[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「吉本興業」 に関するテレビ情報

2017年3月15日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! SHOWBIZ 24

ロッテのガムの新作発表会に米倉涼子と後藤淳平が登場した。理想の上司について聞くと、米倉は「フランクにしてくれたら尊敬しちゃう」、後藤は「9割厳しい1割優しいが理想。米倉さんに上司になってもらいたい」と答えた。

URL: http://www.yoshimoto.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 21:55 - 22:52 フジテレビダウンタウンなう本音でハシゴ酒 in白金台
1軒目のレストランで話を聞くのはママタレとして人気の木下優樹菜。2007年に三愛水着イメージガールとしてデビューした木下は、「クイズ!ヘキサゴンII」でおバカキャラとして大ブレイク。その番組で共演したFUJIWARAのフジモンと2010年に結婚した。現在、夫婦生活を投稿したインスタグラムのフォロワー数は約400万。女性が憧れる理想の夫婦の代表になったという。今回は、そんな木下が家庭の問題を赤裸々告白する。
1軒目は、結婚式場が併設されたレストラン「ザ・ハウス白金」。番組最後のキーワードで6月24日から8月31日まで生ビール1杯プレゼントの情報が伝えられた。この店で、坂上が選んだメニュー「和牛・プレミアム三元豚・軍鶏の盛り合わせ」を食べながら語り合う。夫・フジモンの先輩である松本とは家族ぐるみの付き合いがあるという木下。南明奈よりも芸歴は下で、“ユッキーナ”という愛称も「南の“アッキーナ”からパクった」と明かし、さらに人をグーで殴ったこともあると告白した。
木下から結婚7年目の愚痴を聞く。まずは坂上が、夫・藤本敏史や2人の娘といった家族構成やお互いの呼び名について紹介。そんな木下の家庭では3つのルールがあり、まずは1つ目「子供の学校探しは旦那」について話す。夫婦は4歳になる長女・莉々奈のお受験問題に直面していて、私立へ進学させたい藤本と意見が分かれているという。こうした悩みを相談されることが多いという浜田は、近所に渡辺徹・榊原郁恵夫妻が住んでいて、渡辺の勧めで学校を見学して決めたと明かす。さらに、妻に「父親が入れたいという気持ちが強くないとダメ」と言われて熱心に学校へ赴き、学校側へ意思表示したとも話した。一方、木下はママ友など相談相手がいないため藤本に任せることにしたが、藤本は「同じ方向に向かっていかないなら無理」などと熱く、教育パパぶりを発揮しているという。
木下の家庭内ルール2つ目は「家事は分担しない」。夫・藤本が得意な家事もあり、それは排水溝の汚い部分とゴミ出しだと話す木下。結婚前、藤本に「汚い部分は汚い顔の俺がやるから安心しな」と言われて結婚を意識したという。一方、夫・藤本は木下に対して「疲れて帰ってきた時に顔を見て『口臭そう』と言われる。ねぎらいの言葉がほしい」と訴えた。そんな木下に対して坂上は「裏表がなさそう」とする一方、南明奈は「腹が真っ黒」というイメージを抱いていると明かす。南は、交際4年になるよゐこ濱口との生活について話した。
木下の家庭内ルール3つ目は「旦那のスケジュールは全把握」。一般の主婦も半数以上が夫の予定を把握しているようだが、木下夫婦の場合はフジモン担当のマネージャーから木下のもとにもスケジュールが送られてくるシステムになっている。木下は、それは共働きの生活に支障を出さないための策であり、女関係を疑ってのことではないと主張するが、「女遊びもしてるんじゃないか」と話す。だが、松本は「フジモンはやってない。めっちゃ(嫁を)ビビってるもん」とフォローした。そんな木下は、フジモンのマネージャーへの愚痴を告白。連絡忘れや間違いなどで休みに突然呼び出しがあることが多いと不満を漏らした。松本は、マネージャーが抱える担当タレントが多すぎるという所属事務所・吉本の体質について説明した。同じ芸人のよゐこ濱口と交際中の南は、濱口の優しさを感じるエピソードを語るが、結婚の予定はないという。
9年来の親友・青山テルマが超恥ずかしいエピソードを暴露する。

2017年6月23日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング週刊!検索HOTワードニュース Presented by ライオン
オモロー山下の記者転身についてスタジオトーク。中西さんはオモロー山下さんについて「能力の限界で芸人をやめて吉本興業の社員になる」などとコメントした。宮迫さんもオモロー山下さんについて「社員にはなれずピンになってネタをやってみたら面白くなかった」などとコメントした。それで芸能リポーターを目指すようになったという。

2017年6月19日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(WBSニュース)
スタジオでは、じゃがいも不足で販売を休止していたカルビーの商品が2か月ぶりに北日本や東日本で販売再開されたと紹介。一方、8月生産分をもって東日本での販売を終了すると発表した明治「カール」は、品薄状態となるなど余波が続いている。ツイッターにはカールについての書き込みが多く投稿され、フリマアプリ「メルカリ」には、店では約100円の商品が約300円から出品されていた。今回の反響を受け、販売中止撤回の可能性はないのか尋ねたが、明治は「撤回することはない」とした。スーパーマーケット「アキダイ 関町本店」の秋葉弘道社長は、他のロングセラーの菓子との違いについて「カールのイメージは子どもの食べる物。時代の流れが変わってミスマッチになってきたのでは」と話した。
阪急うめだ本店の菓子売り場では、12年に“高級ポッキー”として販売を開始した「バトンドール」が販売されている。パッケージには「グリコ」のロゴや「ポッキー」という文字はないが、これも百貨店向けの戦略だという。こうした新商品開発やマーケティングを行っているのがポッキー企画グループだ。他社のチョコレート菓子を食べて市場の動向を探り、「危機感はいつもある。進化し続けなくてはいけない」と語る田中国男ポッキーブランドマネージャー。ポッキーは世代別の商品開発を行っていて、売上は90年代にピークを迎え、一時落ち込んだが、2010年から右肩上がりになっている。そして、明日には「ポッキー カラフルシャワー」を発売。冷やして食べてもらおうという新たな食べ方の提案もしていた。
スタジオでは、様々な工夫が施されたロングセラー商品を紹介。1984年発売のコアラのマーチは、よしもと芸人コラボ商品を去年から展開している。続いて、1933年発売の「ビスコ」は、1パック5枚入りと小分けにして若い女性からの支持を獲得している。さらに、1959年発売のベビースターラーメンは新キャラクターに変更された。各社はいかに購入層を広げるかに知恵を搾っているという。

2017年6月16日放送 19:00 - 19:56 TBS爆報!THE フライデーがんと闘う芸能人家族
この日、大島康徳は息子・雅斗さんと将来について語り合うことに。雅斗さんはよしもとに入って3年目、息子をずっと見守り助けてあげられないとの心配を口にした。そして、30歳で売れなければ即引退との約束をした。
大島家族は溜め込んでいた感情を吐き出す寄り添いノートを作っている。不安を書き出す作業はストレス軽減に有効な手段として病院でも採用、このノートのおかげで心にゆとりを持つことができた。はじまりは雅斗さんの提案、その事を最近になって知ったという大島は「あらためて家族っていいなと思う」とコメントした。大島はこれからも家族と支え合いながらがんと闘っていく。

2017年6月16日放送 3:10 - 3:40 フジテレビ佳代子の部屋〜真夜中のゲーム会議〜(佳代子の部屋~真夜中のゲーム会議~)
ゲストのタガタメ芸人の3人を紹介する。チーモンチョウチュウの菊地は芸歴17年目のアラフォー芸人。THE MANZAI 2013ではファイナリストに残った実力派。ピン芸人の西島永悟は、元エリートヤンキーのボケ担当だったが、2015年に解散。今はタガタメ好きが高じて、タガタメ公式ニコ生のMCを務めたことも。LLRの福田は結成16年のアラフォー芸人。ネタには定評があるが、受賞歴は今のところ特にない。そんな3人が夜のよしもと東京本部に集まった。仕事の打ち合わせかと思いきや、アラフォー3人はタガタメをするために集まっという。なぜ、よしもとの会議室なのかという質問には「スマホでやると小さいのでテレビに映せるように、よしもと本社の事務所を借りてます」と語り、スタジオの秋山は「借りるな」と突っ込んだ。同期には友近、ムーディー勝山、とにかく明るい安村がいるが大丈夫なのか?という質問には「大丈夫です。あいつらタガタメ知らないんで」と語り、西島の同期にはハリセンボンがいるが、「ネタ作るくらいだったらタガタメやろうかって思う」と語り、秋山から「作れネタを!」と突っ込まれていた。そんな3人のプレイヤーレベルは全員とも100位超えで、このあとも深夜4時までプレイしていたという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.