TVでた蔵トップ >> キーワード

「埼玉県」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日
週刊ニュースリーダー ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝

富士そばの創業者・丹道夫さんを城島茂が取材。富士そばは、東京・埼玉・神奈川で120店舗ある。富士そばの正式名称は「名代(なだい)富士そば」で、名代とは名高い・評判が高いという意味。富士山のように日本一を目指すために名づけられた。メニューは1店舗で30~40種類くらい。たぬきそばやきつねそばなどメニューは定番化しがちだが、富士そばの強みは各店舗ごとに行われている独自のメニュー開発。商品化されたメニューは実に数百種類。根強いファンもおり、今年には「愛しの富士そば」という本まで発売された。毎月15%のメニューを入れ替えており、従業員のアイデアはすべて商品化している。そんな丹会長のこだわりが思わぬヒット商品を生み出す。渋谷 下田ビル店限定の「ネギタそば」は現在大ヒット中の新メニューで、ラー油で味付けした辛みネギとたぬきそばの揚げ玉を組み合わせたもの。城島は「大西君が好きそう」と言いながら試食。「めちゃくちゃ美味い」とコメントした。メニュー開発を任せ従業員のモチベーションを上げている丹会長は、従業員の生活も大事にしており、賞与は年2回、交通費も支給し、食事も付く。アルバイト従業員にもボーナスや退職金を支給している。その裏側には、母から学んだ「ある教え」が隠されていた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月24日放送 11:05 - 11:54 NHK総合ひるまえほっと(各地の話題)
今日は「さいたま」から。昨日盛り上がった甲子園優勝を遂げた花咲徳栄では在校生や卒業生およそ400名が大型スクリーンで試合を観戦したりJR浦和駅などで新聞の号外が配られるなど埼玉県内は祝福ムードでした。花咲徳栄の野球部の皆さんは埼玉県に戻って今日の午後5時ごろから学校でが行われる予定です。今日は川越市の話題で昨年は700万人を超える観光客が訪れた。町の人は伝統を守りながら新しいことに挑戦している。都心から電車で一時間の川越市。市街地に広がるのは蔵造りの町並みで黒い漆喰の蔵が町並みに30軒を連ねる。神社・仏閣も楽しめ四季折々の味わいがある。蔵造りは明治時代の日本橋で流行したものを参考にしている。菓子屋横丁では東京で起きた火事の後に多くの菓子が移ってきて通りとなった。菓子屋横丁会の浜野友久会長は「昔ながらの味わいが魅力」だと言う。手作り飴のお店では作っているのが軒先から観られる。この雰囲気が今時の子供からは新鮮に写る。少し先へ行くと幾分新しい町並み。きっかけは一昨年に発生した火災。4つの店が全焼するなど大きな被害となった。あれから2年を経てすべての店が再開した。カルメ焼きの店もかつてと変わらない賑わいでした。中には店を畳もうと考えた人もいた。火災で残ったのは店の看板だけ、意気消沈した火災直後は店の再開を考えられなかった。そんな店主・長井さんを支えたのは周りの励ましでした。地元の小学校や自治会から義援金も寄せられ再開に漕ぎ着けました。千羽鶴や手紙を送ってくれて「頑張って下さい」などの言葉が添えられていたという。長い歴史と人々の思いが積み重なった川越。この街で若者の活況を呼び込もうと取り組んでいる方がいます。中国人留学生の王さんと生まれも育ちも川越の毛利さんら2人が作成した縁結びマップ。川越をPRしたいという市の呼びかけに応じて作ったのが観光パンフレットでした。古い町並みを昔ながらの服装で楽しんでもらうためパンフレットでは浴衣や着物をレンタル出来るお店を紹介している。まず案内してもらったのは王さんオススメのお寺で830年に創建された喜多院で数多くの重要文化財が残されています。喜多院の脇を歩いていると喜多院の隣、葵庭園がある。蔵通りの中にも若者に人気のスポットがあり若者向けの雑貨店が開店されている。築200年といわれる蔵では手作りのガラス製品が並ぶ。若者たちにガラス作りを知ってもらおうとガラス制作の体験も行っている。完成品は1週間ほどで郵送もしていただけるようです。古い街ならではの「わびさび」を感じながら作品つくりをしているのだとガラス工房の職人は言う。

2017年8月24日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
ポテトサラダが消費者の手に渡るまでの流れをパネルで説明。加工工場→店→消費者というルートをたどる。群馬県高崎市の加工工場「光食品」では、A社から芽を取り皮をはいだジャガイモとニンジンを仕入れ工場で加熱。B社からはキュウリ・玉ネギ・キャベツをカット・殺菌された状態で仕入れる。光食品では食材を調理しポテトサラダを製造する。ポテトサラダを2キロずつ袋詰にしたものを1日約300キロを冷蔵車で搬出する。搬出されたポテトサラダは一旦本社に渡り、埼玉・群馬・栃木の34店に搬入される。

2017年8月24日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!小倉が斬るニュース
夏の甲子園で花咲徳栄が埼玉県勢初優勝を飾った。決勝のvs広陵では5回に大量リードした花咲徳治がそのままリードを守って勝利。ホームラン記録を更新中の中村は19安打という大会記録に並ぶ。中村は今後、プロでこの悔しさをバネに頑張っていきたいと話していて、巨人は1位指名するのではないかと報じられている。

2017年8月24日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
先月、埼玉県庁職員が結成した「日傘男子広め隊」。埼玉県内では去年熱中症で搬送された人の7割が男性だったという。職員自ら通勤時に日傘を使用し、熱中症予防に男性も日傘を使ってもらうことを目的としている。雨のためほとんど日傘活動ができず困っていたという。

2017年8月24日放送 6:20 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本おはスポ
夏の全国高校野球の決勝を花咲徳栄が制し、初優勝を飾った。1回戦から6試合をすべて2ケタ安打の強力打線で勝ち上がり頂点に立った。花咲徳栄は1回に3番の西川愛也選手がタイムリーヒットを放ち2点を先制すると、広陵はそのウラに大会のホームラン記録を更新した中村奨成選手が2ベースヒットでチャンスを作るが後が続かず得点を奪えない。一方の花咲徳栄は5回に打者10人で6点を奪って突き放し、そして春夏通じて初となる優勝を飾った。千丸剛主将は「すばらしいチームメイトを持てて、全員で優勝という二文字をつかみとれたことは非常にうれしい」と話し、中村奨成選手は「甲子園まで最高の仲間と来られたことはありがたいこと。最高の場所だった」と話していた。今大会は記録でも大会最多の68本塁打に加えて、個人でも広陵の中村奨成選手が6本塁打を放ち、28打数19安打17打点で打点も記録更新更新で、安打数も記録タイとなった。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.