[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「国連本部」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

URL: http://unic.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月22日放送 10:00 - 10:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルだとして発射実験を実施したことについて、ロシアの国連代表部が21日、安全保障理事会のメンバー国に書簡を送り、発射したのはICBMではなく中距離ミサイルだと主張していたことがわかり、安保理が一致した行動をとることがより難しくなっている。

2017年7月22日放送 8:15 - 9:30 NHK総合週刊 ニュース深読み(ニュース)
ニューヨーク国連本部で岸田外相とレセプションに参加したピコ太郎は貧困や格差解消など目指し、国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)を披露。

2017年7月22日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
国連の平和維持活動中に戦闘行為があったとする陸上自衛隊の日報を防衛相が隠ぺいしていた問題について、今週稲田防衛相が隠ぺいを把握していたのではないかという疑惑が浮上した。2011年2月の衆議院予算委員会で一川防衛相(当時)らに質問する映像。質問から6年・・・防衛相となった稲田朋美氏。記者会見で辞任について質問されると、しっかりとなすべきことをやっていきたいと話した。来月3日の内閣改造では交代が確実視されているが、改造前の辞任を求める声も高まっている。

2017年7月21日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!600あさチャンNEWS
国連で行われている水と災害特別会合で皇太子さまのビデオメッセージが流れた。20日、ニューヨークで行われているこの会合は災害がテーマということでメッセージとして皇太子さまが日本の対応などを話していた。そして視察したという武田信玄が建設した堤防なども紹介したといい、皇太子さまはこれまでも2回こうした公演をしていたという。

2017年7月21日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
ニューヨークの国連本部で20日に開かれた会議は世界各国の防災担当者や有識者が水災害の現状や防災対策について話し合うもので、水災害などの研究に取り組む皇太子さまはこれまでの2回の会議に出席し、公演しているが今回は開会式に英語でビデオメッセージを送られた。この中で皇太子さまは戦国武将の武田信玄が川の氾濫を防ぐために築いたという信玄堤を紹介された。皇太子さまは信玄堤自然の地形を利用し水の流れを分散させ、洪水を防ぐ仕組みになっていることを説明し「人と自然を調和させる姿勢が印象的」と話されている。過去の経験や技術を活かし、水問題を解決することが貧困の撲滅や地域の安定に寄与するとして「様々な水問題解決にむけ歩みを続けていきたい」などと話された。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.