[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「北海道日本ハムファイターズ」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 1:05 - 1:35 フジテレビ
村上信五とスポーツの神様たち (村上信五とスポーツの神様たち)

「スポーツお祓いスペシャル」にサッカー界代表として浦和レッドダイヤモンズの槙野智章、野球界を代表して北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士が登場、プレゼンターとして岡田圭右らに加え、お祓い役に坊さんであり芸人の石田芳道が出演。
「スポーツお祓いスペシャル」1つ目にヒデが「大失敗に終わったレフェリーとの駆け引き」と題して2016年6月18日に行われたFC東京VSアルビレックス新潟で秋元陽太がレフェリーに抗議している最中にゲームが再スタートし得点されたシーンを紹介した。一方で野球界ではピッチャーの肩を作るために時間を稼ぐ駆け引きがあるなどと杉谷が語った。
「スポーツお祓いスペシャル」2つ目に藤田が「泡となって消えたスタートダッシュ」と題して本来HR打者ではない鈴木大地が一時期ホームランラッシュでホームラン王の座についたがために昨シーズンは冴えない成績で追えてしまったなどと紹介した。また杉谷は自身が戦線離脱した際にチームメイトたちが励ましのメッセージを送ってくれた中で大谷翔平が怪我した打球の練習をしてくるようにとメッセージしてきたがギャグであったなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」3つ目に黒田が「カップに嫌われ続けた惨劇」と題してアーニー・エルスがマスターズ・トーナメントにおいてあるホールにて3打目でピンそば60cmまで寄せるも5度もカップに嫌われ、翌日にも同じ状況となったなどと紹介した。また杉谷は糸井嘉男が投手としてチーム移籍したがファーボールを連発している時にコーチに投げ方を忘れたと告白したなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」4つ目に岡田が「前代未聞の負の連鎖」と題してオリックスVS西武でモレルの悪送球から様々な選手がミスを連発したなどと紹介した。また杉谷は大谷が投げるときには試合が緊迫する傾向にあり打球が来ないことを祈っているなどと語った。

URL: http://www.fighters.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月23日放送 0:15 - 1:05 TBSS☆1(侍ジャパン特集)
今年1月、ハワイで合宿を行う日本ハム・中田翔に密着した。90スイングで柵越え25本と状態は良さそうだが、中田は「40発は柵越えを打ちたい。ミスショットが多い」と冷静に分析する。昨シーズンは自身2度目の打点王に輝き、チームを日本一に導いた中田。しかし、打ち損じの多さに苦しみ、打率は.250と低迷していた。迎えたハワイ自主トレでは、多くの選手が複数人で行う中、中田は「いろんな選手との差を広げられる、縮められる期間」と、単独で行っていた。成長するために中田が取り組んだのがフォームの改造だ。ヒントは動画サイトで見たオルティスのフォームだ。体1つ分、前に移動する中田に比べ、メジャー屈指のスラッガーのフォームは、頭の位置がほとんど変わらずコマのように回転していた。そこで重点を置いたのが下半身の強化。トレーナーは指導8年目になるケビン山崎さんが務め、ケビンさんを含むトレーナー3人分の滞在費は全て中田自身が負担している。朝から7時間、徹底的に体をいじめ抜く中田。時には「いいなぁゴルフ」と本音を漏らしつつも、食事制限も徹底して行う。その結果、体重はベストに近づき筋肉量が増えた。ここまで自分を追い込むのは、準決勝敗退となった前回のWBCでの悔しさにある。日本の4番を背負うことに、中田は「ゴウ(筒香嘉智)とか、4番にふさわしいと思う。シーズン中も結果は気になるし、良い目標」と語る。その言葉の影には、悔しさと「4番」へのこだわりが垣間見えた。

2017年1月20日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアスポーツ紙イッキ みせ
日本ハムの栗山英樹監督が昨日、都内にある三原脩さんのお墓参りをした。歴代2位の監督通算1687勝をあげ、魔術師の異名を取った三原さんを尊敬してやまない栗山監督は、大谷選手を1番ピッチャーで指名させたり、先発打者から抑えのマウンドへといった三原氏に負けないようなマジックを今年も繰り出し、連続日本一に輝くことを誓っていた。(スポーツニッポン)

2017年1月20日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVEスポタメ
プロ野球、日本ハムの大谷翔平が千葉・鎌ヶ谷市での自主トレを公開。今季の目標を聞かれ、投手として27試合の出場などを挙げた。

2017年1月19日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(スポーツニュース)
日本ハム・新入団選手とJRA競馬学校騎手課程生徒の交流会が行われた。ドラフト5位の高山優希投手が乗馬体験をし、木幡育也騎手がイチローのフォームを再現しバッティングを披露した。

2017年1月19日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(スポーツニュース)
日本球界最速の大谷翔平は165km、規定回数に達しないながら、ストレート空振り率は11.2%となっている。和田毅は先発部門1位10.7%、昨シーズンは最多勝と最高勝率に2冠を得た。田中大貴が和田を取材。和田のMAXは147kmだが、和田は「若い頃は速球派と言っていたが、今は違う」とした。5年前にトミー・ジョン手術を受けて、2014年にメジャー初勝利。2016年に日本球界復帰、先発部門で空振り率1位を獲得した。同学年の杉内俊哉は「刺激になる、今でもあいつのストレートは日本一だ」と話した。
パ・リーグ首位打者のロッテ・角中勝也は和田のストレートはホップするので変化球と見ていると話した。ストレートの回転数(1分間換算)はダルビッシュは2005回、和田は2206回、田中将大1895回で回転数が多いため、空気抵抗を受けにくい。中田翔は「差し込んでくるような感じ」とし、中村剛也は「スピードガンより速く感じる」とした。和田は個人タイトルは取れたが、日本ハムを見て優勝したいと思ったとした。和田はシーズン終盤、左肘違和感で登録抹消。さらに和田は大谷に1番多く打たれていた。ソフトバンクは大谷を止めなければ優勝がない。和田はポイントで抑えるようにしたいとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.