[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「北朝鮮」 に関するテレビ情報

2017年2月16日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日
報道ステーション (ニュース)

拓殖大学大学院の武貞秀士特任教授は金正男氏の殺害事件に驚き、「政治的野心はなく、金正恩体制に挑戦するような活動をしたわけでもない。良からぬことを企てているというイメージが独り歩きし、落命したことは気の毒に思う」と語った。同氏は朝鮮労働党の口座から資金を引き出すクレジットカードを持っているとされるが、叔父の張成沢氏、中国との関係が顕在化し、張成沢氏の処刑後はカードは使えなくなり、資金面で苦労していたという。生活のため新たな人脈を築く過程で北朝鮮の怒りを買うようなことがあり、今回の殺害に繋がった見方もあるという。一方で中国が金正男氏を政治的に利用しようと保護下においていたことについて、武貞教授は全くの誤報と指摘した。
後藤謙次氏は日本政府は中国の動向を注視しているが、中国は今回の事件について一過性のことだと終わらせる見方があると伝えた。武貞秀士特任教授も後藤氏の見解に首肯し、中国が北朝鮮に対して厳しい姿勢をとることは外交面でデメリットがあると語った。金正男氏は中朝関係で重要な役割を果たしてきたわけではないため。なお、海外の脱北者団体が金正男氏を担ぎ上げ、現体制を打倒するための活動を海外でやろうとし始め、韓国政府は金正恩体制は崩壊間際だとして、国内にいる北朝鮮のVIPを取り込もうとする動きがあったという。北朝鮮はこの搦手は困ったとして、今回の殺害に至ったとみられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月23日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
今月19日、北朝鮮は米軍を攻撃するシミュレーション動画を公開。きのう、北朝鮮は東側沿岸地域の元山付近からミサイルに1発を発射した。韓国国防省によると発射直後に空中爆発し発射は失敗したとみられている。先週土曜日にも新型ロケットエンジンの発射実験を行った北朝鮮。今年に入り挑発行為をエスカレートさせている。ウォール・ストリート・ジャーナル紙は今月2日、トランプ政権が北朝鮮の政権転覆や武力行使を視野に入れいていると報じている。専門家はきのうのミサイル発射についてICBMを撃った可能性がある。ムスダン、SLBMなどの新型ミサイルは失敗しても何度も発射を繰り返し成功させてきた。今回の発射には新型ロケットエンジンが使われたのではと指摘。米軍が先制攻撃をするタイミングは北朝鮮がアメリカ本土に到達する大陸間弾道ミサイルの技術を手にしたと判断した時だという。米韓合同軍事演習が行われていて最新鋭の装備が朝鮮半島に集結している。今年の春に大きな動きがあるのではと強く懸念していると話した。
きのう米軍は”死の白鳥”と呼ばれるB-1B爆撃機の演習を公開した。通常の核爆弾や巡航ミサイルを搭載できるうえ、電子妨害装置を持ち敵のレーダーや防空網を無力化することができる。北朝鮮はB-1Bを名指しし脅威ではないと強気の姿勢を見せている。米韓作戦計画には北朝鮮の軍事関連施設700か所を攻撃することが計画されている。ことし2月、アメリカの北朝鮮研究サイトは北朝鮮のシンポ港の様子を捉えていた。弾道ミサイルを発射できる潜水艦があると指摘している。おととい、巡航ミサイルトマホークを搭載した米軍の潜水艦が朝鮮半島周辺に配備されたとの報道もある。

2017年3月23日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(今朝のニュースヘッドライン)
北朝鮮はきのう東部からミサイル1発を発射したが数秒後に爆発し失敗した。現在行われている米韓合同演習などをけん制する狙いとみられている。

2017年3月22日放送 23:00 - 0:10 TBSNEWS23(ニュース)
韓国国防省によるときょう午前、北朝鮮がミサイル一発の発射を試みたが失敗したとみられている。相次ぐミサイル発射の背景には、米韓合同軍事演習に対する反発が考えられる。中国外務省は、北朝鮮が核やミサイル開発を一時的に停止する代わりに米韓も軍事演習を停止すべきだと双方に自制を求めた。

2017年3月22日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
韓国国防省とアメリカ太平洋軍は、北朝鮮が今朝、東部のウォンサン(元山)付近からミサイル1発を発射したものの失敗したと見られると発表した。北朝鮮はICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発を進めているのではとの見方も示されていた。こうした中、米韓首席代表が会談し、ICBM発射の前兆の可能性があるとの認識で一致。菅官房長官は「最大限の高度な監視体制を常に持って緊張感を持ってあたっている」と述べ、中国外務省・華春蛍報道官は「朝鮮半島はすでにかなりの緊張状態。一触即発とも形容できる」と述べた。
朝鮮中央テレビはきょう、最高人民会議をピョンヤンで来月11日に開催すると報じた。来月11日は最高指導者就任から5年、さらに15日はキム・イルソン主席生誕105年を迎え、25日は北朝鮮軍創設85年になる。米韓合同軍事演習が続く中、重要な節目を迎える。河野憲治は、北朝鮮が予告通りICBMを発射実験を強行すると、トランプ政権も強行な対応策を打つと思うので気が抜けない状態だと話した。

2017年3月22日放送 19:00 - 23:18 フジテレビFNSうたの春まつり(番組宣伝)
ユアタイムの番組宣伝。北朝鮮、ミサイル発射も失敗?

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.