[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「FIFA」 に関するテレビ情報

2017年1月10日放送 23:30 - 0:25 フジテレビ
ユアタイム〜あなたの時間〜 (スポーツニュース)

国際サッカー連盟は20206年のワールドカップから出場チーム数を現行の32から48に拡大する事を決定した。

URL: http://www.fifa.com/‎

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月20日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング朝刊全紙見出しまとめ
FIFA技術部門のトップが、オフサイドの廃止や延長線の廃止などサッカーの現行ルールを劇的に変える改革案を通信社などに明かした。(スポーツニッポン)

2017年1月20日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアスポーツ紙イッキ みせ
サッカーのルールが劇的に変わる可能性が浮上している。FIFAの技術部門の責任者で元オランダ代表のファンバステン氏が取材に対し、ルール改定の思案の披露。オフサイドの廃止や前後半制から4クォーター制への変更、10分間の一時退場を命じるオレンジカードの導入などを挙げたという。(スポーツニッポン)

2017年1月15日放送 22:00 - 23:15 フジテレビMr.サンデー(ニュース)
露・モスクワの高級ホテルでの破廉恥な様子を録画するなど、トランプ次期大統領の弱みをロシアが握ったとするメモは、去年8月ごろから米政界・マスコミの間に出回っていた。しかし裏が取れないため多くのメディアが公表に二の足を踏んでいた。このメモを書いたのは英・ロンドンで情報コンサルタント会社を経営するクリストファー・スティール氏だという。彼はMI6の元職員で、FIFAの汚職に関する情報をFBIに提供した人物だという。共和党の反トランプ勢力がスティール氏に調査を依頼し、メモを作成。現在はロシアの報復を恐れて雲隠れしているとみられる。このメモは米・情報機関によって2ページに要約され、オバマ大統領・トランプ氏に報告されたという。国家情報長官のジェームズ・クラッパー氏は、メモの真偽について判断を保留していると声明を発表した。
今回の問題は、一国のリーダーがこれほどまでに感情的でいいのか、ということ。ブッシュ大統領(当時)はバグダッドで会見の時、靴を投げつけられたことがあるが感情的にはならなかった。フランスのオランド大統領は不倫疑惑について記者に聞かれたときも、穏やかに切り替えした。トランプ氏に近い印象を受けるのはイタリアのベルルスコーニ元首相で、2008年に大統領就任間近だったオバマ大統領について「よく日焼けしている」と言い放ち、褒め言葉だと言い放った御仁。 

2017年1月14日放送 1:40 - 2:10 TBSスーパーサッカー(W杯)
2026年度大会から、ワールドカップへの出場チーム数が32から48に増えることについて話題にした。その理由としては、放映権料や入場料などで約742億円の収益アップとなるということだそうだ。しかし、この決定には賛否両論があり、賛成派からは、はワールドカップへ出場しやすくなること、サッカー新興国への人気拡大などの意見があげられ、反対派からは、大会の質の低下やホスト国の負担増などを心配する意見があげられた。また、大会方式も変わる。スタジオの鈴木は、「僕はポジティブに受け止めている。出場することに意義がある大会だし、日本にとっても上に行けるチャンスがあるんじゃないかな」と語った。

2017年1月13日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVEスポタメ
FIFA・国際サッカー連盟は2026年大会から48チームに拡大することを理事会で決定した。帰国した日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「少しでも枠が増えて出やすくなっていくことは日本にとってはありがたいこと」とコメントした。2014年ブラジルW杯で、アジアの出場枠は4.5だったが、7に拡大した場合はウズベキスタンやヨルダンが初出場のチャンスとなっていた。田島会長は日本はフランス大会に初出場し発展したので、サッカー界の発展につながるとした。何枠になるかはこれから議論が始まるが、より多く獲りたいとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.