[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「北朝鮮」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月28日放送 23:00 - 23:59 日本テレビNEWS ZEROPICK UP
米国務省は27日、各国の人身売買に関する報告書を公表、中国を最低ランクに引き下げた。理由については、北朝鮮からの強制労働などに真剣に取り組んでいないためだとした。日本については、援助交際などを問題視した。

2017年6月28日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(ニュース)
ティラーソン国務長官は北朝鮮について、「国民を海外で強制労働させて核やミサイル開発資金を稼いでいる」と指摘した上で、北朝鮮の強制労働車の主な受け入れ先として中国を名指しし対応を求めた。報告書で中国の評価を北朝鮮やシリアと並ぶ最低ランクに位置づけたと説明した。トランプ政権は北朝鮮への対応で中国との連携を重視してきた。今回の格下げで中国の反発は確実な情勢。

2017年6月28日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
北朝鮮の反米教育について。立川志らくは、日本も戦前同じようなことをやっていた、ちゃんとした民主主義が根付くような時代が来るといいですねなどとコメント。田中里沙は、いつでも被害に遭うのは善良な市民などと話した。また、八代英輝は、学校の先生がインターネットに投稿できるんですね、外からの情報も入ってくるのではと思いますねなどとした。

2017年6月28日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
北朝鮮ミサイル資金に!?“隠れ蓑”ビジネス実態

2017年6月28日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
“アメリカを地球上から消し去る”と声を揃えるのは、平壌市民たち。行進する彼らのプラカードに書かれているのは「米帝は平和の破壊者」「アメリカはテロの総本山」。北朝鮮は、1950年に朝鮮戦争が勃発した6月25日を「反米闘争の日」と位置づけ、大勢の市民を動員した大規模な集会を行っている。反米思想教育を強化している金正恩党委員長。園児にまで及ぶ北朝鮮の反米教育とは?
今月行われた幼稚園の運動会。障害物走をする子供の手に握られたのは、おもちゃの銃。幼稚園児が、アメリカ兵に見立てた人形を思い切り殴りつけ、コースの折り返し地点では、ミサイルの模型に点火する仕掛けも。過去には、オバマと書かれた的に向かって、弓矢を打つ競技まで。さらに可愛い踊りを踊りながら、園児たちが歌う反米ソングは、幼稚園の教師が制作し、インターネットに投稿したという。また、国営メディアでは、平和を乱す大きなトラに、小さなハリネズミが立ち向かう子供向けアニメが流れ、「小さいながらも核の力を持つ北朝鮮が、強大なアメリカを懲らしめる」という意味が込められているという。あすからは、米韓首脳会談が行われ、来週にはアメリカの独立記念日も迫っている。反米思想を強固にする北朝鮮は、さらなる軍事挑発に踏み切る可能性はあるのか?

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.