[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「国立科学博物館」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 2:30 - 4:00 TBS
カイモノラボ (告知)

2月19日(日)まで国立科学博物館で開催している「特別展 世界遺産 ラスコー展」の告知。

住所: 東京都台東区上野公園7-20

URL: http://www.kahaku.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月28日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
北海道・むかわ町で、ハドロサウルス科の恐竜の全身骨格が発見された。全長は8メートル。町の名をとって「むかわ竜」と名付けられた。発掘を指揮した北海道大学の小林快次准教授は、「これは間違いなく古生物学史上、恐竜の研究史上、歴史的な発見」と話す。NHKでは本格的な発掘が始まる前の平成24年から調査に密着してきた。地殻変動が多い日本では化石はバラバラになってしまい、全身が見つかることは滅多にない。むかわ竜は集団で暮らし、植物を食べていたと考えられる。全身骨格の発掘は国内2例目。状態もよく、世界的にみても貴重とのこと。
実は近年、日本では重要な化石の発見が相次ぎ、様々な恐竜がかっ歩していたことがわかってきている。平成27年には長崎市でティラノサウルスの仲間の歯が発見された。なぜ今になって驚きの発見が相次いでいるのか。国立科学博物館の真鍋真センター長は、「(日本は恐竜の)図鑑・本・教科書とか世界的に見ても充実している。恐竜が好きだ、関心がある、というのが実際に学問を励ましている。恐竜をもっと勉強したい人が増えてきて、恐竜の専門家になるという人も出てきて、うまいサイクルができていると思う」と話す。

2017年4月20日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(ニュース)
地球史上最強生物・ティラノサウルスについて、草食恐竜のトリケラトプスに近いという説が発表された。恐竜は鳥型とトカゲ型に分類されるが、ケンブリッジ大の研究チームはティラノサウルスについて、草食の鳥型の可能性があると発表。国立科学博物館の真鍋真センター長は初期は雑食だった可能性があり、仮説が正しければ、レイアウトなどを変える必要があるとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.