[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「大矢元市場長」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 8:00 - 10:25 日本テレビ
スッキリ!! (ニュース)

きのう行われた百条委員会の石原元知事の発言を振り返った。大矢元市場長は築地再整備含め複数案を提示していたとしている。石原氏は青島都知事の引き継ぎ事項の中に豊洲地域に移転するという文言があったと証言。青山さんは食い違いということではなく受け取り方の違い。大矢さんの説明に石原さんは既定路線と受け取ったに過ぎないという。ウエンツさんは「築地を早く移転しなければというのもあったと思う。その選択肢を取るのは普通かなと思う」などとコメントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月21日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
石原氏は豊洲市場問題における百条委員会で覚えていないという言葉を連発し、細かい部分は部下に一任していたということを強調していた。交渉のキーマンとされる浜渦元副知事も同じく、覚えていないという言葉に終始した。浜渦氏は確認書について全く知らなかったと主張し、さらに東京都の職員が隠していたと糾弾。しかし、当時部下だった中央卸売市場長は私が赴任する段階で既定路線であったと証言した。

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
豊洲移転問題を調査する百条委員会で石原元都知事の証人喚問が行われたが、新たな事実は出てこなかった。石原元都知事の後ろには医師がスタンバイする形で百条委員会はスタートした。石原元都知事は冒頭で脳梗塞の後遺症で記憶が思い出せないことがあると語り、豊洲移転については前任者からの既定路線だったと語った。また土壌汚染については、部下や専門家の意見に従ったと語っており、巨額な汚染対策費の負担について、契約内容については「覚えてない」と語っている。傍聴した人は今回の百条委員会について「どうどう巡りな話だった」と語っている。小池都知事は百条委員会に石原元都知事が出席したことについて「前回の記者会見の時とあまり出てなかったと思う」と語った。

2017年3月20日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(ニュース)
豊洲移転問題をめぐり、百条委員会で石原元知事の証人喚問が行われた。石原元知事は「2年ほど前に脳梗塞で、字を全て忘れ記憶を思い起こすこともできないこともある」とした。石原氏は冒頭で、豊洲移転を決断した責任は認めたが、移転は既定路線だったと強調。自民党の来代都議は「決裁したのは元知事自身ですか?」と質問、石原氏はその責任は認めるが大きな流れとして逆らえるものではないとした。11日の百条委員会で、当時の大矢元中央卸売市場長は「いくつか候補地を挙げて、最終的に了解された」と主張。

2017年3月20日放送 23:00 - 23:59 日本テレビNEWS ZERO(ニュース)
豊洲問題についての百条委員会の証人喚問に石原元都知事が出席。石原元都知事は「(築地市長は)都民が食べる生鮮食品を扱うに最も不適当な施設だと思っております。小池さんが速やかに決断をして豊洲市場に移転すべきだと思いますし、知事が1人の判断で移転を勝手に決めてしまう。非常に不可解でありますし、これはやっぱり彼女の不作為の責任が問われるべきだと思います」と小池知事への批判を行った。今日の証人喚問の前には日本軍が迫る戦いへの意気込みを表した電文を引用し、意気込みを語った。「土壌汚染がある中でなぜ豊洲移転を決定したか?」について石原元都知事は「既定路線だった」と主張していたが、大矢實市場長は「違うんじゃないか」と述べた。石原元都知事は改めて既定路線だっと強調した。
浜渦元副知事と東京ガスの交渉内容について野上純子都議から質問を受けた石原元都知事は「彼に一任したことですから彼の報告をいちいち詳細に受けておりません」と答えた。「瑕疵担保責任の放棄」については「東日本大震災で混乱しておりまして、いろんな相談があったもんですから、担当の方からそういう報告を受けた記憶はございません」と語った。しかし当時の市場長は説明したと証言。曽根肇都議からの追及に石原元都知事は「だから何なんですか?」と答えた。
今年1月の調査では基準値の最大79倍のベンゼンを検出。過去8回の結果に比べ、数値が急激に悪化したため、専門家会議は再調査を決定し1月の結果は暫定値扱いとした。再調査では最高で基準の100倍を越えた。測定値が悪化した理由は地下水管理システムの稼働と一部の土壌に残っていた汚染された水が動き、数値が上昇した可能性をあげた。専門家会議の平田健正座長は「地上についてはデータと実際に測定した値がございますのでそれはここと変わらない。私達ができるのはサイエンスとして見たときに安全なのかどうかというところ」と説明した。
石原元都知事は「地下水というのはあの時点では重要な案件ではなかったような気がするんです。地下水にいろんな問題があるかもしれませんけど、そんなもの今の技術をもってろ過してポンプアウトしたらいいんじゃないですか。魚を洗ったり使うわけではないですから」と語り、小池知事は豊洲への移転を行うべきと主張した。小池知事は「ご高齢の中、都議会の要請に応えられたことにまずは経緯を表したい。新たに石原さんが上げられた基準をどうやってクリアするのかということでいろいろな検証も行ってきた。これまでの検証も含めて総合的な判断、これが求められるんだと思っています」と語った。

2017年3月20日放送 23:00 - 0:25 TBSNEWS23(ニュース)
石原慎太郎元知事の都議会・百条委員会の証人喚問が行われた。石原氏の体調不良を理由に当初3時間の予定が1時間に短縮され、座ったままでの答弁を認めるなど異例の対応となった。都議会自民党 来代勝彦都議は質疑の冒頭に感謝の言葉を述べ、豊洲移転を決めた経緯について質問。豊洲移転を最終的に了承した自らの責任を認めた石原氏、小池知事への批判を展開した。続いて質問にたったのは都議会公明党、浜渦元副知事について東京ガスとの交渉内容について、一任し任せたので詳細は受けていないと話した。
昨日、証人喚問に出席した浜渦武生元副知事、豊洲の土壌汚染処理は東京ガスが行うことになっていたと改めて主張した。浜渦氏がまとめた基本合意の直後に東京ガスの土壌汚染対策の範囲を限定する確認書が交わされていた事について、浜渦氏は全く知らないと答えた。
豊洲移転の経緯について、当時の市場長と石原氏の間で食い違いがある。石原氏が知事に就任した時の大矢実元市場長は最終的に石原氏が豊洲移転を決断したと証言。これに対し石原氏は、豊洲移転は既定路線だったと主張。さらに売買時の交渉をどこまで把握していたのかについては、瑕疵責任に留保について初めて知ったのは昨年だったと話し、いっぽう、当時の市場長だった岡田至氏は、はっきりとした記憶がないとしながらも、説明しただろうと思うと証言している。土壌汚染対策の負担の取り決めについて記憶にないと石原氏は繰り返した。
築地で働く人は今日の証人喚問について、記憶にないは本当かもしれないが、責任は記憶と一緒に消えることは無い、質問するようも突っ込んでもらいたい、知りたいことはわからなかったと話した。小池知事は責任の所在や瑕疵担保責任については、前回の記者会見の時とあまり変わらない、都民も判断するからこそ、情報を提供しなければならないと思うと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.