[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「国連」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 20:57 - 22:00 TBS
中居正広の金曜日のスマイルたちへ (ダウン症の天才書道家 金澤翔子の一人暮らし)

書道家・金澤翔子さんはダウン症でありながら、母・泰子さんと二人三脚で才能を磨き日本を代表する書家への成長した。金スマが翔子さんに出会ったのは6年前の2011年、それからずっと追い続けてきた。2017年春、彼女に大きな転機が訪れていた。その始まりは2015年のニューヨーク、翔子さんが29歳の頃だった。彼女は国連本部で開かれたシンポジウムにダウン症の希望として招待され、世界中を驚かすスピーチをした。このスピーチで30歳になったら自立して一人暮らしをする事を宣言した。日本ダウン症協会の玉井さんによると、ダウン症の人が完全に一人暮らしをするのは非常に大変なことで聞いたことがないという。
2015年6月12日、翔子さんは30歳の誕生日を迎え1人ぐらしに挑戦する歳がやってきた。さっそく母・泰子さんと物件探しを開始、もともと一人暮らしをしたいと言い出したのは翔子さん23歳の頃だった。一人暮らしをするうえで火は危険なのでIHが絶対条件、セキュリティがしっかりしている事も大切な条件となる。選んだ物件は周りの街頭が明るく安全、実家から徒歩5分という立地も安全材料だった。こうして契約書に自らサイン、荷物も台車を使い自分で運搬した。実家で過ごす最後の夜、翔子さんは母にサプライズとして手紙を読んだ。

URL: http://unic.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月21日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!はや見せ! 朝刊一面チェック
ロシアが北朝鮮への石油輸出が前年に比べ倍増している事が判明した(産経新聞)。龍崎氏はこの数字は氷山の一角で中国が50万トン、ロシアが30万トンほど北朝鮮へ石油が輸出しているといわれている。

2017年8月21日放送 0:00 - 0:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
アフガニスタンの北部サレプル州にある村が反政府武装勢力“タリバン”の襲撃を受けた事件。36人が死亡し、このうち18人が女性・お年寄り・子どもであったことが分かった。目撃者情報などから、過激派組織ISの地域組織も今回の襲撃に関わっていた可能性もあるという。国連の事務総長特別代表は、「露骨に民間人を狙ったものだ」と非難した。治安が悪化しているアフガニスタンでは、国連によると今年1月~半年間で1662人の民間人が死亡している。

2017年8月19日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
アメリカのペンス副大統領が今月16日、中南米諸国に北朝鮮との外構と貿易の関係をすべて断つよう呼びかけたことについて、北朝鮮は外務省の報道官が今日談話を発表し、敵視政策が乱暴な内政干渉だとトランプ政権を非難した。また北朝鮮外務省は別の報道官談話で、国連のグテーレス事務総長が核・ミサイル開発を非難したとして、無知の表れなどと批判するなど圧力に反発を強めた。

2017年8月19日放送 17:30 - 18:50 TBS報道特集特集 / 北のミサイルに悩む国際社会
特集は、北朝鮮のミサイル開発と国際社会。暴走する北朝鮮を止めるために注目されているのは、国際連合による制裁。今週15日ぶりに動静が伝えられた北朝鮮の金正恩党委員長。北朝鮮はグアムへのミサイル発射計画を巡り、アメリカを挑発する言動を繰り返してきたが、金委員長は、アメリカの行動をもう少し見守ると伝えられている。米朝の緊張は一旦、緩和したように見えるが、来週には 米韓合同軍事演習が予定されており、日本国内では、もしもの時に備えた準備が進んでいる。そんな中、今月5日、国連で安全保障理事会で決議された北朝鮮への制裁決議への影響が出始めている。中朝国境では、海産物を積んだトラックが立ち往生するなどの混乱が生じている。古川氏が、今回の制裁で注目するのは、出稼ぎ労働者の問題だという。北朝鮮人は、極めて安い労働力でまじめに長時間働くので、かなり強いニーズがあるからこそ、世界中に受け入れる企業があったと話した。

2017年8月19日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日週刊ニュースリーダー(今週のニュース! 気になる人物トップ10)
日米の外務・防衛担当の会議「2プラス2」が開かれ北朝鮮問題などへの対応で協力、強化を確認した。共同文書ではアメリカの核の傘による日本の防衛や、北朝鮮への圧力強化、中国に厳しい措置を促すことなどを盛り込んだ。共同記者会見ではマティス国防長官はグアムに発射した場合「即座に撃ち落とす」と明言した。一方、北朝鮮では14日、婦人団体の集会が行われていた。翌日の15日、祖国解放記念日となっている北朝鮮。平壌市内には金正恩委員長を称える看板が溢れた。朝鮮中央テレビよると金正恩委員長は軍司令部を視察し、作戦を協議したという。その時の様子を伝える写真には戦略軍火力打撃計画というタイトルの図面や、モニターにはアンダーセン空軍基地が映されていた。弾道ミサイル計画に金正恩委員長は「党中央の命令を待っているとの戦略軍司令官の報告を聞き、火星砲兵たちの気勢が並大抵ではない。戦闘準備態勢と士気が天を衝く姿を見て新たな決意を固めることになる。とても満足」と述べた。発射の時期については「愚かで間抜けなアメリカ野郎の行動をもう少し見守る」としている。そんななか、北朝鮮にとって最大の貿易相手の中国は、石炭や鉄鉱石・水産物などの輸入を全面的に禁止すると発表した。一方、トランプ大統領は14日、インドのモディ首相と電話会談し、北朝鮮について「北朝鮮がアメリカ市民に危害を加えたなら軍事的解決に訴える」と強調。ところが16日にはツイッターで「金正恩はよく考え抜いたとても賢い決断をした。別の決断をしていたら受け入れがたい事態になっていただろう」と、一時保留する考えを示唆したことを指しているとみられている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.