[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「GDP」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 6:15 TBS
上田晋也のサタデージャーナル (第7号 狙いは?背景は? 急速に進む「働き方改革」)

GDPランキングで日本は2000年まで世界2位で、現在でも3位。一方で労働力は減っているという統計がある。龍崎孝は男女雇用機会均等法が晩婚化を生み出し、労働者派遣法が非正規雇用の増加や働き方の変化を生んだことが影響していると解説し、今求められているのは一億総活躍より「一億総動員」が大事だと語った。経沢香保子は「生産性が高まったまま、GDPを維持できたら納税金額は理論上はそれほどかわらないはず」と語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
サミットでの懸案は貿易面。G7で溝が生まれる可能性がある。安倍総理が橋渡し役を買って出るという。トランプ大統領がサミットの参加国が今の7か国でいいのかと投げかける可能性もある。G7の影響力の低下という問題がある。G7のGDPは縮小している。サミットは1973年にフランスで、会合が開かれたのがはじまりだ。ロシアが参加しG8になったが、クリミア侵攻をきっかけに、ロシアを排除し、再びG7となった。トランプ政権は、イスラム国の壊滅や、北朝鮮情勢をめぐり、ロシア・中国との連携を重視している。ホワイトハウスの高官は、ロシアや中国抜きのG7が生産的なものか、サミットに出席して考えると語っている。トランプ大統領はG7の枠組みを揺るがすことになるのか。

2017年5月26日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
25日、トランプ大統領が始めて出席したNATO首脳会議。NATOの加盟各国はGDPに占める国防費の割合を2%以上に引き上げるよう求めているが、トランプ大統領は加盟28か国のうち23カ国はいまだに負担をしていない、アメリカの納税者にとって不公平と述べた。また、トランプ大統領が記念撮影の前に行ったモンテネグロのマルコビッチ首相を手でおしのけるように前に出た行為に対してネット上で「あまりにも失礼だ」、「こんなところでアメリカ・ファーストか」など批判の声が挙がった。また、EUのトゥスク大統領はトランプ大統領との会談後「対ロシア政策で共通の立場にあるとの100%の確信はない。」と懸念を述べた。G7は日本時間午後8時からシチリア島で開催されるとのことだが、他の出席国からは困惑の声も聞こえているとのこと。

2017年5月26日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(マーケット情報)
HIS決算など26日の主な予定を伝えた。

2017年5月26日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト日刊モーサテジャーナル
ウォール・ストリート・ジャーナルやニューヨーク・タイムズが注目しているのはムーディーズ発表の中国国債の格下げについて、その背景を分析。中国の家計・政府・金融機関企業の債務についてGDPに対する割合を表したグラフでは、年々増加しているが特に濃い青が示す金融機関以外の企業による債務が多くなっている。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ゾンビ企業が増加し、企業債務の対GDP比が164%にニューヨーク・タイムズによると、債務残高の試算にはシャドーバンキング含まれず。実情より少なく見積もられている可能性も。

2017年5月26日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNEWS
ヨーロッパなどを外遊中のアメリカのトランプ大統領は25日、フランスのマクロン大統領と初めて会談した。両首脳はマンチェスターでの自爆テロを受けて、テロ対策が重要だとの認識で一致した。マクロン大統領は「気候変動やエネルギー問題も重要な課題」と訴え、パリ協定の見直しを検討しているトランプ大統領を牽制した。この後開催されたNATO北大西洋条約機構の首脳会議では、トランプ大統領は”加盟国がGDP比2%以上の国防費を負担すべき”だと訴えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.