[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「大和証券」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 6:15 TBS
上田晋也のサタデージャーナル (第7号 狙いは?背景は? 急速に進む「働き方改革」)

長時間労働が社会問題化する中、政府が急速に進める働き方革命。それを先取る形で注目されているのが、大和証券。サタデージャーナルは、大和証券グループの中田誠司社長を訪ねた。中田誠司社長は「とにかく何があってもいいから午後7時前に(仕事を)終わるようにしろと、何で7時前に帰ることが重要なのかというのをきちっと説明して、最後は強制力」と語る。午後6時過ぎに東京・千代田区の大和証券日比谷支店を除くと、次々とオフィスを後にしていく。午後6時48分には全員退社した。19時前の退社の狙いについて、中田社長は「ビジネスマンとして社会人として1日の時間を自分でマネージ(管理)出来ることが最も重要」だと語る。10年前に導入されたこの制度はすっかり会社に浸透したという。「もう一つ副次的な効果としては、空く時間が出来てくると人間考えるわけで、時間がもったいないということで、何が起きたかと言うと勉強」だと話し、結果的に好循環を産んでいるという。先月発表された就職人気ランキング(文化放送キャリアパートナーズ調べ)で、大和証券グループは1位に輝いた。

URL: http://www.daiwa.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月12日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
スタジオで年金受給について話が展開。一見聞こえはいいが、人生何があるかわからないと話された。2013年から65歳までの希望者全員の雇用を事業主に義務付けた。自民党は完全現役社会として65歳まで給料も役職もそのままを提言した。飯村氏は平均寿命が伸びたのが原因。ライフプランを設計していくことが大事だと話した。伊藤氏は戦後から、劇的に人口が増えるタイミングで作られた制度。人口が増えていく見込みで作られたもので穴があったと指摘した。飯村氏は女性は65歳から貰った方がなど、目安の年齢があると話した。スタジオでは自分がどこまで生きるかはわからないと話した。
夫婦の場合は妻の年金は繰り下げでもらう方が良いといい、時差でもらうことでトータルが増えると話した。一度決めるともう変えられない。三遊亭は賭けですねとコメントした。ホンダなどの企業は定年を延長。大和証券は定年延長上限を撤廃した。財務関係は20~30代より年配の方が信頼を得られると話した。飯村氏は65歳まで完全現役にすると企業も倒産リスクがあるという。
貯金について老後に年金だけで生活する場合には家賃なしの場合約2700万円。60歳定年で家賃あり(月5万)の場合は約4200万円必要だという。70歳定年で家賃なしは約900万円、70歳定年で家賃ありの場合は約1800万円必要。永濱氏は最終的に貯蓄がある人には年金を払わないようにするという議案も考えているという。

2017年5月10日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(オープニング)
出演者らの挨拶のあと、今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターはJPモルガン・チェース銀行の佐々木融さんと、大和証券の壁谷洋和さん。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.