[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「北方領土問題」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:25 - 5:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア430

日露外相会談が行われ、岸田外相は、4月下旬に安倍総理がロシアを訪問し、首脳会談を行うことで一致したと述べた。日露2+2では、北朝鮮問題などの議論も行われた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNEWS
きのう日ロが約3ヶ月間ぶりに外務・防衛閣僚協議(2+2)など行い、来月下旬に日ロ首脳会談を行うことで一致。日ロ外相会談では、北方領土問題解決に向け共同経済活動の優先プロジェクト絞り込みと法的基盤の検討で議論を深めていくことを確認。また、日ロ2+2では北朝鮮に対し安保理決議の順守を強く求めることで一致。ラブロフ外相は「制裁は北朝鮮を処分する手段ではなく、対話に参加させる手段だ」と対話を重視する姿勢を示し日本との違いが明確に。

2017年3月21日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!ニュース430
岸田文雄外相はきのう夕方、東京の飯倉公館で会見を開き、およそ3年4か月ぶりに日本とロシアとの2+2(外務防衛閣僚会議)の内容について「特に北朝鮮の核・ミサイル問題について突っ込んだ議論を行いました」と説明した。会議ではこのほか、弾道ミサイル防衛システムに関し「ロシアに何らの影響を与えるものではない」と日本側がロシア側に説明、これに対しロシアのラブロフ外相は、アジア太平洋地域でのアメリカのミサイル防衛システムの展開の規模などについて「北朝鮮のミサイルの脅威と見合っていない」と懸念を示した。その上でラブロフ外相は、北朝鮮への制裁について「処罰ではなく対話に向かう手段」と述べるなど温度差もみられた。 また日本側は、北方領土を含む地域への新たな師団の配備などについて抗議を示したが、ショイグ国防総は「第三国に向けた作戦活動ではない」などと説明し、師団の配備先を明確にしなかった。協議に先立つ外相会談では、4月下旬に安倍首相がロシアを訪問し、プーチン大統領と会談することが確認された。

2017年3月20日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライトWBS News
岸田外務大臣はラブロフ外相と会談し、来月下旬に安倍総理がロシアを訪問しプーチン大統領と首脳会談を行うことで合意したと発表した。日・ロ両政府は北方領土での共同経済活動として漁業・観光・医療などの事業を検討しており、来月の首脳会談で具体化に向けた合意を目指す。終了後に日露外務防衛閣僚会議が開かれ、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し両国が協力して対応する方針で一致した。

2017年3月20日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
北朝鮮をめぐっては日本・ロシアの外務・防衛の閣僚協議でも話し合われ、北朝鮮に対し更なる挑発行動への自省を強く求め国連の場を含め緊密に連携していくことで一致した。また日・ロ両外相は来月下旬にロシアを訪れ、プーチン大統領と会談することを確認した。協議でラブロフ外相は「北朝鮮に対する配備だとすれば展開規模や地域での軍事力拡大が脅威に見合っていない」と懸念を示した。これに対し稲田大臣は「北朝鮮からの弾道ミサイルの脅威に対する純粋に防衛的な手段として整備しており、ロシアに何ら脅威を与えるものではない」と説明した。また北方領土を含む島々にロシア軍の師団を配備することについて「北方領土は日本固有の領土だという日本の立場と相いれない」と懸念を示したのに対しロシア側は、新たな師団を北方領土に配備するかどうかは明言しなかった。また稲田大臣は地対空ミサイルシステム「S400」などがロシアから中国に移転していることに懸念を伝えた。

2017年3月20日放送 20:54 - 21:00 フジテレビユアタイム クイック・あすの天気ユアタイム クイック
日本とロシアは3年4か月ぶりとなる外務防衛担当閣僚会議を行い、外相会談では来月下旬にロシアで首脳会談することで一致した。安倍首相の訪露に向けた北方領土問題解決に向けた協同経済活動の優先プロジェクト絞り込みなどの議論を深めることを確認した一方、北朝鮮問題についてはラブロフ外相が対話を重視する姿勢を示した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.