[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「GDP」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:55 - 0:25 NHK総合
時論公論 (時論公論スペシャル)

アベノミクスについては「GDPの伸びが期待できないと言ってたら544兆円まで伸びた。雇用は増え、賃金も上昇し、企業の経常利益も史上空前となっている。アベノミクスが手詰まりになっている感じは全然ない」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月22日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論“TPP11”の行方は
アメリカの離脱が決まっているTPP。ただアメリカを除いた11カ国でTPPを発行する動きがある。そこでTPP11の背景とゴールについて伝える。TPP11はアメリカが抜けても大きい水準だ。またアメリカ抜きでも日本のGDPを押し上げる効果もあり、高いレベルの自由化合意だ。さらにアメリカとの二国間交渉を前にTPP11を結んでおけば、それが防波堤にもなる。
TPP11については積極派と消極派と様子見派がいる。ニュージーランド、オーストラリア、日本は積極派。カナダやメキシコのNAFTA入っている国は様子見派。ベトナムやマレーシアは消極派だ。交渉ではアメリカを利用することを考えられる。アメリカとの二国間交渉はどの国も不利なのでTPP11でそれが防波堤になる。またアメリカ復帰を待つという側面もあると伝えた。さらに日本はTPP11を利用してRCEPの自由化レベルを引き上げたい狙いもあると伝えた。TPP11はレベルの高い自由化の土台を作るという重い意味があると伝えた。

2017年5月22日放送 22:00 - 22:54 テレビ東京日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜シリーズ中国異変!カラクリか本物か?中国経済の真相
スタジオトークで、元SHN48の宮澤佐江を紹介。現在、中国にはBEJ48などが乱立している。勝手に作っているので問題になっている。後藤康浩は「中国は今は知財問題を改善しつつある」と解説。瀋陽の「怪坂」を紹介、登っているように見えるが、実際は下っている。中国経済も同じように錯覚かもしれないとした。中国はGDP目標は6.5%だが、1-3月期は6.9%だった。ジョナサン・ソーブルはハードランディングを避けているが、民間や家庭に金を貸しているので金融機関の種となっていると指摘。

2017年5月21日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
政府は、国・地方を合わせた基礎的財政収支を2020年までに黒字化する財政健全化を目標とした。しかし内閣府の試算では、名目3%程度の経済成長が続いても2020年度に8兆3000億円程度の赤字になる見込み。政府内からも目標達成は困難だという見方も。安倍首相は、少子高齢化が進む中経済成長を持続するには生産性向上が不可欠だとして、来月をめどに策定する「骨太の方針」に人材への投資にむけた具体的施策を盛り込む考えを示した。高等教育の無償化なども推し進めたい考え。政府はGDPに対する債務残高の割合をみる指標に着目し、新たな目標を掲げる方向で検討。ただ、「財政再建の取り組みを後退させる」との指摘も予想されるため、当面は今の目標を堅持しつつ来年度までに新たな目標を打ち出す方向で調整する見込み。

2017年5月21日放送 5:00 - 5:15 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
政府は、国と地方をあわせた基礎的財政収支を2020年までに黒字化する目標を掲げた。しかし内閣府の試算では、名目3%程度の経済成長が続いても2020年度に8兆3000億円程度の赤字となり、政府内からも目標達成は困難とみられている。そんな中、GDPに対する債務残高の割合をみる指標に着目し、新たな目標を掲げる方向で検討を始めた。ただ、その場合財政再建の取り組みを後退させるとの指摘が出ることも予想されるため、当面は今の目標を堅持しつつ来年度までに新たな目標を打ち出す方向で調整する。

2017年5月20日放送 5:30 - 6:15 TBS上田晋也のサタデージャーナル(第7号 狙いは?背景は? 急速に進む「働き方改革」)
GDPランキングで日本は2000年まで世界2位で、現在でも3位。一方で労働力は減っているという統計がある。龍崎孝は男女雇用機会均等法が晩婚化を生み出し、労働者派遣法が非正規雇用の増加や働き方の変化を生んだことが影響していると解説し、今求められているのは一億総活躍より「一億総動員」が大事だと語った。経沢香保子は「生産性が高まったまま、GDPを維持できたら納税金額は理論上はそれほどかわらないはず」と語った。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.