[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「北朝鮮」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ 新聞トップ記事 徹底比較

北朝鮮がミサイルを発射。朝刊は全紙が1面で報じ、うち4紙がトップとなった。見出しを紹介、毎日新聞は「北朝鮮 高度2000キロミサイル 30分飛行 新型の可能性」。読売新聞は「北ミサイル発射 新型か」。「文大統領 強く糾弾」と韓国の対応も報じた。産経新聞も同じく「北ミサイル発射 新型か」。韓国の対応については「対話」はや窮地と分析した。朝日新聞は「北朝鮮が弾道ミサイル 高度2千キロ超、成功か」。朝日新聞だけ新型ミサイルとの見方を報じなかった。
北朝鮮のミサイル発射は、高度2000キロ以上に達してから800キロ先に落ちており、去年6月の「ムスダン」のそれぞれ約2倍。角度を変えると4500キロから6000キロ先に飛ばせるとみられる(毎日新聞)。アメリカは各国に制裁の徹底を呼びかけたが、自国への直接の脅威とはせず強硬手段はとらない方針(朝日新聞)。中国では「一帯一路」の国際会議初日で、習主席のメンツがつぶされた形に(同)。スタジオからは、習主席は自ら非難の声明も発表していると紹介した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月22日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
米韓軍事演習に対して朝鮮人民軍は「演習による責任はわれわれとの軍事的対決を選択したアメリカが全面的に負うことになる。事態の重大性をさらに増大させている」と警告した。ハイテン戦略軍司令官らは挑発を続ける北朝鮮を牽制した。

2017年8月22日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
米韓合同軍事演習は2日目。北朝鮮は反発を強めている。演習では、朝鮮半島有事の際に作戦を指揮するハリス司令官と、アメリカの核戦力を受け持つハイテン司令官がソウル入り。ミサイル防衛を担当するグリーブズ局長も、近々ソウルにやって来る予定だという。3人が揃って韓国に入り、演習を視察するのは異例のこと。また今回の軍事演習は、コンピューターシミュレーションによる指揮命令系統の確認などに重点を置き、作戦計画5015という北朝鮮の体制崩壊を想定した作戦の訓練も行われるという。金正恩氏を標的とする斬首作戦も含まれている。米韓合同軍事は31日まで続けられる。

2017年8月22日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
バノン氏の解任における胸の内について、出演者はバノン氏が政権幹部のスキャンダルなどの情報入手している可能性を挙げ、彼自身のニュースサイトで暴露し政権に打撃を加えるかもしれない。ロシア疑惑などもあるなかで今後どうなるか心配などと述べた。なぜ北朝鮮問題のある中でのバノン氏更迭なのかについて、一番大事な時に内輪もめしている場合ではない。北朝鮮が勢いづいてしまうのではないかと心配と意見が出ると、バノン氏は北朝鮮対策で軍事介入反対の立場だったことを挙げトーンを下げた人物だった。トランプ政権が先制攻撃する可能性について風間氏は被害状況は軍部が熟知しているので軍事攻撃はそう簡単ではないなどと述べた。

2017年8月22日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
談話ではきのうから始まった米韓合同軍事演習に合わせて、アメリカ太平洋軍司令官などが韓国を訪れていることに言及し、”戦争の謀議を繰り広げている”と非難した。その上で、”アメリカは正しい選択をせよという我々の警告を無視して軍事的な挑発をしかけてきた以上、わが軍の無慈悲な報復と容赦ない懲罰を免れない。破局的な結果に対する責任は全てアメリカが負うことになる”として演習への対抗措置も辞さない姿勢であることを強調した。北朝鮮は今月25日に、金正日総書記が軍事優先の政治を始めたとされる先軍節を迎え、去年はその前日にSLBMを発射しており、北朝鮮が合同軍事演習を口実に追加の軍事的挑発に出る可能性も予想される。

2017年8月22日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
昨日始まった米韓合同軍事演習を受け、国家安全保障会議を開いた韓国の文在寅大統領。米韓合同軍事演習は防衛目的で、北朝鮮の核・ミサイル開発は対話での解決を呼びかけている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.