[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「埼玉スタジアム」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京
SPORTS ウォッチャー (特集)

浦和の強さを象徴するパスサッカーにはホームスタジアムに隠された秘密があった。昨季、4回目のJリーグベストピッチ賞を受賞した埼玉スタジアム。ロシアW杯予選も国内全試合が埼玉スタジアムで行われた。2001年の完成以来芝を管理する輪嶋さんは、芝を22mmで刈り、ヨーロッパの強豪クラブも22~23mmで刈っているという。球足が早くパスを回しやすいため、パスサッカーを支える秘訣は芝の長さにあった。埼玉スタジアムでは世界トップレベルのスタジアムと同じ冬芝を採用し、地下水を夏は冷水、冬は温水にするシステムを採用している。さらに日陰・日向を計算し温度を調整している。

住所: 埼玉県さいたま市緑区大字中野田500

URL: http://www.stadium2002.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月11日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(スポーツニュース)
浦和レッズの新戦力が埼スタに集結した。J2岡山から復帰した矢島はワンタッチプレーを得意とし、浦和のパスサッカーを進化させるべく気合十分である。

2017年1月10日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!SPORTS
全国高校サッカー選手権の決勝で青森山田と前橋育英が対戦した。試合は青森山田が序盤から高い決定力を見せつけ5-0で悲願の初優勝を成し遂げた。
スタジオに青森山田高等学校が登場した。初の優勝を受けて、黒田監督は「感無量です」とコメントした。続いて「今大会のMVPは自分だ」という質問に対して、全員が×を上げた。今回得点王だった鳴海選手は筋肉がすごいとのことで、TAKAHIROさんに「1人ラグビー選手がいるのかと思った」と言われた。また、川島海荷さんはスタジアムで観戦したとのことで「緊張しませんでしたか?」と質問すると、「優勝するという気持ちを忘れないできたので、自信を持って試合に臨んだ」と答えた。チーム1の津軽弁だという佐々木選手は、優勝の喜びを津軽弁で語った。

2017年1月10日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング熱戦まとめ グッド!スポーツ
全国高校サッカー選手権決勝は、青森山田と前橋育英が対戦。青森山田は前半キックオフで、キーパー以外10人がハーフウェイラインに並ぶという奇策を仕掛けた。作戦は、失点こそ免れたものの失敗に終わった。前半23分、青森山田・高橋壱晟が先制すると、前半アディショナルタイムに嵯峨理久が2点を上げた。後半12分には鳴海彰人が3点目を入れると、C・ロナウドのポーズを披露し、その2分後に今大会6点目を奪った。その後1点を追加した青森山田が5-0と前橋育英を完封、出場22回目で悲願の初優勝を果たした。鳴海は得点王に輝いた。
スタジオトーク。青森山田・鳴海彰人は夏のインターハイと今大会と、ダブル得点王と、角澤アナが伝えた。坪井アナが、きのう、番組の特集で紹介したお母さんも喜んでいるだろう、大好物の餃子で祝勝会をやってほしいと話し、新井恵理那が鳴海の進路について、プロではなく強豪・仙台大学に進学予定と伝えた。里崎智也は、自分も大学からプロに行ったので、大学に行ったからこそ能力がアップすることもあるので今後も期待したいとコメント。

2017年1月10日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVEスポタメ
全国高校サッカーの決勝戦で青森山田と前橋育英が対戦した。青森山田が先制点を決め、さらに追加点を次々と決めて5-0で勝利。創部47年目の悲願の初優勝となった。

2017年1月10日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!スポーツ紙一面チェック!
全国高校サッカー選手権決勝戦青森山田vs前橋育英がおこなわれた。青森山田が5-0で勝利。選手権初V。同校の鳴海彰人が大会通算9ゴールで得点王に輝いた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.