[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ナショナルトレーニングセンター」 に関するテレビ情報

2017年1月9日放送 0:25 - 1:25 日本テレビ
Going! Sports&News (新成人 憧れのスポーツ選手SP)

第9位は内村航平。1月2日、日本体操界初のプロ選手としてナショナルトレーニングセンターでトレーニングをおこなった内村は、31歳での東京オリンピックでメダルを目指す。

住所: 東京都北区西が丘3-15-1

URL: http://www.ntc.naash.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月19日放送 11:15 - 11:45 フジテレビミライ☆モンスター(ミライ☆モンスター)
張本くんの普段の生活が紹介。現在、張本くんは味の素ナショナルトレーニングセンターで暮らしている。この施設はオリンピックや国際大会で活躍できる選手を育成、専用トレーニング場や宿泊施設などを完備していて、日本代表に選ばれたトップアスリートのみが使用できると説明。張本くんもJOCエリートアカデミー 卓球競技に所属…中学1年生から高校3年生まで男子6名、女子5名が寮で生活をしている。更に世界に目を向けようと英会話やアンチドーピング教育などを実施していると紹介。早速、練習に密着すると丹羽孝希選手22歳や吉村真晴選手23歳の姿も確認…ここで張本くんが5月に行われる世界選手権の日本代表9名に選出されていると発表。中学1年生ながらメダリストと同じ練習をしている。また練習では意外なトレーニング法も取り入れられていると紹介。1つ目はスピードスケート選手がトレーニングで使う「スライドボード」。日本代表 ストレングス&コンディショニングコーチの田中礼人コーチ33歳は「下半身の使い方を良くするためのトレーニングです」と説明。2つ目は、短距離ランナーが使うダッシュを鍛えるトレーニング。田中コーチは「フットワークとか1発の強さは、地面をどれだけ強く蹴れるか…蹴る事を覚えるのがテーマです」と説明。
張本君の1年の成長について日本代表ジュニアナショナルチーム監督 田勢邦史監督35歳は「まず1つは、体が大きくなって成長した事です。チキータの技術と種類が増え威力が増しました」とコメント。ここでチキータについて説明…バナナの種類「チキータバナナ」で卓球では強烈な横回転をかけバナナの様に球を曲げる変化球をさすと説明。更に種類について田勢監督は「横回転で曲がるのと、速いチキータ、手前に落ちるチキータが出来ます」と説明した。
田勢監督が張本くんの克服させたい弱点について、「動かされるんです…男子の場合はテクニックだけでは勝てない。動いてパワーもつけなきゃ得点はできないんです。13歳なので動く範囲が小さいので、もっと大きく動かして弱点を突かれるんです」と指摘した。技術についてはトップクラスだが大人の卓球についていく為のフィジカルトレーニングに力を入れていると紹介。ここで練習終わりの私生活に密着しようとするも私生活の取材は一切NGと回答…食生活だけでもと張本くんに食事のイラストを書いて貰った。基本はバイキング形式の中、張本くんが今朝食べたのは「ご飯にトースト、サラダにみかん、肉団子と味噌汁」と明かされた。また食べたものは写真に撮り栄養士に送り、栄養面でのアドバイスが貰えると紹介。
アスリートとしては完璧な環境で暮らしているが素顔は、まだ13歳の中学生。親も友達もいない1人暮らしは寂しくないか質問…張本くんは「小学校の友達と会えないのは寂しいです。洗濯は自分でやってなかったので最初は入れるだけなんですけど大変でした」とコメント。ここでスタッフから「お母さんの料理とか食べたくない?」と質問されると張本くんは「食べたいですね」と明かした。ここでスタッフは仙台に住むお母さん 凌さん44歳を訪問…お母さんも「寂しいですね…電話は約束したから毎日、寝る前に電話はします。ここで、お母さんが大切にしている宝物が公開…それは、張本くんが小学校時代に描いた一枚の絵だった。そこには作品名「オリンピック優勝」で表彰台に立つ張本くんの姿があった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.