[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「厚生労働委員会」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

高須クリニックの高須院長は、民進党・大西健介衆院議員が当クリニックのCMを陳腐だと述べた事などについて提訴した。高須院長は、大西議員の「美容外科の強引な勧誘や誇大広告の事例」についての発言にも反論した。高須院長は、悪徳美容外科の代表だと思われるのは不本意だと述べた。高須院長は1000万円の損害賠償と新聞への謝罪文掲載を求めて東京地裁に提訴した。これについて大西議員は、不快な思いをされたとしたらおわび申し上げたいと謝罪している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月19日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.きょうコレ
高須クリニックの院長が衆議院厚生労働委員会でクリニックの名誉を傷つけられたとして民進党の大西健介議員らを提訴した。訴えによると民進党の大西健介議員は美容外科の誇大広告などの問題にふれ「テレビCMも陳腐なものが多く、皆さんよくご存知の『イエス◯◯』とクリニック名を連呼するだけのCMとか」などと発言した。院長は大西健介議員と蓮舫代表らに対し1000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求め東京地裁に提訴した。大西議員は「質問野中では具体的なクリニック名は出しておらず、党の顧問弁護士と相談し対応していきたい」としている。院長は「僕の方に正義があるので絶対に勝ちます」と宣言している。

2017年5月19日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
おととい衆議院の厚生労働委員会にて大西健介議員が自身のフェイスブックで美容医療の広告や勧誘に関して指摘。”まずエステで釣った客を提携の美容医院に流して高額な契約をさせる事例。つぎに問題として取り上げたのは名前と電話番号だけを連呼する派手なテレビCMを放映しているクリニックがフリーペーパーに掲載している広告は違反表示の見本市状態であることを実例を示して取り上げた”としている。実際に国会で大西議員は「医療分野においては、原則広告は禁止になっていて、限定的な事項しか広告することが認められていない。だからCMも陳腐なものが多い。例えばイエス~~!とクリニック名を連呼するだけのCMとか若い女性が0120で始まる電話番号・クリニックの名前を言いながらゴロゴロ転がっているCMをみたことがあると思う。こうしたクリニックの名前を連呼するだけの広告というのは患者が医療機関や治療方法を選択する上で有用なものではないと思う、こういう広告は非常に陳腐だと思うが」と発言していた。この大西議員の“陳腐CM”発言に対して高須クリニックの院長は遺憾の意を表し提訴するとしている。
高須クリニックが今回出した訴状の内容は、被告を大西議員、蓮舫代表、民進党、国としていおり、請求は損害賠償1000万円、毎日新聞の全国版朝刊社会面に謝罪文を一回掲載。原因は大西議員による名誉毀損行為、蓮舫代表及び民進党の責任。国の責任としている。高須クリニックの院長は取材に対し、陳腐だと言われたのが一番かちんと来た。イエス~~クリニックが悪い美容外科の代表みたいな流れになっている。大西議員の発言だが頭の代表として、蓮舫代表がOKしたもので責任をとる義務がある。さらにそれを許した党にも国にも責任がある国まで訴える気はなかったが仕方がない。この訴状は通用するかについて、亀井弁護士は「国会議員の場合は憲法51条と国家賠償法の趣旨によって、議員個人が責任を問われることはない。責任を問おうとすると国しか無いが今回のケースは勝訴の可能性は相当低い」とコメントしている。今日午後1時半ごろに大西議員は実は高須クリニックに対して「高須クリニックがきちんとしているという認識はあり、そういうところですら、名前と連絡先しか連呼できないCMを打っている現状を訴えたかった陳腐という表現で誤解を与えてしまい申し訳ない」といった謝罪コメントを発表した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.