[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「西武」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 1:05 - 1:35 フジテレビ
村上信五とスポーツの神様たち (村上信五とスポーツの神様たち)

「スポーツお祓いスペシャル」にサッカー界代表として浦和レッドダイヤモンズの槙野智章、野球界を代表して北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士が登場、プレゼンターとして岡田圭右らに加え、お祓い役に坊さんであり芸人の石田芳道が出演。
「スポーツお祓いスペシャル」1つ目にヒデが「大失敗に終わったレフェリーとの駆け引き」と題して2016年6月18日に行われたFC東京VSアルビレックス新潟で秋元陽太がレフェリーに抗議している最中にゲームが再スタートし得点されたシーンを紹介した。一方で野球界ではピッチャーの肩を作るために時間を稼ぐ駆け引きがあるなどと杉谷が語った。
「スポーツお祓いスペシャル」2つ目に藤田が「泡となって消えたスタートダッシュ」と題して本来HR打者ではない鈴木大地が一時期ホームランラッシュでホームラン王の座についたがために昨シーズンは冴えない成績で追えてしまったなどと紹介した。また杉谷は自身が戦線離脱した際にチームメイトたちが励ましのメッセージを送ってくれた中で大谷翔平が怪我した打球の練習をしてくるようにとメッセージしてきたがギャグであったなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」3つ目に黒田が「カップに嫌われ続けた惨劇」と題してアーニー・エルスがマスターズ・トーナメントにおいてあるホールにて3打目でピンそば60cmまで寄せるも5度もカップに嫌われ、翌日にも同じ状況となったなどと紹介した。また杉谷は糸井嘉男が投手としてチーム移籍したがファーボールを連発している時にコーチに投げ方を忘れたと告白したなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」4つ目に岡田が「前代未聞の負の連鎖」と題してオリックスVS西武でモレルの悪送球から様々な選手がミスを連発したなどと紹介した。また杉谷は大谷が投げるときには試合が緊迫する傾向にあり打球が来ないことを祈っているなどと語った。

URL: http://www.seibulions.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月22日放送 7:30 - 9:55 日本テレビシューイチスポイチ
月曜日の野球殿堂入り・記者会見では新たに星野仙一・平松政次・伊東勤ら5人が殿堂入り。星野仙一は監督として中日・阪神・楽天をリーグ優勝に導く。代名詞のカミソリシュートで知られる平松政次は大洋ホエールズ時代に通算201勝を記録。伊東勤は西武の正捕手として日本一を8度経験。保守最多11回のゴールデングラブ賞受賞。

2017年1月19日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(スポーツニュース)
西武の全体会議が行われ、ドラフト1位の今井達也がA班に帯同させることを内定。菊池雄星以来7年ぶりとなる高卒新人のA班帯同に辻発彦監督も「もちろん期待は大きいですよ、お願いしてOKいただいた。しっかりとした体ができて全力で放ったときにどれくらいの球が来るのかなという楽しみはあります」とコメントした。

2017年1月19日放送 23:00 - 0:10 TBSNEWS23(スポーツニュース)
西武ライオンズ・秋山翔吾はシーズン最多安打のプロ野球記録を更新。昨シーズンはエラーも無く、2年連続3度目のゴールデングラブ賞に輝いた。秋山選手は「侍ジャパンもライオンズも一番上を目指してやる」とコメント。同学年には斎藤佑樹・田中将大などがいる。「劣等感とまではいかないですけど、特に同学年に対しては一緒にやる以上は負けたくない思いはずっとある」と話した。秋山選手はひとり親を支援するプロジェクトに参加しており「僕自身も母子家庭で母親にすごく助けてもらってここまで来られた。少しでも同じ境遇の子たちに球場に来てもらって楽しい時間を過ごして欲しい」とコメントした。

2017年1月17日放送 6:30 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(おはスポ)
野球界の発展に大きな功績を残した人をたたえる「野球殿堂」に新たに5人が選ばれた。競技者表彰は3人で、そのうち「プレーヤー表彰」には西武で22年間プレーし8回の日本一に貢献した現ロッテ監督の伊東勤さん、「エキスパート表彰」には現役通算146勝を挙げ監督としても3球団でリーグ優勝、楽天では宿敵巨人を破って球団も自身も初の日本一に輝いた星野仙一さん、元大洋のエースで代名詞の”カミソリシュート”で現役通算201勝、巨人から歴代2位となる51勝を奪ったことでも知られる平松政次さんが選ばれた。また特別表彰には、松山商業と青森の三沢高校が戦い延長18回引き分け3試合の名勝負なった昭和44年の夏の甲子園で球審を務めた故・郷司裕さん、東京六大学野球で規則委員などをつとめ、プロとアマチュアのルールブック統一に携わった故・鈴木美嶺さんが選ばれた。表彰式には郷司さんの次男・郷司信之さんも登壇し、「審判員として50年以上高校、大学、社会人、アマチュア野球一筋でやっていた。天国で非常に喜び感謝していると思います」と語った。

2017年1月17日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング見出しまとめ
今年の野球殿堂が発表され、伊東勤・星野仙一・平松政次が殿堂入りを果たした。伊東勤は川上哲治と高校時代の先輩後輩で、2004年西武の監督に就任した時、川上哲治から2通の手紙が届いた。手紙はいまだに家宝として大切に保管している。(サンケイスポーツ)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.