[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「千代田区(東京)」 に関するテレビ情報

2017年3月15日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! NNN NEWS ZIP!

ソフトバンクグループの孫正義社長が、サルマン国王と対談し、ソフトバンクがサウジアラビアなどと作る10兆円規模のファンドを通じて、IoTなど最先端技術の分野に投資していくことを確認したと説明する。またサルマン国王にアラビア語で挨拶できるヒト型ロボット「ペッパー」を贈るとのこと。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月24日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 科学・文化・トレンド)
東京都千代田区で、政府は発電所や鉄道を狙ったサイバー攻撃に備え、人材育成研修センターを発足。研修センターでは、企業から80人が送られ、最新のサイバー攻撃の分析や実践的プログラムに取り組む。海外では、発電所や製鉄所などサイバー攻撃被害が相次いでいる。

2017年4月24日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(WBSニュース)
日本生命のオフィスで働くロボット社員・日生ロボ美の実力を取材した。ロボ美の担当業務のひとつは住所変更。以前は社員が手作業で入力し、印刷して別の社員がチェックしていた。ロボ美はこの作業を1件30秒で完了。人間の10倍速でミスはない。日本生命では新規契約や請求書データ入力など、16業務にロボット6台を活用している。人間の代わりに機械が事務作業をする仕組みはRPA=Robotic Process Automationと呼ばれる。最近では地方の中小企業もRPAに注目している。
RPAテクノロジーズの大石さんは広島へ出張。介護施設の給食事業などを手がけるみどりグループがRPAの導入を検討している。ロボットに任せるのは食材の発注書を作る作業。RPAを利用することによって、手作業で4時間ほどかかっていた作業が24秒で完了した。単純な事務作業以外にもRPAの活用は広がっている。AIを活用したコールセンターなどもある。

2017年4月24日放送 20:45 - 21:00 NHK総合首都圏ニュース845(ニュース)
憲法記念日を前に憲法制定過程が分かる貴重な資料を集めた特別展が国立公文書館で開かれている。この特別展は5月7日まで開かれていると報じた。

2017年4月24日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク東京BOX
国立公文書館では日本国憲法の特別展が開かれている。60点ある展示資料の中でも多くの注目を集めているのが原本である。原本は普段は温度や湿度が管理された地下倉庫で厳重に保管されているが、今回は特別に公開されている。昭和天皇の御名・御璽の他当時の閣僚の文字が並んでいる。来場者からは身近に感じたと話した。大きく取り上げられているのが国会で憲法草案が審議された当時担当大臣だった金森徳次郎である。1300以上国会で答弁したとされ、その際の到底問答が書かれた原稿が展示されている。更に金森が使ったとされる辞書も見ることができる。特別展は来月7日まで開かれる。

2017年4月24日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト5時のクリニック
川崎市にあるゆりかご幼稚園で副園長を務める73歳の荒井さんは、パソコンを使う会計処理が主な仕事。去年左目が白内障と診断された。目が見えづらいため書類作成も時間がかかる。荒井さんは都内にある東京歯科大学水道橋病院で治療を受けることにした。まず目の状態検査、この日は水晶体の様子を検査する。荒井さんの左目は中心部分が濁っている。白内障は目の中のレンズの役割の水晶体が白く濁る病気。光が通らなくなり目が見えにくくなる。主な原因は加齢、紫外線、喫煙、糖尿病などと言われている。気付かないうちに進行し失明することもある。
荒井さんの治療が始まる。使うのはフェムトセカンドレーザー装置と呼ばれるもの。照射口から1000兆分の1秒間レーザーを連続して照射し水晶体を切断する。これまでの治療はメスで角膜を切り水晶体を砕いて取っていたが、フェムトセカンドレーザー治療では角膜を切らずに水晶体を切り刻み、直径2ミリの穴から吸い取る。治療ではまず目の部分だけ麻酔をする。レーザー照射口に目を合わせ、眼球の形を計測しレーザーの照射位置を決める。2秒ほどで水晶体をさいの目に細かく切り、次に医師の手で細かくなった水晶体を小さな穴から吸い出す。用意した直径約6ミリの多焦点レンズと呼ばれるアクリル製レンズは近視・遠視・老眼も改善できる。これを目の中に埋め込む。折りたたんだ人口レンズを先ほどの穴から目に挿入。レンズは目の中で自然に広がっていく。治療は約10分で終了、痛みもあまりない。眼帯も使わず術後すぐ退室。フェムトセカンドレーザー治療費は保険適用外で約60万円。日帰りで受けられる。宮島教授は、手術時間が短くなるし安全性も高くなるなどと話した。
治療から2日後、荒井さんは仕事に復帰していた。荒井さんは、見え方がまるっきり違う、明るい気持ちになるなどと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.