[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「大英博物館」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

中川俊直議員が自民党を離党することが決まった。今回の不祥事は今月18日にFacebookで経済産業政務官の辞任を公表。その翌日の週刊誌では中川氏と妻ではないウェディングドレスを着た女性の写真が掲載。「重婚疑惑」「ストーカー疑惑」など報じるも中川氏はきのうFacebookで疑惑を否定。きょう代理人を通じて自民党執行部に離党届を提出。中川氏は祖父・父も政治家で、父は元官房長官の中川秀直氏。趣味は走ることと富士登山。元々はテレビ東京政治部記者だったが衆院議員秘書を経て12年12月に広島4区から初当選。現在は2回生。ただこの2回生は不祥事が多く、中川郁子議員と門博文議員は不倫・路上キス報道、大西英男議員は報道圧力発言や女性軽視発言などの不祥事がみられた。
不祥事のけじめについて、未公開株の購入を持ち掛け金銭トラブルで週刊誌に掲載の武藤貴也議員は週刊誌発売当日に自民党を離党。一週間後の会見では辞職につながる法的な問題はない。現時点で議員辞職は考えていないとしており、武藤氏は現在も無所属の衆院議員。宮崎謙介議員は妻の出産6日前に不倫し週刊誌に掲載。週刊誌発売3日後の会見では「妻からけじめをつけてこいと言われた。不適切な行為によりご迷惑をおかけしてお詫び申し上げます」など述べ、一週間後に議員辞職。その後の補選では自民党候補者がたてず民進党候補の圧勝に。務台俊介議員は台風被害の被災地を視察も長靴を持参せずおんぶされるということがあった。9日後の取材で大変申し訳なく猛省しているとしていたが、今年3月の政治資金パーティーで務台議員はたぶん長靴業界はもうかったんじゃないのと発言。パーティー翌日に政務官の辞表を提出。2回生の不祥事の多さについて岸井成格は「ここの所大臣のスキャンダル・暴言が相次いでいる。安倍一強と言われる自民党のもとでみんな驕りと緩みたるみが起きている」など述べた。また、問題発言・不祥事が辞任に繋がらなかった議員について紹介。今村復興相は自主避難者について自己責任と発言し3日後に発言を撤回し謝罪。山本地方創生担当相は講演で一番のがんは学芸員などと発言し、翌日に発言撤回し謝罪した。さらに山本大臣はきょう同じ講演内で大英博物館も学芸員をクビにしたとの発言を記憶違いとして訂正。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月24日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビもの知りじゃんけん
「エッフェル塔の設計者が制作に関わったのは?」。グー(青ボタン):大英博物館、チョキ(赤ボタン):東京タワー、パー(緑ボタン):米・自由の女神。28分ごろからの選択画面で選ぶ。

2017年4月23日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
英中部にある大学に寄贈された古いピアノについて、去年暮れに調律師が鍵盤をはずしたところ
金貨が大量に入った布の包み・革の巾着袋が見つかる。金貨は913枚(重さ6キロ以上)。一部メディアでは価値は4200万円~5600万円を推定。金貨を調べた大英博物館によると、金貨は100年以上前につくられたもので誰が何のために隠したのか分からず。持ち主だと名乗り出た人は50人にのぼり、金貨をめぐるミステリーの解明に注目が集まる。

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース超ケイゾク
ロンドンでは週末に産業と教育関連の施設の調査だが、土曜日のロンドンはどこも休みのはず。午前9時、バスにスーツケースを詰め込んで出発。バスから降りたのは5人と添乗員。向かった先はバッキンガム宮殿。ここで議員たちは写真撮影。バッキンガム宮殿の名物は衛兵交代式、しかし視察団とは時間が合わなかったようだった。産業関連の視察が目的だった視察団が次に向かったのはウェストミンスター寺院。ここでも記念撮影。さらに大英博物館、ここでも記念撮影。一行は11時25分にさきほどのバッキンガム宮殿に戻り衛兵交代式を見ていた。

2017年4月21日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
山本幸三地方創生相は自身の講演で「大英博物館はロンドン五輪後に大改造したが、一番反対したのは学芸員で全部クビにして入れ替えた」などと発言したことを訂正した。実際は大英博物館の改装はロンドン五輪前であり、博物館が学芸員を解雇した事実はなかった。

2017年4月17日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
山本地方創生相について説明。初入閣した山本氏は、ホームページで”構造改革を止めるな、幸三改造を進めます”。金融緩和が持論で「アベノミクスの仕掛け人」を自負している。観光に対する対応について「一番のがんは学芸員・この連中を一掃すべき」と発言。鈴木デスクはこの発言に対して「悪い象徴として「がん」を持ち出すのは、患者への配慮に欠ける二重の意味で不適切」とコメントした。 言いたかった内容はロンドン五輪・観光客のため大英博物館の中の壁を取り払う話題で、一番抵抗したのが学芸員。そのときは観光マインドがなく、全員クビした話をしたことについてだったとされる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.