[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「大相撲春場所」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざスポ

大相撲春場所9日目、初日から8連勝中の横綱の稀勢の里は琴奨菊と対戦。立ち会い琴奨菊に土俵際まで追い詰められるものの、最後は突き落としで白星を挙げた。高安も全勝を守っている。

URL: http://www.sumo.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月28日放送 3:45 - 4:10 NHK総合大相撲 幕内の全取組夏場所 十四日目
東【十両三】臥牙丸(8勝6敗)。西【前頭十四】千代大龍(8勝6敗)。千代大龍の突き落とし。
東【前頭十一】荒鷲(6勝8敗)。西【前頭十四】阿武咲(10勝4敗)。阿武咲の寄り切り。
東【前頭九】逸ノ城(8勝6敗)。西【前頭十三】大翔丸(8勝6敗)。逸ノ城の寄り切り。
東【前頭十二】徳勝龍(8勝6敗)。西【前頭九】輝(8勝6敗)。徳勝龍の押し出し。
東【前頭八】松鳳山(6勝8敗)。西【前頭十五】魁聖(7勝7敗)。松鳳山の寄り切り。
東【前頭十六】豊山(3勝11敗)。西【前頭八】蒼国来(4勝10敗)。豊山の寄り切り。
東【前頭十】宇良(10勝4敗)。西【前頭七】貴景勝(10勝4敗)。貴景勝の押し倒し。
東【前頭六】豪風(4勝10敗)。西【前頭十五】妙義龍(4勝10敗)。妙義龍の押し出し。
東【前頭十一】石浦(7勝7敗)。西【前頭四】宝富士(3勝11敗)。石浦の下手投げ。
東【前頭十二】琴勇輝(5勝9敗)。西【前頭三】碧山(4勝10敗)。碧山の送り倒し。
十両の取り組み結果を紹介。
東【前頭十三】豊響(4勝10敗)。西【前頭二】千代翔馬(5勝9敗)。千代翔馬の小手投げ。
東【前頭一】千代の国(2勝12敗)。西【前頭二】隠岐の海(2勝12敗)。隠岐の海の寄り切り。
東【前頭七】北勝富士(9勝5敗)。西【前頭一】遠藤(5勝9敗)。北勝富士の寄り切り。
東【小結】御嶽海(8勝6敗)。西【前頭六】勢(9勝5敗)。御嶽海の押し出し。
東【前頭四】栃煌山(5勝9敗)。西【小結】嘉風(8勝6敗)。嘉風の寄り切り。
東【関脇】玉鷲(9勝5敗)。西【前頭十】栃ノ心(11勝3敗)。栃ノ心のはたき込み。
東【関脇】琴奨菊(6勝8敗)。西【前頭三】大栄翔(3勝11敗)。琴奨菊の寄り切り。
東【前頭五】正代(9勝5敗)。西【関脇】高安(11勝3敗)。正代の寄り倒し。
東【大関】照ノ富士(11勝3敗)。西【横綱】白鵬(14勝0敗)。白鵬の寄り切り。
東【横綱】日馬富士(11勝3敗)。西【大関】豪栄道(9勝5敗)。豪栄道のはたき込み。
優勝を決めた白鵬のインタビュー。白鵬は「けがの痛みは自分しかわからないから、リハビリから体づくりからようやくっていう感じです。」と喜びを語った。

2017年5月27日放送 16:00 - 18:02 NHK総合大相撲大相撲 夏場所 十四日目(中継)
優勝を決めた白鵬は「嬉しいですね」「改めて自分と見つめ合ったというか、土俵に感謝してました」「けがの痛みは自分しかわからないから、リハビリから体づくりからようやくっていう感じですけどね」「春場所休んだ分、暴れてやるって気持ちで臨みました」などと話した。

2017年5月26日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本おはスポ
大相撲夏場所12日目、今場所で10勝すれば大関昇進の目安となる3場所で33勝に到達する高安。宝富士との対戦に勝利し、昇進の目安をクリアしたことについて「残り3日がすごく大事になってくる。気を引き締めてやります」などと話した。高安は今年初場所で11勝、春場所で12勝を決めている。

2017年5月26日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!みんなのスポーツ
髙安についてスタジオトーク。髙安が大関昇進目安である3場所33勝に到達した。しかし、把瑠都のように3場所33勝しても大関昇進を見送られる例もあるとのこと。

2017年5月25日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
稀勢の里が休場をきのう発表した。ファンの方から、落胆の声とともに、気遣う声が多く聞かれた。横浜市から訪れた長浜さんは「残念だけど、日本の宝だから無理はしてほしくない」と話した。埼玉県の林さんは会場入りしてから休場を知り、驚いたという。「10日目の負け方を見て嫌な予感はした。やっとチケット撮ったし帰るわけにもいかない」と肩を落とした。稀勢の里のダメージは限界で、琴奨菊に負けて4敗目喫した10日目の夜、稀勢の里自ら「中日くらいから力が入らない。相撲にならない。休場させてください。すいません」と願い出た。 春巡業は全休して治療に専念し、関取と相撲を取り始めたのは初日8日前。急ピッチで調整し、場所に入っても取組後は真っ先に治療に向かった。夕食はその後に回したという。できるかぎり手は尽くしてきたが力は戻らず、11日目に提出した診断書は前回と同じ「左大胸筋と左上腕ニ頭筋の損傷で約1ヶ月の通勤加療を要する」。日本医科大学・田代先生は意見を交換をし、「稀勢の里の例はかわいそうだと教授間で話してたそうで、けがの完治という意味ではこの期間で治るの大変で医者として勇気がいる。大きい損傷して、大きな圧力がかかっている。完治させるなら最低1ヶ月静かにさせなければいけない。年齢が若ければギリギリどうにかなったが、20代すぎたら難しい」など話していたという。武蔵川親方からは「休場を決めるのが遅かった。横綱として出る責任も十分にわかるが、出た以上は相撲を取らないといけないし10日目の連敗は客に見せる相撲ではなかった。無理するより完全になおしていかないと人生が終わるよ」と話していたという。(東京中日スポーツ/デイリースポーツ/日刊スポーツ/スポーツ報知)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.