン間で定期便が運行されていた。島の生活向上はロシアの実効支配が強まっている証。国後島のスーパーには酒・缶詰が多く並ぶが、トマトなど生鮮食品の制度はあまり良くない上、カップラーメンの価格は日本国内の3倍以上の値段。共同経済活動で期待が集まるのは食の小売り。セイコーマートでは共同経済活動を使って自社製品を流通させようとの考えがあり、社長は先月官民調査団に加わり北方領土を視察した。島の意見では新鮮なものがほしいと言うものが多かったと言う。共同経済活動の足がかりに政府は、北海道と北方領土を結ぶ定期航路の開設を検討、来月下旬の協議で議題にする。セイコーマートは定期航路を活用して自社商品の販売を検討している。択捉島の行政担当者は共同経済活動に期待を寄せいているが、領土問題については「上の方に任せます」とコメント。領土問題が棚上げされればロシア側だけ利益が出るとの懸念もある。

2017年7月26日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
北方領土問題の解決の切り札と考えているのは、日本とロシアでの北方領土での共同経済活動だ。経済活動を通じて信頼関係を築き、領土問題を含む平和条約交渉の進展につなげたい狙いがある。そこで最新の北方領土情報を紹介する。
択捉島はプーチン大統領によって着々と開発が進んでいる。道路も整備されて電線も通っている。2014年には建設工事がされていたが、現在は新しい空港もある。生活インフラは一段落している様子だ。日本は人的な交流だけでなく、経済面でも北方領土との関係を深めたい考えだ。

2017年7月13日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
北方領土で待機児童が急増しているが、背景にはロシアの思惑があった。森元首相の誕生日を祝うことを兼ねてプーチン大統領は森氏を招待。北方領土問題については安倍首相と共に解決したいとしたが、返還について先行きが見通せていない。国後島を取材したところ、島のあちこちでベビーカーを押す母子の姿が見られた。島内のアリョンカ幼稚園には定員110人のところ150人の子どもを預かっている。待機児童増加の背景には「クリル発展計画」があり、2025年に人口2割位上の増加などを掲げており、保育料の減額などの優遇策を打ち出している。ここ5年で子どもの数は400人増えるなどしている。この人口増加は日本にとって、ロシアの実効支配の強化につながるもの。日本政府は北方領土での日露共同経済活動に向けた初の調査を先月行った。

2017年7月10日放送 13:00 - 13:05 NHK総合ニュース(ニュース)
ロシアを訪れている森元総理大臣はプーチン大統領と会談し、北方領土問題の解決を含む平和条約の締結を急ぐよう促したのに対し、プーチン大統領は「安倍総理大臣との間で解決したいという気持ちがさらに強まっている」と応じた。また、プーチン大統領は、先月悪天候のため中止になった北方領土の元島民による航空機を利用した初めての墓参について、ことし9月に実現できるよう最大限の努力をしたいと述べた。

2017年7月10日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(報道フロアニュース)
9日ロシア・エカテリンブルクで会談が行われた。プーチン大統領は森元首相の80歳の誕生日を祝うとともに北方領土問題を安倍首相とともに解決したいという意思を改めて表明した。ただ森氏は具体的な内容は明らかにしなかった。またプーチン大統領は7日にトランプ大統領を可能性持った大統領だなどと評価していたという。会談後はプーチン大統領自ら森氏を宿泊先のホテルまで見送った。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.