TVでた蔵トップ >> キーワード

「千と千尋の神隠し」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 1:35 - 2:05 テレビ東京
車あるんですけど…? (車あるんですけど…?)

松井さんらが車を借りて外国人留学生に日本を案内。松井さんらは外国人留学生とともに花火を楽しんだ。ロジッタさんによるとリトアニアではお正月にお祝いの打ち上げ花火をするぐらいで、手持ちタイプの花火は見たことがないという。案内役の齋藤さんが「花火は夏が来たなと感じる風物詩なんだよ」と説明した。
松井さんらは神奈川・横浜市から魚市場がある茨城・土浦市へ移動。その車中、好きな日本のアニメの話題で盛り上がった。ジブリ映画は世界で大人気で、留学生の口から「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」など多くのジブリ作品のタイトル名が出た。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月16日放送 10:25 - 11:30 日本テレビPON!永野におシェーて~!
神木隆之介は2歳から芸能活動をしており、現在24歳で芸歴22年。永野と同じ。神木隆之介が声優を務めた映画「サマーウォーズ」。細田守監督初の長編オリジナル作品が明後日の金曜ロードSHOW!で放送される。さらに神木隆之介は現在大ヒット公開中の映画「メアリと魔女の花」でピーター役を演じている。これまで数々のヒット作で声の仕事をしてきた神木隆之介に永野がどうしても言いたいことがあるということで「金曜ロードSHOW!でジュラシック・ワールドでアフレコデビューしました。今後声の仕事がある時のためにアドバイスしていい?」「いちばん大事なのは距離感。朗読してるわけじゃないから、声の仕事だからって声だけだと思ったら大違いです」と話し、神木隆之介に「本当に大事だと思います」「画面って平面。物語の中にはちゃんと奥行きがある」と言われた。神木隆之介の初告白は「高校の時におこづかい制で金欠だった時があって、学食に行って100円でご飯を持ちながら同級生の山田涼介・知念侑李・中島裕翔・中村隼人・野村周平に“おかずちょうだい”って言った」などと話した。

2017年8月15日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
中国の映画「戦狼2」は7月27日に公開され、8月15日には興行収入約766億円を記録し歴代1位に躍り出た。千と千尋の神隠しの興行収入が約308億円であることからもヒットの規模の大きさがわかる。監督・主演はジャッキー・チェンの跡継ぎとも言われる呉京で、人民日報は「全世界に向けて中国式スーパーヒーローの姿を示した」と報じている。「ランボー」の主人公が元米陸軍特殊部隊員でベトナム軍を相手に米兵捕虜を救うのに対して、「戦狼2」の主人公は元中国軍特殊部隊員でアフリカの反政府軍を相手に中国人を救う。「戦狼2」のテーマは「中国人を殺す者は皆敵だ」「軍服を脱いだとしても責任感は残っている」というもので、愛国心に加えて軍人の責任感をも映画に託している。中国軍人は中国人にとってのヒーローで、今年は中国人民解放軍創設90執念の節目だ。国民に軍を支持する機運が高まっていることもこの映画のヒットの理由である。敵はアフリカの反政府軍だが白人の傭兵を演じているのはアメリカ人俳優だ。ネットでは「強い中国を愛する」「教育的な意義もある」「勇猛な軍隊を持っているので敵にしない方が良い」などの意見が散見され9割以上の人々が肯定的に捉えている。中国は映画大国で映画市場はアメリカに次ぐ2位の年間約7900億円だ。国内には約4万スクリーンあり(日本は約3500)、去年は1日平均27スクリーン増加した。観客の平均年齢は21.5歳だ。中国にとって都合のいい映画が増えていくかもしれない、と出演者らは意見した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.